銀川市(中国)の木材市場の現況(2019)

銀川市は中国の中央に位置している内陸部の都市です。観光地化がされており、日本人だけでなくロシア人やモンゴル人の観光客も存在します。内陸の地域なので日本から木材の輸出はかなり難しいです。輸送にコストが掛かってしまうので、結果的に販売単価が上昇してしまいます。ブランド化によって銀川市の木材市場を展開していく方法が一番有効であると言えるでしょう。しかし現況では都市部を中心に富裕層が存在していますが、北京市ほど多いわけではなく人口も限られているので販売が失敗してしまう可能性が高いです。しかし同じ内陸のモンゴルやロシアからなどであれば輸出入が可能です。特にモンゴルからはかなり近い場所にあるので、木材の輸出入は非常に簡単です。更に銀川市は土地が広いわけではないので現地に加工工場を設置することは難しいです。モンゴルやロシアなどに木材の加工工場を設置して銀川市に輸出していく方法が有効でしょう。銀川市では工業だけでなく林業が盛んに行われています。山岳地域の周辺では定期的に木材の採取が行われており、それらの木材を工業に利用する傾向にあります。モンゴルに輸出することもありますが、生産量が少ないのでそれほど多くありません。銀川市の気温は年間を通して寒冷な傾向にあり、日本から木材を使用した製品を販売するのであれば、暖房器具や温暖な家具を提供していくと一定の売上を確保可能です。富裕層は少ないので、コストパフォーマンスに優れた製品を中心に展開していきましょう。ブランド化された木材であるヒノキやカヤなどは簡単には売れないので、販売する際には注意したほうが良いです。現在は観光地化によって経済は成り立っていますが、今後は過疎化が進行していく可能性が高いです。そのため木材市場も徐々に縮小していく可能性が高くなります。ただし気温が寒冷なのでその環境に適した木材製品を販売していくことによって一定の収益を手に入れることは可能です。