日本各地の木材市場の現状・記事一覧

青森県の森林資源は、豊かな森林を保有しているため豊富であり針葉樹人工林、広葉樹天然林が多く総蓄積量に占めるスギの割合が増加していることが特徴的です。素材生産量が全国第8位になっており、良質で豊富な木材の需要は比較的多い一方、過去最大だった1980年と比べる約半分に落ち込んでいますが、スギの生産割合は大きく増加しているという木材市場の現況となっています。農林水産省の木材需給報告書によると青森県の森林...

岩手県は、自然が多いことで知られています。岩手県は、八幡平などをはじめとするさまざまな自然があります。では木材市場はどのようになっているかといえば、現況としては供給量が1760になっています。これは、ほかの都道府県に比べると多いことが理解できます。特に関東地方も首都圏や大阪を中心とした関西圏に比べれば欧米の量になっているでしょう。広葉樹と針葉樹の割合ですが、これは基本的にどこの都道府県でも同じにな...

秋田県の木材市場の現況を見ると、実に様々なことが見えてきます。最近の傾向としては、昔に比べて伐採される量は減少してきました。林業を営む人も小さな面積の場合はほとんどが個人で行っている仕事になりますが、ある程度大きなところでも企業で行っているところは減少している傾向です。ただ、木材の内容やつかわれている利用方法も少しずつ変わってきていることにも目を向ける必要があるでしょう。基本的に秋田県の林業は、生...

今まで電話、東北地方にある都道府県の一つになりますが、平地は山形市や米沢市など限られたところしかありませんのでその多くは森林になっています。かなり広い面積を持っていますが人口密度はそれほど高くなくやはり自然が多い場所として知られているのが特徴です。その中で、山形県の木材市場の現況を見ると、様々なことが理解できるでしょう。まず、森林の面積で67000ヘクタールとなっています。全国的にみると総面積は広...

宮城県の木材市場の現況は、昔に比べれば減少してきていますが平成20年代の中では後半に行くほど微増している傾向があるわけです。これは、かつて植栽した人工林がある程度成長したことを意味しているとも言えます。総数に関しては586から550の間になっており全国に比べると平均的な数値と言えるでしょう。消費率はほとんど県内で消費されており全体の9割は宮城県内で消費されているのが特徴です。残りの1割は、県外など...

福島県の木材市場の現況を見ると、福島県内の木材の生産自体は過去10年間の中では多少前後あるもののそれほど大きな変化がないことが理解できます。福島県で生産される木材の多くが、住宅などに使われている傾向があり、住宅の着工するを見ても木造住宅の割合が増えている傾向です。ただ、平成30年に入ってから住宅金利が増加したことからこれから生産の割には住宅の建築数は多少減少してくることが理解できます。それと同時に...

古くから家屋や寺社仏閣の材料として用いられ日本人の暮らしと共にあったスギは「屋久杉」や「吉野杉」が有名です。その中で新潟県産のブランドとして名を馳せているのが「越後杉」です。新潟県の木材市場は、70年から90年という高樹齢の越後杉を原材料にして様々な木製品を企画製造加工しています。近年特に力を注いでいるのが「越後杉の集成材」です。新潟県で育った越後杉は高い強度と優しい風合いが特徴になっています。新...

栃木県は山間部などを中心に、木材市場が多いのが特徴です。栃木県内の人口は減少傾向になっていますが、東京都や埼玉県や千葉県などを中心とした地域からの木材需要は年々増加しています。住宅建築件数は全国的に見ていくと、人口の減少とともに減っているのが最近の国内の現況です。そのような状況に入っているにも関わらず、栃木県内の木材市場は安定した業績になっています。栃木県の木材が多くの地域から選ばれている理由は、...

茨城県の木材市場の現況は、隣接する千葉県や埼玉県などの人口増加で安定傾向を示しています。森林の茨城県に占める広さは、県全体の全体の約30%ほどです。日本国内の平均値を下回っていますが、国有林だけではなく民有林でもヒノキやスギなどの植林が進められてきました。第二次大戦後の日本では、木材需要の高まりに対応してスギなどの植林が進められたのが大きな特徴です。茨城県内に占める割合は高くはありませんが、木材と...

これは木材以外にも言えることなのですが、製品を商品化する工程で、コスト削減が必ず重要な要素になってきます。このコスト削減につなげるには材料の軽量化、加工工程の効率化等は重要な要素になるわけです。つまり木材市場で勝ち上がるには材料である木材がより軽量で加工しやすく強度がいいなどの要素を備える、より材料として優秀なものを提供できるものにすればいいわけです。ではそのような木材はどのような特徴があるのでし...

人口が減少し住宅の需要が減少している日本ですが、埼玉県は東京都のベッドタウンとして増加傾向にあります。以前から交通アクセスのよい県内の南部を中心に、新築住宅などが増加しているのが大きな特徴です。バブル経済の最盛期の頃では県内の土地価格が上昇していきましたが、住宅の建築ラッシュはそれと足並みをそろえる形で件数を伸ばしていました。外国の大手株式会社が破綻した時は件数は少なくなりましたが、日本国内の他の...

東京都の木材市場というとあまりピンとは来ませんが、都内と言っても23区だけではなく西部の多摩地域などには豊かな森林があるため、林業も実は盛んな地域なのです。もちろん、都心部での木材自体の流通はスペースなどの観点からあまりなされませんが、建物に使われる木材需要が非常に高い地域でもあるため、木材市場は活況を呈しているのが現況と言えます。とくに2020年の東京五輪を控え、その莫大な外国人観光客の需要を見...

千葉県は、東京都や埼玉県などのような人口が増加している地域と隣接しています。日本全体を見ていくと、人口は年々減少傾向になっているのが国内の現況です。人口が減少していくと住宅などの需要は下がっていきますが、千葉県は東京都などと同様に増加している地域が多いことが特徴になっています。東京都に近い千葉県中央や南部などを中心に、住宅などの建築数が増えている地域を中心に整備されているのが交通アクセスです。交通...

神奈川県の木材市場の現況は、今後の人口減によって木造住宅の建築も減少することが見込まれていることから、現在の市場を維持拡大していくためには、木造以外の建築物の内装材や木造の大型建築物の建設推進を図ることが課題とされています。神奈川県には約400種類以上の木材資源がありますがほとんどが広葉樹で、標高が低い平地ではカシやシイ等の常緑広葉樹が多く、標高が高くなる山地においてはナラやケヤキ、紅葉などの落葉...

静岡県は全体の約65%が森林が占めているため、木材市場の数が大変多くなっています。非常に広い面積に木々があるため、手入れなどの作業は欠かすことができません。手入れを怠ってしまった場合、森や林などが健全に成長していくことが難しくなってしまいます。静岡県内にある森林資源の多くは、先人たちの手により丁寧に植林された木々です。植林された木々はそのままの状態で放っておくと、良質な木材をしての成長が難しくなっ...

山梨県の木材市場は、業績の安定化のために多くの情報をデータ化して共有しているのが大きな特徴です。単年度だけではなく長い年月をかけてデータ化しているため、需要と供給のバランスなどを一目で確認することができます。需要が大きく伸びている場合はあまり心配がありませんが、減少している場合には早急な対応が必要です。なぜ需要が下がっているのかを考え適切に対処しているため、大きな損失などを出さないことにつながって...

長野県は、中部地方の中でも自然が多い所として知られています。日本野都道府県の中で3番目に面積が大きいことから森林の面積も非常に大きく樹木の産出量も大きいことが理解できるでしょう。木材市場の現況などを見ていると、昔に比べれば伐採する樹木などは減少してきていますが、それでも長野県の樹木は非常に魅力的があるとされており市場では高い金額で販売されています。そもそも長野県自体は、冬場は非常に寒いためそこで育...

2018年の石川県の木材市場のスタートは明るい話題から始まりました。日本全国、どこの木材市場も厳しい状況が続く中で、2018年の石川県の木材市場の初位置は出材料が少なく品薄感はあったものの、平均単価自体は前年を上回るものとなっていたため関係者からしても、まずまずの結果となったわけです。明るい話題が少ないだけに、新年から好スタートを切ることができたというのは喜ばしいことではありますが、まだまだ木材市...

岐阜県は、中部地方にある都道府県の一つですが内陸部に位置しており多くの自然に恵まれた場所になります。弟山深い場所で平地が少ないですので木材市場の現況などを見てみるとやはりほかの都道府県に比べても木材の生産量が多い傾向にあるといえます。岐阜県の樹木は、寒い地方で育っておりそれでいながら夏場は非常に日差しが強いためとても頑丈な樹木に育つのポイントになるわけです。頑丈な樹木に育つと、住宅建築などで非常に...

愛知県では、古くから三河地方を中心に植林が行われてきており、業界では三河材と呼ばれ優良材木として高い評価を得ております。ヒノキが中心で柱材に適すると言われています。スギは、光沢のある赤みと美しい目あいがあることより鴨居・長押・曲り縁など造作材として用いられているのです。この三河材を手に入れる木材市場は、西部市場と大口市場があり、ともに週1回の開市がされており問屋別に内地材・輸入材・建材・銘木と扱う...

福井県の木材市場では、県内だけではなく日本国内への供給などを広めてく活動を続けています。森林面積が大変広い福井県ですが、人工林の割合が高いことで有名な地域です。人工林が森林全体に占める割合は、約40%以上にもなる広さを誇ります。人工林の割合が多いことは、年間を通して適切に管理されている森林が広いことを意味すると言うことが可能です。誰からも管理されていない自然の状態のままでは、質の良い森林資源を育て...

奈良県は、関西地方の中でも和歌山県と並んで多くの樹木があるところです。自然が多く残されていますので木材市場の方も盛況となっています。とはいえ、現況のことを考えると昔に比べれば木材の扱っている量が減少しています。他の都道府県に比べれば多いですが、その状況を見ていきましょう。まず森林面積に関しては全国平均よりも若干少ないですが平均的な面積と言えるでしょう。やはり自然が多いのは東北や北海道そして中国地方...

大阪府の木材市場の現況としては、人工林の本格的な利用の時期をむかえ、健全な状態で森林を維持することや森林資源を循環的に利用することが木材利用の拡大や産出の活性化を図るために重要とされており、人材育成にも力を入れています。大阪府の関連団体は多く、各団体において様々な事業に取り組んでいることが特徴です。大阪府木材連合会では府内の木材業者相互の協調と資質向上に努めるとともに木材産業の健全な育成と木材需要...

京都府の木材市場の現況としては、京都府内で産出される木材を使用した大型施設が相次いで建設されていることから需要の拡大が見込まれているもののさらに利用拡大を図るためには、木材加工場の充実が課題になっていることが挙げられています。京都市内にはすでに京都府産の木材を使用した介護複合施設がオープンしていますが、長岡京市でも木造ホテルが建設されており京都府内産の木材の活用を後押しする府の補助金も活用が進んで...

兵庫県の木材市場の現況としては、人口減に伴う住宅着工戸数の減少が見込まれており、需要の拡大を図るためには木造住宅だけではなく、コンクリートなどで建設されることが主流である大型施設の建設を中心に開拓していくことが必要とされています。木造建築物は厳密な構造計算に対応することができ、木のぬくもりを感じることができる見た目や手触りなどの価値をアピールするとともに、石膏ボードを利用することによって耐火性にも...

近年の異常気象や地震の多発で日本各地が被害を被っているなか、とりわけ大きく被災したのが広島県とその周辺地域です。数十年に一度という豪雨で山が崩れて住宅地が崩壊し、なおかつ川が氾濫したことによって市街地が浸水して甚大な人的・経済的ダメージを受けました。まだ復旧の途上であり、大量の物資を必要としているために当然建築資材も多数必要としているのです。なかでも、住宅に必要な木材は相当に需要が高まっていますが...

鳥取県は住宅の多くが木材住宅であり背後に位置する中国山地だけでなく、中国地方でも有名な大山があるところから安定した供給が見込まれています。しかも海外での窓口である境港があるので輸入も頻繁に行われていて、県内に数多くある木材の加工場で各種製品への加工も行いやすいというメリットがあるので、木材市場は盛んな土地柄と言えます。一時期ですが海外の輸入木材に圧迫されて県内の市場が冷え切った時もありますが、木材...

島根県では木材市場拡大を目指し多くの取り組みをしています。島根県産の木材の利用を促進に関する基本方針や島根県木材利用率先計画の策定を掲げると共に、高級建築物などに島根県産木材を積極的に使うなどしていることが一例です。また、木材卸売の木材市場は県内に工場を構える異業種2社と共同で島根県産木材製品の新ブランドを立ち上げ、薬品を使わずに坊腐加工する装置を導入し製品の開発製造に着手しています。材料となる木...

山口県の木材市場の現況というのは非常に厳しいものとなっています。大きく何かが変化しているわけではありませんが、長いこと斜陽産業の一つとなっていてそれは現在でも変化をしていないため、特に大きな変化がないというのはそのまま状況は厳しいものとして考えなければなりません。価格動向に関しても大きな変化はなく、消費税率8パーセントに上がったときには駆け込み需要によって原木の取引価格も一時的に上がることにはなり...

日本ではもともと建築物をはじめとして家具なども基本的に木材を原材料としており、伝統的かつ歴史ある存在として木材はおなじみの存在です。それゆえに山や森林地帯も広範囲を占めており、昔だけでなく現在でもそれぞれの土地によって適した木材を使用し、育成しています。うどんで有名の香川県も、やはりそういった木材の活用は昔から行われ続けています。もっともかつては土地に適しているとして松を中心に植林を実施していまし...

伝統的な建築物などに使用される木材は、コンクリート建築が主流になった今でも我々の生活に密着したものと言えます。そんな木材市場の現況を今回は高知県にスポットを当てて取り上げたいと思います。高知県と言えば海に面していて、カツオ漁などでおなじみの盛んな漁業や四万十川などの清流でおなじみですが、県の面積のおよそ84%が林野という全国でのトップクラスの森林資源を保有する県でもあります。平成28年における森林...

日本国内の木材の生産数はライフスタイルの変化などによりその需要が減少傾向にあることから近年減少する傾向があります。そのため全国の木材市場の現況は低迷を続けている実態があり、多くの地域で新たな需要拡大のための様々な施策を打ち出してこの対策を行っている傾向があります。徳島県においても重要の現象に対して様々な施策を行っており、その維持に努めている状況があるのです。徳島県の木材市場の特徴は様々な種類の木材...

福岡県の木材市場の現状は中国や韓国、近隣諸国への輸出量が増大し、ここ数年需要が高まってきてきています。木材価格は高度経済成長に伴う需要の増大などの影響で、昭和55年をピークに木材需要の低迷や輸入材との競合により長い間下落傾向にありました。しかし、中国や韓国などからの重要が高まり福岡の港には、輸出を待つ多くの丸太が運び込まれているのを目にします。国内の木材供給量は、住宅着工数の減少などを背景に木材需...

大分県内には、全部で16の原木による木材市場が存在しています。ちなみに県内の木材市場の現況は、リーマンショック以降需要が増加傾向にあるのです。そんな大分県の森林面積は約45万3千ヘクタールで、森林率は約72パーセントと全国平均を上回る数字となっています。しかもその中で10齢以上の主伐可能面積は半数以上となっているので、県内の木材資源は非常に充実した状態です。実際に大分県の素材生産量は非常に高く、特...

佐賀県は日本一人口に対する森林の比率が高い県で知られており、県全体の職業に対する林業の比率も非常に高い地域となっています。その出荷量も非常に大きく、現在でも県の生産品の中で大きな割合を占めていることから以上に重要な産業となっているのです。佐賀県の木材市場の現況は決して芳しいものではありません。価格が低迷しその出荷量も従来に比べて伸びが少ない状態にあるため、県では様々な対策を行いこの状況を打破しよう...

長崎県では生産された木材のほとんどが県外へ原木のまま出荷されている傾向があり、生産量は比較的多いのですがその利益が県に残らないと言う現状がありました。加えて国内の木材の消費量が年々低迷しておりその価格も下落する傾向にあったことから様々な取り組みを行い、その出荷数の維持と利益の拡大に努めています。その中でも木材の県内での製材や加工を推進することでこれらの費用による利益の拡大を行い、木材市場における需...

熊本県は林業産出額が全都道府県の中でトップ10に入っており、木材生産に限ればトップ5に入るなど、木材市場はかなり活発な状況です。森林面積は熊本県の面積の半分以上を占めており、その多くが人工林です。この人工林が現在収穫期を迎えていることからその現況は良好と言えます。ただ、熊本県の経済で見ていくとその比重は下がっており、経済にはあまり貢献していない状況である一方、エリアによっては木材市場の発展なしには...

宮崎県はスギを中心とする木材の重要な供給拠点となっており、県内の様々な拠点で販売を行っているほか、契約工場等への出荷を行っています。また海外に対しても良質の木材としてその多くを出荷しており、非常に美しい木目を生み出すものとして高値で取引されている傾向があります。日本国内では木材の需要が低下しており、特に住宅では従来の国産のスギなどを利用したものから鉄筋やその他の特集素材を利用した非常に構造的に堅牢...

鹿児島県は三方を海に囲まれた自然豊かな県で、面積はおよそ9200平方キロメートルです。そのうちの森林面積はおよそ94000ヘクタールで、総土地面積に占める林野率は68パーセントあります。森林の内訳は民有林が約69000ヘクタールで全体の74パーセント、国有林が約25000ヘクタールで全体の27パーセントとなっており、民有林のおよそ7割が個人所有の森林です。鹿児島県の木材供給率は年々増加しており、県...

富山県の木材市場の現況は依然として厳しいものとなっています。大きく変わっているわけではありませんから、現状維持をしていると言えないこともありませんが、全国的に衰退が続く林業においては現状維持で満足をしていては先が見えません。しかし、だからといって現状を打破するような案がすぐに生まれてくるわけでもありませんから、厳しい状況となっています。富山県の木材の需要は高齢化社会や東京一極集中によって、さらなる...

岡山県の木材市場の現況がどのようになっているかといえば、平成20年以降の産出量は横ばいになっており平成30年は若干増加している傾向があります。これは、円高や円安などにも関係がありますが近年は円安の状態が続いていますので、住宅など建築するときは輸入住宅などを別にすれば輸入の木材を利用する方が高くなってしまう可能性があるわけです。そのため、国内の樹木が重宝されているのが現状になります。岡山県でとれた樹...

愛媛県の木材市場の現況は良く言えば大きな変化はなく、悪く言えば依然として厳しい状況にあるといえます。愛媛県を問わず木材市場は全国的に長らく厳しい状況が続いており、今後も大きく需要が増える見通しがないことから、多少の浮き沈みはあれども右肩下がりで推移していくことが予想されるだけに、大きな変化がないからと言って安心できる状態ではありません。木材の需要というのはある時途端に完全になくなってしまうようなも...

沖縄県は第二次大戦後の日本返還以来、本土とはかなり違った風土でありながらもそれと溶け込むように努力をしてきた地域でもあります。そのため木材市場においても非常に特異な立ち位置となっており、まずその消費量の多さが特徴として挙げられるでしょう。観光地でもあり、かなりの人口を抱えているため沖縄県の建築需要は決して他の大都市圏に比べて引けをとらないうえ、毎年台風によって大きな被害を受けていることがその理由で...

和歌山県では和歌山県の森林と林業の総合戦略を2017年7月4日付けで策定しています。2021年の年間素材生産量を26万立方メートルまで上げることを目標にして、新しい紀州林業への挑戦を推し進めます。木材市場の現況は地方によって異なりますが、和歌山県は活気があります。昔植えたヒノキやスギが大きく育っているので、成長した木を利用できる面積がこれから増えていきます。和歌山県の森林では紀州材が育っていますが...

北海道といえば農業や酪農という印象が強いですが、昔から経済を支えていたのは林業です。なぜなら日本でも有数の大きさを誇る北海道の土地は、島全体を白樺や杉といった木々が生い茂っており開拓の資金として用いられてきたからです。さらに火山層の恩恵による水源の豊富さと栄養分たっぷりの土壌そして起伏が高くない山々の太陽光の日射量によって、木材は健康に育っているので建築材料だけでなく囲炉裏や薪ストーブでも北海道産...

滋賀県は県全体のおよそ半分の面積が森林で、琵琶湖の面積のおよそ3倍程度となっており、森林の総面積は約202500ヘクタールです。県や市町村、企業、個人などが所有している民有林の占める割合が高く、その中でも個人の所有する森林が全体の約42パーセントと最も多くなっています。内訳は人工林が約43パーセント、天然林は54パーセントで、残りの4パーセントは竹林や無立木地帯です。木材市場の傾向を見ると、スギと...

三重県鈴鹿市といえば、有名な鈴鹿サーキットや多くの神社仏閣で知られており観光・海産物のイメージが強い方も多いでしょう。しかしながら、山が多くの面積を占める日本列島の特徴そのままに、鈴鹿市もまた山林が市の大部分を占めており著名な材木ブランドをもつ林業の町としても知られています。一時期は林業が盛んで産業として貢献してきましたが、徐々に衰退を続けてお、非常に厳しいというのが現状です。そもそも、日本の林業...

三重県において森林が有している面積は374ヘクタールにものぼり、県内全域の64.5%も森林が占めている割合になります。内訳を見るとその中で私有地の割合が82.4%になっており人口面積が64.2%、天然林の面積が35.8%で人口面積の天然林よりも上回っているというのが現況です。これまでの三重県で行われてきた林業というのは気候や風土、交通と言った自然条件と社会条件のどちらにも恵まれてきた過去があり、そ...

日本における伝統的な生業の一つとしてあるのが林業であり、世界を見渡してみても四季が明瞭でより良い木材を得る事が可能であるとして、古くから日本の木材は良いという評価を獲得し続けてきました。その中でも、特に三重県で伐採できる木材は全国で指折りの材質を有していると日本国内の目が肥えている方々からも良い評価を獲得し続けており、三重県で伐採する事ができる檜には全国各地はもちろん世界中から需要が高くあります。...

かつてに比べ建築技術が向上しているため、様々な素材を採用しても素材の差異によりデザインが左右されてしまうといった事が少なくなっており住宅建築における柔軟性が向上していますが、相変わらず日本国内にて建築される住宅の割合としては木造建築数が多いという特徴があります。その割合は全体の割合でおよそ55%にもなり、55%という割合の中には鉄筋コンクリートや鉄骨で作られる集合住宅も含められているので、抽出して...