宝鶏市(中国)の木材市場の現況(2019)

中国の陝西省にある宝鶏市は、日本からは直線的なルートで訪れることが難しい、とても離れた場所にあります。
経度的には九州に近く、気温やその他の気候も似ているといえますが、湿度は高く乾燥気味の傾向となっています。
街は都市開発が進んでおり、それに伴い森林伐採も行われてるものの、いたるところで木を見掛ける機会があるのも実際のところです。
つまり、闇雲に伐採しているわけではなく、環境を考えながら木材市場に流通させているといえるでしょう。
詳しい現況については正確な数字は未知数ですが、少なくとも環境破壊が早まるようなリスクはなく、割りと自然環境が広く残されています。
日本からすると、宝鶏市に関する情報はあまりなく、木材市場をリアルタイムで把握する手段もないです。
ただ、中国から輸入される木材の内、宝鶏市で採れたものが日本に入ってきている可能性はあります。
これは原産地が中国に留まり、より詳しい地域については情報が得られないのが、現況の不明瞭さを生み出している要因だと考えられます。
木材関連の流通業者であれば、中国といっても何処で何が採れるか知っていますし、宝鶏市についての情報を持っている確率も高いです。
しかし、一般に分かるのはここまでで、木材市場にもっとフォーカスを当てたり、現況を詳細に把握するのは困難です。
現地に出向いたり、駐在を行えば別でしょうが、そこまでする価値がないからなのか、そういった方法で情報を集めている人や企業の情報はないです。
結論として、中国にある宝鶏市木材市場の現況は未知数で、これから明らかになっていく可能性はありますが、現状において日本との距離が縮まるとは考えにくいです。
それほどまでに宝鶏市の情報は不足しており、木材市場についての理解も進んでいない状況です。
自然環境があること、無謀な伐採はしていないと思われる様子から、今後宝鶏市で採れたものが木材市場に流れる余地はあるでしょう。
既に流通している可能性も存在しますが、原産地の情報があまり出てこないので、宝鶏市の木材が何処まで広まっているかは不明です。