開封市(中国)の木材市場の現況(2019)

開封市(中国)は、中国国内でも内陸部に属するところになります。歴史のあるところで様々なお寺などが構えており刊行する場合には寺院もあるのが基本になるでしょう。そんな開封市(中国)の木材に関する状況ですが、基本的には木材市場自体は昔に比べると規模が若干拡大している傾向があるわけです。現況は、中国国内に輸送をしている可能性も高いですがそれだけではなく海外に輸出している傾向が見受けられます。もともと、国力を増やすために輸出よりも輸入に強化を入れている中国ですので、海外に出て行っている可能性は少なくないといえます。
現地でなぜあまり利用されないかといえば、住宅などは木材を利用したものが少ないからです。もともとこの地域は、比較的寒い地域で数が建物自体を木材で立っていることもあるものの基本的に昔ながらのレンガや石造りの住宅が多い傾向にあります。そのため、住宅などに使う木材の数は少ないため伐採したとしてもほとんどがほかの地域や国の外に出て行ってしまう傾向があるといえるでしょう。
今後どのように推移していくかは誰にもわかりませんが、現在の中国の発展状態を見るとある程度は伸びていくあの祠頭打ちになる可能性も否定できません。当然伐採問題なども抱えているため、安易に伐採ばかりをしているわけにもいかないといった問題点も考えられるでしょう。ただ、林業自体が根強く残っているため、林業もそれなりに残っていく可能性も否定できません。
内陸部といっても、本格的に山の多い地域とはまた異なりますので、植林をしながら伐採をしていくためそこまで利益を乗せることができない可能性もあります。最近は、ほかのアジアの国で輸出していることもあり競争自体も厳しくなってきました。輸出する場合に関しては、国内の通貨が下がる必要がありますがそれもなかなか厳しい状況になってきているといっても過言ではないです。このように、これから伸びていくかどうかは明確ではありませんがほとんどの結果は国内の経済によって変わってくるといえます。