チチハル市(中国)の木材市場の現況(2019)

チチハル市は、中国の中でも内陸部の都市で知られていますが、最近は観光地としても人気がある場所の一つになります。このような場所では、様々な産業が発展していますが何も観光産業だけではなく木材に関する産業も盛んにおこなわれているのが現状です。2019年の木材市場を見てみると、現況としては横ばいになっている可能性が高くなるでしょう。もともと、この地方においては、冬は寒くマイナス20度になることも少なくありません。そうすると、木材で最も消費する住宅に関してはレンガ造りの住宅が多い傾向や細菌ならばコンクリート造りの住宅がふえてきています。ビルなどもありますが、木材を使ったビルはあまり見受けられません。もちろん中では木材を使っていることもありますが、ほとんど会館はコンクリートになりますので単純な木材のアパートや一戸建て住宅等とはわけが異なるわけです。そうすると、市内で利用することは困難になりますので中国の沿岸部などに輸送することも考えられるわけです。
ただ、中国は内陸部がかなり森林で占められていますので、ほかの都市なども沿岸部に対して輸送しているためそこまでチチハル市でのシェアが大きいわけではありません。一方輸出はどのようになっているかといえば、ライバルは東南アジアの国々になります。東南アジアの国々は、多少樹木の種類は違うものの輸出する場合にライバルになることは間違いありません。そうすると、元が安くなっている場合に限り輸出は有利になるといえるでしょう。一昔前のように、輸出をするときに中国に優位性がある時代ではなくなってきています。このように考えれば、単純に木材の輸出が伸びるとはいいきれません。ただし、まだまだ木材は一つの産業として認められていますので今後もこの傾向が続くことが考えられます。森林の再生なども考慮に入れると、昔のように伐採するだけで終わりにしているわけではありませんのでそれなりに産業としては縮小せざるを得ない部分もあるでしょう。