襄陽市(中国)の木材市場の現況(2019)

襄陽市は中国の内陸部に位置する地域であり周辺が山岳地域で覆われていることから林業も盛んに行われています。しかし最近では木材市場よりもハイテク機器関係の産業が中心になっているのが現況です。いずれは木材市場は生産よりも消費の方が増えていく可能性が高いです。そのため、東南アジアや日本から木材を輸入する可能性が高まっていくでしょう。襄陽市は内陸部なので輸送の際にコストが掛かってしまう難点があります。そのため低コストで木材を手に入れるために襄陽市内部の林業は一定数を維持して縮小していく可能性が高いです。現在では富裕層は少ないですが、南京や重慶市から近いので移住する可能性もあります。そのため高価な木材や木造製品も需要が高くなる可能性があるのです。このまま電子機器関係の産業の規模が拡大していくと都市開発が進み、人口が増加していくでしょう。ただし現在の中国ではアメリカからの貿易摩擦問題によって経済の停滞を強いられている点から、必ずこのまま都市開発が進むとは限りません。オフィスは続々と建築されているので、建築資材としての木材の需要は高まりますが、富裕層は依然として少ないままなので高級なカヤや桑などと言った木材製品は売れ行きがあまり良くありません。しかし付近に南京と重慶市があるので、襄陽市に住んでいる方は中国北東部に比べると多いです。林業の従事者は少なくなりつつありますが、全くいないわけではないので林業のビジネスを行うことも可能です。以上のことから襄陽市では山岳地域で覆われており、林業によるビジネスも可能ですが最近は都市開発と電子産業が中心になってきていることから消費が生産を上回っています。東南アジアや日本からの輸入によって利益を手に入れることも可能になるので、市場を広げていくと良いでしょう。ただし、中国全体の景気にも影響する可能性が高いので、居住者の需要を見計らって販売を行うことが重要です。