桂林市(中国)の木材市場の現況(2019)

桂林市は林立している石灰岩で有名な、中国にあるタワーカルストの都市です。
標高153mという高さにあるこの都市は、美しい湖がある観光地としても知られています。
風景は絵になる幻想的な景色で、観光に訪れてみたいという人が少なくないです。
自然環境が充実していますから、木材市場も気になるところですが、現況は控えめでそれほど影響力はないといえるでしょう。
具体的には、木材が採れるので外部に買い求める必要はあまりなく、逆に経済的には観光地があって輸出もそれほど必要としていない2点です。
つまり、桂林市に木材を売り込むのは難しく、反対に桂林市の木材を買うのもハードルが高いということです。
しかし、日本の高級木材の魅力が伝われば、それがビジネスチャンスに結び付く可能性は十分にあるでしょう。
木材市場を活性化させたり、買ってもらえるように現況を変える必要はあるものの、チャンスそのものは十分に存在しています。
ただ木材市場の現況が正確に分かっていないので、桂林市をビジネスターゲットにするつもりなら、まずは市場調査を始める必要があります。
桂林市に足を運び、木材市場をその目で見て確かめたり、中国の他の土地に出向き桂林市について調べるなどです。
とても骨は折れますが、代わりに得られる現況に関する情報は魅力的ですし、木材市場の姿がより正確に分かるようになるはずです。
日本には、桂林市の木材市場の現況が伝わりにくいので、待っているだけで得られる情報には限りがあります。
それでも、現地に建材を取り扱うお店があることや、繊維板を加工販売する企業が存在することは判明しています。
桂林市から木材や加工品を取り寄せたり、日本の木材を売り込む余地はありますから、そう考えると希望が湧いてきます。
木材市場の現況については、情報不足やまとまったデータがないことによって、正確な判断は困難です。
ただし、少なくとも現地に木材市場があるのは確かで、限られる範囲内で加工や流通が行われていることが分かります。