蒼南県の木材市場の現況(2019)

蒼南県は中国の浙江省にあって、東シナ海に面している広範囲の地域を指します。
地理的には台湾や日本の沖縄に近く、そこには約120万人の人たちが暮らしています。
面積は沖縄の約半分で、一方の人口は近いですから、人口密度が高いイメージだといえるでしょう。
蒼南県は海が特徴な場所ですし、街は開発が進んでいることから、あまり木材が積極的に生産されたり輸出している印象ではないです。
しかし、陸地には山々があって膨大な木が生えているので、蒼南県から木材市場に流通している木は少なくないと思われます。
正確な現況については不明ですが、少なくとも季節に色付く木々が生育していたり、伐採されて木材市場に流されている可能性が高いです。
また、蒼南県を囲む一帯や他の県との間には山が多いので、その舗装用に木材が使われていたりします。
現地での木材の流通量は分かりませんし、日本に入ってきているかも未知数ですが、現地においては少なからず活用されているのが現況です。
地産地消までは確認できるものの、大きなマーケットという意味では、木材市場の全体を把握するのは難しいです。
ただ、今後木材の需要が高まったり輸出に取り組むとなれば、蒼南県で採れた木が木材市場に出回る確率はアップするでしょう。
それ2019の時点で発生する確率は低いでしょうが、時期が定まらない将来であれば、同県の重要性が高まるものと考えられます。
現時点で分かるのは、蒼南県には木材に適した山や自然環境があって、木材市場に流通させられるだけの木が存在していることです。
現地の木材市場ならば、当然ながら流通していますし、現況を正確に把握しなくてもそれは分かります。
ただし、現況をより詳しく知ろうとすると、現地に足を運び市場調査をする必要が出てきます。
現状においては、日本の木材市場で名前があがるほど、蒼南県の木材は入ってきていないようです。
中国でも、蒼南県の木材市場を把握できているかといえば微妙なので、現況を正確に知る為のハードルは高いと結論付けられます。