吉林市(中国)の木材市場の現況(2019)

吉林市は北朝鮮の北部に位置している中国の都市であり、冬は非常に寒い傾向にあります。地下鉄や路面電車などが整備されておらず、北京などとは違って都市開発が遅れています。中国人だけでなく北朝鮮の国民も移住者として生活している傾向にあり、かつては木材市場は北朝鮮からの輸入によって成り立っていました。現況としては吉林市の付近にある山岳地帯から木材を生産して、都市部に輸送したり国外に輸出したりしています。中国人の人件費は比較的安価なので吉林市から輸出される木材は安価になっています。建築資材としての木材も供給量が非常に多いので木材をそのまま輸出して販売しても関税で高くなるので売れません。そのため吉林市に木材を販売するのではなく、木造製品を販売していくことが良いでしょう。特に日本の木造家具などは一定の需要があり、中古品であっても高く買い取ってくれます。ただし吉林市には富裕層は少ないので、高すぎるカヤやヒノキなどは販売しても売れないことが多いです。そのためスギやブナなどの安価な素材で作られた木造製品を販売していきましょう。低所得者層が多く、輸入品を購入できる人は限られていますがそれでも需要はあります。ただし、北朝鮮の近くなので日本人のビジネスにはあまり向いていないことが多いです。ロシアやモンゴル人などもビジネスを展開しているので、かなり厳しい木材市場になることが予想されます。以上のことから木材を吉林市で販売する際には素材ではなく、既成品を販売するように心がけることで収益を得ましょう。更に吉林市周辺の治安はお世辞にも良いとは言えないので、実店舗を展開する際には防犯対策などを徹底したほうが良いです。幸い吉林市は港からは近いので陸路を確保すれば簡単に販売と輸送が可能になります。またこの地域は北海道と気候が似ていて寒さが厳しいので日本の温かい木造家具を提供すると高価なものであっても需要が高い傾向にあります。