焦作市(中国)の木材市場の現況(2019)

焦作市の木材市場の現況としては、相場が上昇傾向にあると言えます。中国は森林覆蓋面積が151億立方メートルで正解有数の規模を誇ります。しかし覆蓋率は20%ほどと低く1人あたりの森林面積も小さいのが特徴です。特に林業が盛んというわけではありません。一方で中国の材木消費量は世界第2位の規模となっています。中国には木材に対する大きな需要が存在しますが、供給量が限定的なため焦作市の木材市場の相場は上昇傾向にあります。
人民日報は中国国内の天然林に大径級の材木資源がほぼ残っていないと伝えています。その一日雨で備蓄や植林も行われていますが資源化には時間がかかります。2015年に中国政府は遼寧省と吉林省、黒竜江省の他に内蒙古自治区における重点国有林の商業伐採を禁止しました。その後の2017年には天然林の伐採が全面禁止となっています。また環境保全を推進するため問題のある多くの材木業者に営業停止や業務改善などの命令を下しました。これら中国政府による措置が原因となって原料が不足し相場が値上がりしています。2017年の中国の輸入量は前年と比べて15.6%も増加しており、合計で1億立方メートルを超えました。材木に対する需要は現在も増え続けています。
中国は長年にわたって経済発展を続けており材木に対する需要も増加中です。その一方で国内における供給量が限定されており焦作市の木材市場の現況は値上がり傾向にあります。中国には13億人を超える人々が暮らしており、経済発展は現在も続いています。焦作市は河南省の北部にある地級市ですが区域内に300万人以上の人口を抱えます。建設業などにおける木材需要の増加は今後も続くと予想されます。日本は森林資源が豊富な国ですが、近年中国への木材の輸出が増加しています。中国は国内の木材だけでは需要を満たすことができない状況にあるため、木材を輸出すれば大きな利益を得られる可能性があります。