済寧市(中国)の木材市場の現況(2019)

済寧市は中国の中でも北京に近い場所にあり、近くに中国の最大の川である黄河があります。平野部が多いので、林業は行いやすく中国国内の木材市場に貢献しています。ただし林業よりも炭鉱や農業、淡水魚の捕獲などの産業が中心で中国の内陸部に比べるとそれほど林業が活発であるとは言えないでしょう。観光地化もされておらず、富裕層も少ないので木材市場の価格は横ばいです。一方で、南側には南京があり北側には北京があることから最近では済寧市に在住しようと考えている中国人が徐々に増えています。今後も中国国内の景気が向上していくことがあれば、済寧市も都市の再開発によって需要が増していく可能性も考えられるのです。建築資材としての木材の価格が高騰すれば、木材を使用した製品である家具やインテリアなどの製品も軒並み価格が向上していく可能性が高いです。そのため済寧市の木材市場の現況はあまり活発に活動していませんが、今後中国国内の景気によって活性化される可能性もあります。ただし、現在ではアメリカと中国で貿易摩擦が問題になっている他、中国のGDPの伸び率が悪くなっている傾向にある点から今後も中国の経済が好調な状態でキープされるとは限りません。木材の輸出を行う際には、あくまでも他の都市の保険として利用していくことが有効でしょう。もちろん済寧市には林業の従事者がまだ数多く存在しています。そのため済寧市からの輸入であれば安価に手に入れることは可能ですが、輸出は現況では難しいです。できれば済寧市から材木を輸入して、加工して成果物を済寧市に輸出していく方式にしたほうが効率よく収益を手に入れることができるでしょう。ただし、人工が北京や南京、重慶市とは違って少ないので成果物の需要もそれほど高くはありません。富裕層は日本や北京に集中しているので製品の販売を目当てに木材市場に参入しようと考えているのであればそちらのほうが好都合と言えるでしょう。