大同市(中国)の木材市場の現況(2019)

大同市は中国の首都である北京の近くにある地域であります。大同市は黄土高原と呼ばれるエリアの中に位置しますが、この黄土高原は黄河の流域周辺にあり、日本の国土の1.4倍程度の広さ、日本がすっぽり入ってしまうほどの広大な高原とされています。以前は森林があったものの、段々と失われつつあり、雨が降ってもそのまま黄河に流れ込むような状況を生んでおり、森林の少なさを物語っている状況です。それが負のスパイラルのようにどんどん悪化の一途をたどっていき、結果的に森林が消えていくような状況を生んでいるので近年は対策がとられています。

 

木材市場も大同市の環境がそんな状況なので、現況は非常に厳しいのが実情です。一方でNPO法人などがこの地域に植林を行うなど現在進行形で森林の回復がなされている状況にあります。水を蓄えるための意味合いもありますが、将来的にはこれを木材加工などに使えるような形にしています。こうすることで大同市に住む中国人も植林や森林の整備に対してやる気を見せてくれます。結果的に村の収入が上がり、教育にお金を回せるようになった農家も増えるなど、緑地化の動きは強まっており、負のスパイラルからは脱しつつあるのが実情です。

 

中国北部では基本的に植物種が少ないエリアとなっており、木材もなかなか育たないのが普通です。しかし、大同市はNPO法人の活動もあってそれなりに成長を見せていて、順調に森林の面積も増えつつあります。今後木材市場が活況を呈する可能性も十分に考えられます。現況は非常に厳しいですが、数十年後にはかなりの森林地帯となり、木材加工品などが出回る可能性も高いです。そうなれば木材市場はかなり盛り上がることになり、1つの産業に発展する可能性はあります。

 

様々なエリアにおいて森林が全くないようなところがあり、たいていはうまく進んでいません。大同市はそことは一線を画するように成長を見せており、木材市場が育つことが考えられます。