錦州市(中国)の木材市場の現況(2019)

錦州市は多く、2015年には300万人を超える勢いになっています。2019年においても人口の増加は順調で、都市部を始めとして住宅の需要が多くなってきているのが大きな特徴です。以前から軍事施設などの要所として知られている錦州市でしたが、各地方を結んでいる交通の要所としての顔を持ち合わせている場所になります。交通網の発達は、物資の輸送にも適していると言うことが可能です。遠方から石油を始め各資源の調達がしやすいため、化学工業や電子機器を始め製薬会社などの工場が次々と建築されていきました。工場などの建物そのものはコンクリートや鉄などを骨組みとして建てられていますが、内装などに関しては木材を原料とした材料を使うことになります。工場だけではなくそこで働く人の住環境を整えるため、住宅などの建築も年々増加しているのも錦州市の現況と言うことが可能です。住宅などには木を使うことが多くなるため、木材市場の現況は好調ということができます。住宅などの建築を始め工場やビルなどにも、木材を原料とした資材が多く使われるのが特徴です。内装などの装飾を始め細かい細工などは中国国内の木材で十分ということができますが、太い柱などについては不足気味になることが少なくありません。錦州市での建築現場でも、太めの木材などは入手しにくくなっているため、国外からの輸入に頼らなければいけないこともあります。森林などが豊富な中国ですが、輸入木材市場は大きき開かれているのも現況と言うことが可能です。錦州市でも低層の建物以外にも、高層のビルディングなどの建築が活況になっています。経済状況が他の国よりも伸びているため、輸入資材を中心とした高級木材の需要が高くなってきました。高層ビルの中にはマンションなども多く建築されているため、木材を利用することが少なくありません。2019年においてもその状況に変化がでると予想はされていないため、引き続き好調になっている現況が続いていく勢いです。