遵義市(中国)の木材市場の現況(2019)

遵義市は、中華人民共和国の貴州省に属する人口69万人の都市になります。貴州省の北部に位置して雲貴光源と呼ばれる標高1000m程度の起伏に富んだ高原地帯で森林資源も豊富にある地域です。

 

このため亜熱帯である気候も影響して樹木の生長も良く適切な建築資材の国内の供給原での役割を果たしています。少数民族が30%以上を占めており、面積の55%が少数民族の自治区になっているのです。近年これらの民俗が観光資源化しており木材などの資源にも注目されるようになってきています。木材はこの地において、かっては大きな資材で活用されていました。内装に向いている資材が多いのも特徴になっているのです。

 

東南アジアと同じような樹木の種類が似ていることから家具や内装に向いた木材も多いです。黒檀などの貴重な木材も手に入るので木材市場の現況は種類が多い木材を調達できると人気があります。

 

沿岸部の富裕層が旅行に行くことも多くなり、高層住宅の内部を装飾する資材に使われたり、家具で珍重されるようになっています。また遵義市が貴州省の活況をあらわすように存在感を増してきているのです。「一帯一路」をかかげる中国には南部や西部につながる重要都市になります。ビルの高層化が進んでおり地域の中心としての役割が大きくクローズアップされているのです。国内への流通経路で陸運の要として賑わうようになってきました。貴州省が観光化されれば、ますますこの地の民俗品は注目をあびるでしょう。ヨーロッパでも良質の木材を集めているのが中国です。内陸部の気候の良い地域はこれから開発が進むと言われています。

 

国内の森林資源が活用されてこなかった中国で、この地の木材が利用されることは望ましい事です。都市開発に重要な役割を果たす木材がこれからも利用されていくことは中国のマンション事情を考えれば間違いありません。コンクリートの無機質な空間をいかに自然にあふれた環境にするかは良質な木材のおかげであるからです。