臨沂市(中国)の木材市場の現況(2019)

臨沂市は山東省の東南部に位置し、その名称の由来は沂水という河川に臨んだエリアに存在することから名付けられた経緯があります。地域の特徴としては豊かな森林が広がる地域が存在し、良質な木材を供給する役割も担っています。
もっとも木材の供給地であるのと同時に、1980年代より木材産業の企業が集積している特徴も見られ、特に建物建設に欠かすことができない合板を中心にした木質ボード製品を加工する企業が集まっています。近年の2011年においては「中国板材の都」とも呼ばれており、木材市場でも重要な役割を持つ地域になります。
製品のメインターゲットは、中国国内市場向けで中国の多くの地域でインフラ整備が進み、その需要が増加していることもあり、それに貢献する規模を誇ります。一方では2009年の世界金融恐慌の影響もありましたが、中国のインフラ需要は盛んでもあり、その影響をほとんど受けることがなかった特徴があります。
臨沂市の木材市場の2019の現況には、コンクリート型枠合板の製造が盛んで国内の建設ラッシュの影響を受ける形で発展している都市です。コンクリート型枠合板を必要とする場所は、高層ビル・商業ビルなどの大型ビルの建設には必須であり、それを供給できる産地が臨沂市の近年の現況で、2019年度もその流れは継続されていきます。
臨沂市内でコンクリート型枠合板の生産量は中国総生産の3分の1以上を占めていることもあり、重要な都市となります。その合板の主な木材はポプラであり、ポプラ人工林を市内の森林地帯で見ることが可能です。
臨沂市内で、木材産業が発展した経緯には、間便で低コストで実施できる製造工程糧に支えられている点があります。市内は農業地帯が広がり農業の生産が一段落したところで、その労働力を活用したり、家族で行うことができる零細企業でも盛んに生産が行われた地域です。
中国の木材市場でもコンクリート型枠合板の製造で重要な拠点であり、今後もその流れ自体は継続する可能性はあります。