南陽市(中国)の木材市場の現況(2019)

中国の中央部に位置する南陽市は北部と東部、西部の三方は山に囲まれ、南部は広大な盆地になっているのが特徴の土地柄です。日本との時差は1時間遅れの北緯32度5分東経112度に位置しています。市の行政区域内には1市2区10県を管轄し、人口およそ1千万人、面積は26600平方qを有する河南省野中でも最大の都市になっています。古代から文明が栄えていた南陽市は中国の歴史や文化の中心地としても有名で、1986年には国家歴史文化都市に指定されました。世界各地と友好を密接にする南陽市は、現在数十ヵ国との間で文化や経済、技術などの交流を図り100余りの合資企業が工場を建設し操業しています。国際市場を求める南陽市は経済の発展と現代化に力を入れ海外実業家の投資を歓迎し、市の発展や振興、繁栄に力を注いでいることでも知られています。さらに、南陽市の鉱物資源も豊富なことから金や銀、銅に鉄、天然ソーダなどが盛んに生産され、活気に溢れた街になっていることも特徴の一つです。そのような南陽市ですから海外から訪れる観光客や投資かを相手に高級志向のホテルやレストランなどの設備も多く、木材市場の現況は業績を順調に伸ばし将来的にも明るいと言って間違いありません。果樹や綿花、ブドウなどの生産も盛んな南陽市は富裕層も多く居住しており、家を建築するための木材も大量に必要とします。輸出にも力を入れ日本との取引も多いので、国内外での木材需要は伸びているのが現況です。中国国内では大規模な木造建築物が盛んに作られており、木材需要に拍車が掛けられています。広大な土地に恵まれ働く人も多い中国陽南市の木材市場は不況知らずです。中国の歴史や文化の中でも有名な都市の一つである南陽市は地理的条件にも恵まれ豊富な資源も有する街なので、都市の繁栄とともに木材資源も発展の一途をたどることが予想されます。多くの木材市場の現況が懸念される中で、未来は明るいといってしまっても過言ではありません。