世界各国の木材市場の現状→記事一覧

中央アジアに位置するカザフスタンは、国土の大部分を草原が占め森林面積は広くありません。現況の木材市場に影響する森林面積は、2010年のデータによると3,309千ヘクタールとされています。そのため古くから森林や林業に対する意識が低く、木材市場の発展も阻害してきました。しかし旧ソ連時代から林業も重視する政策が行われ、徐々に発展していきました。ですが旧ソ連崩壊後には従来の経営システムが破壊され、ロシアと...

ラオス人民民主共和国は天然林由来の丸太及び製材の輸出を禁止していることから、木材市場では天然ではなく養殖タイプの国内材木や輸入した他国の木材で占められている割合が多いといった特徴を持っています。ラオス人民民主共和国ではプレカット工法を用いた木造住宅が人気なことから木材そのものの需要は高くなっているのですが、国産の天然の木々ではなく養殖か他国から購入した木材が住宅建築などに使われていることが多くなっ...

中央アジアのキルギス共和国は、森林が減少・劣化している国です。1930年代には7%あった森林率も現況では5%まで低下しており、年々減少傾向にあります。旧ソ連時代は森林の保全・回復のための政策も実行されましたが、限定的な効果に留まり改善には至りませんでした。キルギス共和国として旧ソ連からの独立後は、1999年に森林法が制定され基本方針や計画も整備されています。キルギス共和国の天然林は120種以上の樹...

ヨーロッパの北に位置しバルト海に面している国がラトビア共和国であり、3つの国で構成されているバルト三国においては中央部に位置しています。ラトビア共和国の東経はおよそ24度で北海道の稚内市よりもさらに北に位置している様子から年間を通しての平均気温が低く、夏の最高気温の平均がおよそ21度で冬の最低気温の平均がおよそ氷点下7度です。そうした年間を通して平均気温が低い冷涼地である上に、降水量もおよそ600...

モナコの正式名称はモナコ公国で、西ヨーロッパの立憲君主制国家のことです。フランスの地中海沿岸地方であるコートダジュールのイタリアとの国境近くに位置している都市国家で、世界で2番目に小さいミニ国家とされており、国連加盟国の中では世界最小といわれています。モータースポーツの世界選手権大会が開催される地として広く認知されている他、世界中のセレブから注目されている地として評判を呼んでいるのです。気温は1年...

モンテネグロの木材市場の現況としては2017年度の木材輸出額で世界ランキング83位となっています。もともとモンテネグロは森林が国土比で62パーセントと非常に豊富な森林資源に恵まれています。その山々は「ヨーロッパで最も険しい」といわれる山が含まれており、その標高は2,000mを超えます。こうした地形的要因からこの国の主要な輸出品目の一つとして木材が挙げられております。またモンテネグロ産木材は輸出入さ...

マリ共和国は西アフリカに位置しており、国土の3分の1をサハラ砂漠が占めています。国土面積は124万平方キロメートルと広大ですが、北部は砂漠気候で中部はより乾燥が強いステップ気候、南部は雨期と乾季が明確なサバナ気候と、寒さと暑さの厳しい過酷な環境です。主な産業は農牧業ですが、実際に農耕が行われている地域は雨の多い南部とマリの中心を流れるニジェール川流域のみで、穀物や綿花などが栽培されているもののたび...

ミャンマーの木材市場において世界中に対して輸出される木材の絶対数は決して多い方ではないものの、利益率が高く安定的に推移しているのはミャンマーにて行われている丸太輸出規制が関係しています。以前のミャンマーの木材市場で見られたのは伐採した丸太を次々と他国に向けて輸出していくという様子ですが、丸太輸出規制が行われてからは上質な木質や建材、家具に仕上げてから輸出させるという方針に変更されたため、輸出の絶対...

マカオには様々な歴史的建造物があり、世界遺産が多い街としても知られています。中国に管轄されており、木材市場においても中国が大きく影響しているということが現況です。天然資材に対する需要も高くなっており、消費量も年々増えてきています。林産品も数多く海外から輸入しており、産業用の丸太の量も世界的にみて多くなっています。原材料に関してはマレーシアやインドネシアといった東南アジア諸国を代表としてロシアなどか...

リトアニアではいろいろな大きさの企業が建具・家具製造などを代表とする木材加工業やパネル製造、ダンボールなどの製紙、製材などを事業としているのが現況です。林業を除いた木材市場は、家具製造業を主としておりつくるだけでなく輸出も活発に行われているという特徴があります。どんどん成長を続けていてその割合は総工業生産におけるおよそ10%です。家具を作っている企業の多くは大手であり、生産が集中している傾向にあり...

ルクセンブルグは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家で、南にフランス東がドイツ、ベルギー・オランダと併せてベネルクスと呼ばれています。EUの加盟国で国土の大部分を丘と低い山地が広がっています。欧州圏でビジネスを展開する世界企業にとって魅力的な立地条件になるのです。ルクセンブルグは、先進国の中でも特に税率が低い国であり、数多くの海外企業の誘致に成功しています。その税負担の軽さから20年以上連続で一...

リビア王国は、北アフリカにある共和制の国家で、東はエジプトに南東はスーダンに南はチャドとニジェールに西はアルジェリアに北西はチュニジアに北は地中海に面した位置にあります。アフリカ世界と地中海を跨いで海を渡るとイタリアに近い事から、アフリカ連合とアラブ連盟とイタリアと通じてヨーロッパとも縁が深い地域です。リビアの国章はクライシュ族の鷹と呼ばれる高が描かれていて、盾形をした鎧の胴は預言者ムハンマドのタ...

ミクロネシアは太平洋のマリアナ諸島の南東部に位置しています。1920年に、当時の国際連盟から日本に対してミクロネシアの統治を委任されました。それ以降、日本の委任統治領南洋諸島として日本の管轄下にあったのです。この期間というのは、先住民が当時約40,000人ほどの人口しかなかったのに、日本からの居住者は85,000人を超えておりました。国策として現地の経済を活発化させるために、サトウキビや採鉱、漁業...

モロッコの木材市場の現況は国土の殆どが森林であることを活かして、積極的な輸入を行っています。特にコルクはワインの生産が積極的に行われている、イタリアやフランスなどに輸出されるようになっています。もちろん生産できる木材は他にもあり、オークや杉に加えオリーブやナツメなど非常に幅広いです。そのため現況ではモロッコの木材市場は積極的な輸出が行われており、国内で取引されている木材の価格はヨーロッパ諸国のもの...

東ヨーロッパの中部にあるモルドバは、東はウクライナと国境を接し西側にはルーマニアがあります。林業国としては東ヨーロッパと中部ヨーロッパの中で最も小規模と言われており、木材市場においては周辺12か国と共にCIS諸国という単位で現況が考察されます。モルドバを含むCIS諸国とロシアにおいての針葉樹製材の消費量が2015年以降に通貨の下落や経済の低迷によって減少傾向となり、それが続いている現況となっていま...

マダガスカルの木材市場の現況では、違法な伐採が行われており、いわば違法伐採の取り尽くしが横行しているという劣悪な環境にあることをまずは明記しておかなければなりません。この状況というのは、マダガスカルの不安定な政治状況と密接に関わっており、それが無秩序を生み出してしまっており、結果として森林の管理が徹底して行われない状況を生み出していると言っても過言ではないのです。こうした状況が生まれた背景にあるの...

マーシャル諸島という言葉は耳慣れないという人が多いかもしれませんが、正式名称はマーシャル諸島共和国で、太平洋上に浮かぶ島国のことです。ミクロネシア連邦の東側、キリバスの北側に位置しています。1年を通して高温多雨の気候となっており、年間を通じて、気温や降水量の変化が少ないことでも知られているのです。主な産業として農業や漁業が挙げられ、農業ではココナッツやタロイモなどが収穫されます。漁業には特に重点を...

バルカン半島の中央部に位置するマケドニアは、国土の大半が山地となっている山岳国です。そのため木材が不足していた古代のギリシャに木材を輸出し、莫大な利益を上げていました。古代からバルカン半島を中心とした地域では、このエリアで採れる木材が重要な位置を占めていました。林業は第二次世界大戦前までは主要産業として、マケドニアの経済を支えていきます。その後の旧ユーゴスラビア時代になると非鉄金属を中心とした工業...

156万平方キロメートルと日本のおよそ4倍の広大な国土面積を持つモンゴルの主力産業は、その広い大地から採掘される石炭や銅、モリブデンなどの豊富な鉱山物、カシミヤや羊毛、毛皮などヤギやヒツジによる製品がモンゴル経済を支えています。モンゴルの木材も経済に大きな影響を与えていますが、モンゴルの森林は北部のロシア国境沿いに集中しており、道路インフラが発達していないためアクセスが困難な森林が多く針葉樹林と広...

モーリタニアの木材市場の現況はそのほとんどが輸入に頼っており、屋内で木材が生産される事は非常に少ない状態となっています。近年は近代化が進み様々な産業が先進国の支援もあり急激に発展していますが、木材についてはモーリタニア特有の地形が大きな障壁となっており、効果的に生産することがなかなかできない状況が続いているのです。モーリタニアはもともとはフランス領として栄えた地域ですが、国土のほとんどがサハラ砂漠...

マルチニーク島とはフランスの海外県の1つで、カリブ海に浮かぶ西インド諸島にあるウィンドワード諸島に属する島を指します。カリブ海を隔て、東側にドミニカ、南側にセントルシアが位置しているのです。かつてコロンブスに世界で最も美しい島だと言わせたほどの美しい景観を誇り、海外セレブがゆっくりと休暇を過ごす場所の穴場といっても過言ではありません。このマルチニーク島の経済の中心となっているのが、農業と観光業です...

モンセラットはカリブ海にある小さな島国で、イギリスの海外領土となっている火山島です。たびたび噴火が発生しており現在でも首都として設定されたプリマスが火山の噴火により壊滅し、現在は他の都市を暫定的な首藤として活動を行っているなど、火山の影響により国土が大きく影響受けている場所となっています。そのため目立った産業はあまり発展せず、農業としてバナナの生産が1部行われている程度でほとんどの経済活動がイギリ...

マルタの木材市場の現況は地中海性の気候によって年中温暖な環境で木材が育ちやすいことから、酸性雨問題によって市場規模が縮小傾向にあるヨーロッパの他の国よりは良好です。ただし、人口は諸外国と同様に減少傾向で生産できる木材も島国である都合上、それほど多く輸出することはできないことが多いです。マルタの木材市場は基本的には国外からの輸入に頼っています。マルタの主要産業は電子や繊維、観光などが中心なので林業は...

香港は中華人民共和国の特別行政区となっています。長くイギリスの植民地となっていたことから中国本土とは異なる文化も持っており、一国二制度という仕組みが取られています。国際的な都市として知られており、人気の町でもあります。木材市場を考える上で重要となるのが交通ですが、香港では公共交通機関の使用率が非常に高く、交通も充実しているといえるでしょう。この街の大きな特徴の1つが1人あたりの所得が非常に高いこと...

これまでは戸建住宅が多かった韓国国内ですが、高層マンションの建築が加熱しているため、室内空間の内装材など建設に際し、一棟あたりに多くの木材が求められています。一方、従来通りの戸建住宅を含む木造建築物の右肩上がりで増加傾向にあり、2007年に1年間で6千棟を記録いた棟数が現況では1万5千棟以上にものぼります。木材の需要の高さに伴い木材市場は活気付いていますが、朝鮮半島は元来自給率が高くないという特性...

キリバス共和国とは太平洋上に位置するギルバート諸島やフェニックス諸島、ライン諸島の一部を領土にしている国家でありイギリス連邦の加盟国であるといった特徴を有しています。太平洋の大体真ん中辺りに位置している国であることから温暖な気候に恵まれており、日本では中々見られないような野生動物を見るためのツアー組まれているような点から観光面に強い国であるというのも特色だと言えるでしょう。太平洋島諸国からの日本へ...

南大西洋の亜南極に位置するノルウェー領の火山島「ブーベ島」は、居住者のいない(2016年現在)無人島です。最も近い陸地の南極大陸とは1600qも離れています。世界で最も隔絶した孤島といわれ、島には無人の気象観測所がある程度です。ノルウェー領になってはいますが、ノルウェー王国の一部ではなく属領に位置づけられ国際標準機構が定める国名コード「BV/BVT」を与えられています。孤絶した無人島といわれながら...

ココス(キーリング)諸島はインド洋にあるオーストラリア領の島嶼のことを指しており、ノースキーリング島とサウスキーリング諸島の2つの環礁から構成されています。地理的にはオーストラリア西岸とスリランカのインド洋の中間の場所に位置しています。首府はウエスト島にありますが、最大の集落はホーム島のバンタム村にあり、人口は2014年当時で600人ほどです。1826年にイギリス人アレキサンダーベアが100人ほど...

英領バージン諸島は、欧米のタックスヘイブンで有名な租税回避地での役割を終えようとしています。バージン諸島では、税関係の個人及び法人情報がすべて政府のデータベースに登録されることが義務付けられ、海外からの口座開設・管理の「オフシェア銀行業務」が廃止されます。所有権の関連情報は、イギリス政府と共有されます。長い期間租税回避地として利用されており、中米の貿易拠点・リゾート地としてヨーロッパ風の街並みが綺...

これまでは日本をはじめとする世界各国に輸出されていた木材の多くはアメリカで伐採された木材であり、木材市場において揺るぎない強い存在感を表していましたが、森林の枯渇と自然保護を訴える声が強まった事を受け、急速に存在感を強めているのがカナダです。そのようなカナダの木材市場というのは独自性が強い様相になっているのが特徴的でもあり、特にカナダで伐採した木材を自国内で消費する割合は28%しかない様子からもわ...

クック諸島は現在ニュージーランドと自由連合関係にある諸島であり、主権国家と同等の権利は有しているものの国連には加盟しておらず、ニュージーランドに依存する面も強いため独立した国家であるか否かは賛否の分かれる場所です。その木材市場の現況についてですが、国際的に大きな影響力を有しているとは言い難い状況にあります。その理由は、国として規模が小さいが故に輸出、輸入共に規模が小さく、輸出は4000万ドル弱、輸...

南北に細長い国として日本でも知られるチリは、国土の約20%が森林です。森林面積のうち約25%ほどが原生林で、1974年に施行された法律により人工造林も積極的に行われています。そのためチリの森林面積は増加傾向にあり、木材市場も活況です。チリの木材市場の現況は、最新の調査によると海外輸出が盛んです。国内で伐採された木材の多くは海外向けに輸出され、国の主要な産業の一つとして成り立っています。輸出を主に担...

アフリカ大陸をイメージすると砂漠地帯で植物がほぼ育たないと感じますが、実は砂漠はごく一部でその多くは山に降った水が地面に流れることで様々な木々が生い茂っています。実際にアフリカ大陸の住民の多くは、生い茂っている木々を活用して燃料や家財にすることで生活しているのです。アフリカ大陸で最も有名な国の一つであるカメルーンもその一つであり、カメルーンは海に面している国であるためその海風が運ぶ水分が大地を潤し...

ベラルーシ共和国はロシア共和国の西方に位置し、かつてはソビエト社会主義共和国連邦に属していた時代があり、「白ロシア共和国」を名乗っていた時代もありました。南側に位置するウクライナ共和国がロシア連邦との半戦争状態にあるのとは異なって、旧ソビエト時代の政治方針を踏襲しロシア連邦との良好な外交関係を維持しています。これは時の政権のユニークな点も影響していると見られており、「ヨーロッパ最期の独裁国家」のあ...

英領インド洋地域に木材市場の現況はまれに見る盛況です。その理由は大きく分けて三つあります。一つ目は年々増加する人口です。インドは昔から世界有数の人口を保有しています。インド国内で映画をヒットさせようものなら世界のランキングに興行収入が載るほど需要があります。ここ何十年と世界第二位の人口に甘んじていましたが、中国が一人っ子政策により人口頭打ちになる日もそう遠くはありません。そうなると世界第一位の人口...

中央アフリカ共和国は1885年のベルリン会議でベルギー王の私領地がコンゴ自由国として成立を見ましたが、その後の国際情勢の影響でフランス植民地に編入されるなど列強の思惑に政情は左右されてきました。1958年のフランス第五共和制に賛同し自治権の拡大が認められ、フランス共同体内での自治共和国の位置づけになり、1960年には独立国家の承認をえるにいたりました。しかし政情が不安定な状況は継続し度重なるクーデ...

ベリーズは、中央アメリカの北東部に位置する英連邦王国のひとつとして1981年に独立した新しい国です。人口は、約37万5千人余の小さな国です。北にメキシコと、西にグアテマラと国境を接し、南東にホンジュラス湾挟んでホンジュラスがあり東はカリブ海に面しています。四国より少し大きい面積でマヤ遺跡と熱帯雨林が広がる国で英国との伝統的友好関係を重視しており、リゾート地・農業・水産業などを主要産業にしています。...

コモロはインド洋上にある島国で、4島がコモロ諸島と呼ばれています。1975年にフランスから独立をしましたが、頻繁にクーデターが発生しているため、現在世界最貧国の1つとして知られています。政治危機や経済復興など極めて困難な状況にあります。外務省のデータによりますと、コモロの主要産業はバニラ、丁字、イランイラン(精油)となっており、2018年の木材市場の現況についての情報は入ってきていません。気候に左...

ケイマン諸島は、西インド諸島のイギリスが統治管理を行う海外領土です。島内で事業を行わない企業には法人税がかからないことから租税回避国として有名になりました。外国企業を呼び込み雇用を生み出すほうが先決だと考えたからです。アメリカから90分ほどの飛行でケイマン諸島にたどりつけ、港湾施設も整っていますから沖合には豪華客船が浮かんでいる豪華さがあります。リゾート地でもあり、富裕層を対象にしたブランド店が多...

チャド共和国はアフリカ大陸中部に位置し国土面積は128.4万平方メートルで日本の3.4倍の国土でありながら、人口は1445万人(2015年世界銀行発表による)に止まり、首都は南部に位置するンジャメナになります。スーダンやリビア、ナイジェリア、ニジェールなど政情不安が続く国家と国境を接しており、国内にも政情不安を抱えています。ムスリムの多い北部と非ムスリムが多数派を占める北部と南部での民族対立は常に...

コンゴ民主共和国のコンゴ盆地には、世界で第2位の面積を誇る熱帯雨林が存在します。その広大な森林の半分以上がコンゴ民主共和国内にあり、国民のうちの4000万人もが森林に頼って生きています。国民にとってなくてはならない森林であるため、近年は保護の動きが活発化しており、木材市場の現況もその影響を受けています。コンゴの森林は、近年の大規模な商業伐採でかなりの面積が消失しました。価値の高い木だけが森から切り...

コロンビアの木材市場は2009年までに1度需要と供給の推移に関して減少傾向である様子が見られたものの、現況では一度減少傾向になった傾向に回復が見られるようになり安定を取り戻しています。そのようなコロンビアの木材市場で取り扱いされている主な製品は製材と合板ですが、合板については昨今の10年間でおよそ4倍も急成長を遂げています。2009年までの減少傾向が見られた頃には例に漏れず合板の需要も減少してしま...

世界の木材市市場は値上がり傾向にあり、コスタリカの木材市場もその影響を受けています。コスタリカの木材も輸出をしている以上、世界の需給関係が大きく影響します。世界の木材の需要は、中国での需要の高まりで加速した面があります。中国は世界の価格に比べて安い日本の木材を輸入するようにはなっていますが、世界全体で見た場合の現況にコスタリカの木材市場も影響を受けずにはいられません。中国での建材としての木材の需要...

キューバは、家具などの材料として人気のマホガニーの産地であり、木材の産出国でもありましたが、資源枯渇を防ぐことを最優先にしてきており、森林の再生が待たれているところです。1992年には憲法に環境保護を盛り込み、早くからエコロジーに取り組んでいることもあり、森林の保護を目的とした制度は立法化されています。商品価値の高いマホガニーは絶滅しかけたほどの状況であり、ワシントン条約で規制もされているため、価...

カーボベルデはアフリカ大陸に隣接する島国からなる共和国であり、農業資源が乏しく国土も非常にこれらの生育に適さない土地であることから林業も含めて決して盛んな地域ではありません。そのため食物や必要な建築資材もそのほとんどは海外からの輸入に頼っており、自国で生産するものはほとんどないと言う状況となっています。しかしながら近年では様々な文化も発達しており、従来は後進国と認定され多くの場面でクローズアップさ...

キュラソー島はオランダ領であるため、その木材市場もオランダの政策に大きく影響を受けます。キュラソー島の現況は、木材の産出地というより、風光明媚な観光地となっており、海岸の椰子の木などが観光資源として欠かせないものとなっています。キュラソー島の国立公園内の植物も、サボテンが目立つという状況です。何より本国のオランダ政府が、環境保護に熱心な姿勢を堅持し、他国に対しても自然保護を促しているほどなので、キ...

チェコは、中央ヨーロッパの圏内に入る国でプラハは歴史の在る街で有名です。古き良きヨーロッパを感じさせる国で自然に恵まれた豊かな森林に包まれた国です、伝統的なルーツをたどると耐久性がある木材で建築・土木・家具:農具・枕木などに様々なものに使われてきました。このようにチェコでは国内的に現況木材市場は活発でEU圏内でも供給地として知られています。EU圏内では、違法伐採に対する批判から木材を取り締まる方向...

クロアチアは、バルカン半島に位置して自然に囲まれた国です。ヨーロッパのヨーロッパオーク・ホワイトオーク。」・ブナなど広葉樹の産地で有名です。ヨーロッパ調の家具などの原木で需要があります。南東欧諸国は、高い経済成長を背景に高所得者や中所得者層が拡大して消費市場での魅力が増しているのです。特に、ヨーロッパを代表するホワイトオークやブナの原木は木材市場では人気があります。当然木材市場は現況活発に推移して...

東南アジアにあるカンボジアは、推定810万ヘクタールのPFEを有している森林資源が豊かな国です。810万ヘクタールの内訳は346万ヘクタールが自然生産林、462万ヘクタールが保護林で残りが産業木材プランテーションと言われています。これだけ広大な森林資源を有しているので、カンボジアの木材市場の現況は活況を呈していると思うかもしれません。しかし実際のカンボジアの木材市場は、持続可能な経営下にある生産P...

キプロスは、トルコの南の東地中海上に位置するキプロス島の大部分を占める共和制国家です。日本政府では昨年までギリシア大使館の管轄となっていましたが、2018年にキプロス日本大使館を開設しています。外務省のデータによりますと、キプロスの主要産業は観光業、金融業、海運業です。木材市場の現況についての情報は明らかにされていません。日本からキプロスへは技術援助協力を行っています。2011年3月の東日本大震災...

クリスマス島は2つあるといわれています。一つは西経157°、北緯1.5°の赤道直下に位置するキリバス共和国の東端に位置する島です。このクリスマス島はハワイの真南、約2,000キロに位置しており、名古屋市の広さとほぼ同じです。キリバスから日本へ輸出されるものは主に魚介類です。輸出額全体の95.5%を占めるといわれ、さらに魚介類全体の90%を超える製品が生鮮や冷蔵・冷凍のカツオやマグロです。この島の主...

ジブチ共和国はアフリカ大陸の北東部に位置し、東にソマリア、西にエチオピアとエリトリアに接しており、紅海やイエメンのアデン湾に近接しています。アフリカに位置しながらアラビア語を公用語にしており、アラブ連盟に改名していることから中東に含まれる場合もあります。19世紀末にはじまったスエズ運河建設にあわせて、イギリスとフランスの定刻列強のアフリカにおける覇権争いは活発になり、近隣のエチオピアと同様に覇権争...

デンマークの森林面積の比率は国土の約12.8%と国土に対する森林の比率は少なく、土地は肥沃とは言えませんがコペンハーゲン近郊にはブナ林が広がり、ユトランド半島西岸にはブナやモミなどの森林が広がっています。デンマーク自体は林業よりも農業が盛んな国で、特に畜産業では高品質な豚肉の輸出国として日本でも知られています。木材生産量は年間350万立方メートルあり、およそ半分がバイオマスエネルギーとして利用され...

ドミニカ共和国は日本からはかなり距離のある国ですが、野球などが盛んであり、大リーグやプロ野球で活躍する有名な選手を多く輩出しているため、比較的知名度のある地域だと言ってよいでしょう。ドミニカ共和国は中南米に浮かぶ島に位置しており、その赤道付近という気候の温暖さから、多くの作物が栽培されています。農作物だけではなく、樹木の生育にも適しているため、木材市場も活発に活動しています。しかし同時にハリケーン...

エクアドルは国土の3分の1程度が森林であり、そのほとんどが自然に生息しているものとなっており、人工林は少ないです。林業の促進がなされていることもあり、国を挙げてサポートをしているのが特徴です。そのため、現在では少ない人工林を産業的な意味合いで増やしていくほか、代わりに自然を守り、保護地域での森林伐採は禁止するような形にするなど、より産業的なカラーを強める過程にあります。木材の貿易量は丸太での輸出よ...

バルト海に面したバルト三国の一番北にあるエストニアは、近年ITで注目されている国です。旧ソ連時代からIT産業は柱となり、独立後も世界的に有名なビデオ通話ソフトが誕生したり、優秀なIT技術者が集まるなどして発展しました。現在では世界的なIT国家として、世界中から注目を集めている国です。しかしIT産業と同じく、林業もエストニアにとっては重要な産業です。フィンランドなどの北欧諸国と同様に、古くから林業も...

エジプトと言えば砂漠のイメージが濃厚で、木材とは全く縁遠い感覚を持っている人が多いかもしれません。しかし確固たる独自の木材市場を有しているのです。そもそも現代社会で日常生活では身のまわりにたくさんある合板というのは、古きエジプトに炉のルーツが見られます。紀元前の古代エジプトの遺跡から、木板を接着剤で貼り合わせた合板の製品がたくさん発掘されているのです。今の時代でも、家具やフローリングなどと極めて身...

アフリカの北東部、紅海に面する国がエリトリアです。1993年に南にあるエチオピアから独立し、東はジブチ西はスーダンと国境を接しています。エリトリアでは林業も行われており、首都であるアスマラから90kmほど離れた場所にある山間部の街ケレンでは、木材市場も開催中です。らくだや銀細工など様々な市が開かれているケレンの木材市場は、河床で開催され多くの人が詰めかけています。しかし一部の街では木材市場も開かれ...

嘗てエチオピアの首都アジスアベバの周辺には熱帯雨林が広がってましたが、1960年代以降の大規模な干ばつと飢餓状態に国民がさらされました。食糧不足を解消させるために、大規模な農地造成が行われ天然資源である良く育った熱帯雨林が伐採や乱用されました。1960年代当初には森林伐採を規制するルールが無かったため、建材や薪や炭やや家具に使うため樹木が大量に伐採されて行きました。森林は徐々に減って行き、植林も全...

エルサルバドルは元来コーヒー等の産地として非常に有名な地域ですが、その他に目立った産業はなく特に林業についてはコーヒーの木以外は生産されていない現状がありました。しかし近年では世界的にチーク材が不足している状況を鑑み、人工的に地区の林を設立しこの木材を世界各地に輸出することで林業が非常に盛んになっています。チーク材は天然の林は東南アジア地域に多いのですが、木材として非常に木目が美しくまた堅牢である...

歴史の教科書にも度々登場する様子からよく知られている東ティモールは、古くから貿易が盛んに行われてきている国であり、盛んな貿易は今日においても継続し東ティモールはもちろん、他国にとっても重要な貿易国として認知されています。そのような東ティモールが行っている様々な貿易において欠かす事ができない重要な物が木材であり、巨大な木材市場により国が成立し他国も多大なる恩恵に授かっているという現況です。ただし、世...

フィンランドは、木材が豊富なところとして知られています。木材市場が非常に盛んになっており輸出国として有名になっています。基本的に、フィンランドの木材を輸出する場合には住宅建築をする場合に用いられることが多くなっているのが特徴です。例えば、ヨーロッパの都市部の住宅等を建築する場合には、その国の木材を使うことがありますがある程度緑がないところでなければ自給自足をすることができません。これは日本の現状と...

フィジーの木材市場の現況は上々です。美しい観光地として日本人旅行者にも人気があるフィジーは、木材の生産地としても知られています。四国とほぼ同じ大きさのフィジーは国土面積の大部分を2つの島が占めます。主要な産業は観光と砂糖で、木材チップは重要な輸出品目のひとつです。フィジーの森林面積は国土面積の約半分で、その多くは天然の木になります。輸出向けの木材ではマホガニーが有名です。フィジーの木材は生産も加工...

フォークランドはアルゼンチンの領海に存在する島の集まりで、現在はイギリスの統治下に置かれイギリス領となっていますが、元来はアルゼンチンの領土となっていたことからイギリスとアルゼンチンの様々な領土問題の対象となっており精神的に不安定な要素含んだ地域となっています。小さな島の集まりであることから工業を中心とした第二次産業は決して発展しているものではなく、その経済的な恩恵を本国であるイギリスから受ける状...

スコットランドとノルウェーの中間にある大西洋上に位置するフェロー諸島は、デンマークの自治領です。18の島々から構成される諸島で、そのうちの17の島に人が住みそれぞれの島に特色があります。フェロー諸島の木材市場を古くから支えているのは、ヴィヴォイ島です。島の名前であるヴィヴォイとは現地の言葉で木材を意味し、古くからフェロー諸島の木材供給地でした。フェロー諸島における現況の木材市場でもヴィヴォイ島が中...

フランスでは、木材の輸出が中心に行われています。木材の輸出のうち日本に来ることも多く、それ以外の国にも輸出されている傾向がありますが決してその量が多いわけではありませんどちらかといえば針葉樹林がよく輸出されており、海外の住宅の建材などになっているのがポイントになります。ただ、木材市場などの現況を見てみると、海外の輸出品目の中では決して多いとは言えません。おもな輸出品としては、航空機や宇宙飛行タイな...

フランス領ギアナは南アフリカ北東部にあるフランス領で、地域のほとんどは森林地帯であるため農業は盛んではなく、沿岸の休業等を中心に住民が生計を立てている地域となっています。森林地帯が多いことから木材の生産は比較的盛んで、紫檀、黒檀、マホガニーといった高級家具や楽器などに使用される木材が算出されることから重要な資源となっているのです。この地域は元来南アフリカの原住民の住む地域として古くからの漁業を中心...

フランス領ポリネシアは観光産業やフランス本土からの援助、輸入によって支えられています。自然が豊富なので農業や漁業、林業でも有名です。木材市場の現況も良好でポリネシアの農業学校では各地から集まってきた生徒が農業や林業、牧畜の勉強をしています。木材ではココナツ材が有名です。ココナツ材はポリネシアから熱帯アジアが原産で建材や家具材、工芸品など様々な用途に使われています。一見するとマホガニーに似ていますが...

グレナダはカリブ海にある立憲君主制国家です。18世紀の後半にイギリスの植民地になり、1974年に独立しています。イギリス連邦王国の一国でナツメグやシナモン、バナナなどの農産品でも有名です。グレナダの主な産業は観光で、美しいカリブ海のビーチには世界中から観光客が訪れます。珍しい海底美術館があり、ダイビングをしないと見ることができないのでテレビなど様々なメディアで紹介されています。グレナダの観光業は好...

ドイツは日本と同様に先進工業国でありながら、1980年代以降に木材生産量を増やして林業と木材関連産業が成長産業に位置づけられてます。ドイツの森林面積は約1100万ヘクタールで日本の人工林(植樹されて出来た森林)とほぼ同じでしたが、1990年代半ば以降は木材生産量は増加して、日本の人工林面積を上回って行きました。なぜ1990年代にドイツの木材生産量が増加したのかというと、この当時経済が急速にグローバ...

ガボンの木材市場の現況は良好です。ガボンは中部アフリカの共和制国家で産油国でもあります。アフリカ諸国の中では国民所得が高く、資源も豊富です。現在は石油に依存していますが、林業も有力な産業のひとつになっています。ガボンでは改革が続き、新しい森林法が発効されています。森林はガボンの経済的な発展にとって重要な柱のひとつです。森林開発と森林製品の輸出が進められ、政府は需要を満たす森林を組織化するシステムを...

現在のホンジュラスの森林伐採は、もっぱら価値の高い樹木を伐採することが多いため、国全体の森林の保全がアンバランスになっている傾向があります。このため、木材市場の現況は、ホンジュラスの国の法律に従って合法的に取引されている市場と、それ以外、つまり非合法的な取引が現実に存在することも確かです。このことから、ホンジュラスの木材市場は、過剰な森林伐採によって資源が枯渇する可能性があります。こうしたことを避...

ヨーロッパとアジアの境となるコーカサス地方にあるジョージアは、かつてグルジアと呼ばれていました。しかしロシア語由来のグルジアに対する反感は現地の人々の間で根強く、日本も2015年から正式に英語名であるジョージアを使用しています。今では日本国内でもグルジアと呼ばれる機会は少なくなり、国内でも英語名が一般にも浸透しています。ジョージアは旧ソ連時代から黒海観光やブドウを中心とした農業が主要な産業で、グル...

ガーンジーはイギリス海峡のチャンネル諸島に存在するイギリス統治配下の地域となっていますが、独立国の性質も持っておりイギリス女王配下の統治地域として独特の存在となっています。しかしその地域の特性から産業はあまり盛んではなく、観光収入が非常に重要な財源となっていることから農業生産や工業生産など様々な面において経済的な貢献をしていないと言う特徴を持つ地域です。木材市場の現況は現在のところ目立った産出量で...

チョコレートを生成するために必要不可欠なカカオが上質かつ多量に得る事ができるのがガーナであり、そのようにカカオの栽培に適している環境下であるからこそ、森林にて得られる木材の質も高くガーナの木材市場は年々需要の高まりを見せているのが現況です。かつては金が採取された事でその名を知らしめたガーナは現代ではすっかり木材市場の雄といった存在感を示しており、木材市場により国が成立しているという様子はガーナで取...

ジブラルタルでは木材の生産が盛んと言うイメージはあまりありませんが、実際には日本においても非常に重要な木材を生産しています。これはトネリコと日本で呼ばれている木材で、この地域の特産となっており、寒い地域に生息する非常に木目の詰まった頑丈な木材です。一般的には工芸品のほか野球のバットやその他の細く硬い柱等を作る際に使用されており、木目が美しいことと目が詰まっているため重く頑強なことが特徴となっていま...

グリーンランドは国土の大半が北極圏に属し、主要産業は鉱物資源と海産物によってまかなわれているため、林業は決して盛んな地域ではありません。気候が非常に寒い地域でもあるため、1部の地域を除いては木材に適した林が少なく、その木材市場の現況は国際的には目立ったものではないのが実態です。しかし古くから様々な日用品を製造する材料に自生する白樺やその他の樹木が利用されており、そりの材料や簡易的なログハウスの材料...

西アフリカにあるガンビアは、国名の由来ともなったガンビア川に面した国です。3方をセネガルに囲まれガンビア川の河口部分のみ大西洋に面した、アフリカ大陸で最も面積の小さな国になります。国土の大部分がサバンナ地帯で占めており、木材市場にとって重要な森林は河岸に若干ある程度です。9世紀頃の歴史に登場してからは様々な国に属したり植民地となり、1965年の独立後も一旦隣国のセネガルと連邦を組みましたが、現在は...

ギニア共和国はアフリカ大陸の西端に位置する共和制国家です。首都はコナクリであり、地方の行政は7つの州と33の県に区分されています。労働人口の80%以上が農業に従事しており、パイナップル・バナナ・ピーナッツ・コーヒーなどが主要な農作物です。近年ではボーキサイト・金・ダイヤモンドなどの鉱業にも力を入れており、特にボーキサイトの産出量はオーストラリアに次ぐ世界第2位となっています。さらに熱帯雨林に位置す...

グアドループはカリブ海に浮かぶ諸島で、フランスの海外県でフランスと密接な関係にあり、経済もフランスの配下にあります。国土の中には熱帯雨林が広がっており、周辺を海に囲まれているため非常に観光地としての魅力が高く、主要産業としてはバナナとさとうきびが主な生産品となっているのが特徴です。経済的にはフランスに非常に依存しており、経済を維持するための資金援助もフランスから受けていることから、観光地としての収...

ギリシャは古くからモミの木の栽培が盛んで、様々な用途に利用されており現在でもその生産量は世界でも有数の量となっています。日本人の多くはモミの木はクリスマスツリーなどの代表的な木材のイメージが強いのですが、世界的には非常に堅牢な木材で加工も容易なため、住宅を始め様々な建材に広く利用されており、ギリシャをはじめヨーロッパ地域での需要が非常に高いものがあることから重要な資源となっているのです。ギリシャは...

西アフリカにあるギニアビサウは、木材輸出が盛んな国です。カシューナッツや落花生などとともに、木材も世界中に輸出してきました。しかし木材市場の現況は、決して良いとは言えません。2012年4月のクーデター以降、ギニアビサウでは木材の輸出が急増しました。輸出が急増すれば木材市場の現況にも良い影響を与えると思いがちですが、実際は違法伐採が増えたからです。計画的に植林し伐採を行えば、木材市場にも良い影響を与...

ヨーロッパの各国は1990年代から森林管理と木材の利用に向けて積極的に取り組んでいます。ハンガリーの国土面積は日本の4分の1くらいで、ドナウ川が東西を分けるように流れます。主要の農畜産物では小麦や大麦、とうもろこしなどが有名です。ワインやパプリカ、フォアグラなどの特産品は日本でも人気があります。ハンガリーには王立の林業アカデミーがあり、林業に関連する教育にも力を入れています。様々な技術プログラムを...

グアテマラは中央アメリカの北部にある共和制国家で、メキシコを除くと中央アメリカで最も人口が多い国として知られています。北西の森林はグアテマラにとって重要な収入源で、商業的な木材セクターに資源を提供しています。グアテマラは内戦が続いたこともあり森林の破壊が問題となっていましたが、現在は森林経営が改善されつつあります。民間事業と地元のコミュニティによって大きな発展を遂げ、木材市場の現況は概ね良好です。...

グアムはアメリカ合衆国の準州で、アメリカ合衆国の大統領が国家元首になります。観光地として有名で、日本からも毎年多くの観光客が訪れます。観光はグアムの重要な産業のひとつですが、アメリカ本土よりも日本や韓国などアジアからの観光客が多いです。グアムはヤシ科樹木をはじめ逞しい木々が豊かに育つ場所でもあり、建築に使われる材料に向く材木の生息地もかなりの面積を占めています。木材市場の現況もよい状態を維持してい...

ガイアナは南アメリカの北東部にある共和制国家です。イギリス連邦加盟国で文化的にはカリブ海諸国に近いことで知られ、英語が公用語になっています。ガイアナは州が10あり県が27あります。4つの自然地域に分けられ、人口の大部分は沿岸低地の平地に住んでいます。主要産業は農業でラム酒や米、砂糖が有名です。豊かな木材資源も将来が期待されています。金も生産し、漁業ではエビなどの食材がヨーロッパに輸出されます。木材...

日本と船で輸出入しやすいという事情があることから、香港は日本と頻繁に木材の取引を行っています。木を切り倒しただけのいわゆる丸太だけでなく、加工された椅子などの家具も香港産のものが少なくないのです。逆に日本から香港へ木材そのものや工芸品、加工品を輸出して現地で販売することも多いことから、日本にとって極めて重要な取引先のひとつだと言えるでしょう。2018年度における香港の木材市場の現況としては、10年...

オーストラリアの南西、南極に近い場所にあるのがハード・マクドナルド諸島です。ハード・マクドナルド諸島はインド洋に浮かぶ無人島で、ハード島は荒涼とした大自然が残り、マクドナルド諸島も岩でできた小さな島々です。この島は1830年代から1854年の間にかけて発見され、当初はアザラシの脂を取るためにアメリカ人が住み着いていました。しかし1880年にはそれまで10万バレルも生産されたアザラシの脂も取られるこ...

日本は木造の建築物も多いですが、毎日使用する日用品でも木製のものは多いです。ですから木材というのは毎日の生活においても欠かせないものにもなっているでしょう。ですがこうした木材は日本国内では足りなくなっているということも多いです。日本国内の木材市場の需要と供給はあっていないということも多いので、足りない木材は海外に頼っているというのが現況です。ですからハイチから木材を輸入しているということもあるので...

コートジボワールの木材の面積は3割程度とされ、その大多数が自然の森林です。アフリカのエリアではフランスの影響もあって積極的に木材市場を開拓しており、また品質が良かったことから主要な産業品目の1つとして木材が使われてきました。ところが、伐採だけを行ってそれに代わるものを育ててこなかったために、それまで6割程度あるとされてきた木材の面積が3割程度まで大きく減ってしまったという状況を生み出しています。量...

熱帯地方特有の温暖な気候と多くの雨量により木材が太く大きく育ちやすいため、インドネシアは古くから木材市場が活気付いている国として世界的に認知されてきましたが、2018年の現況では昨今懸念材料と捉えられてきた事柄が顕著に表面化している様子が見て取れます。懸念材料として捉えられてきた事柄は大きく分けて2つあり、それは伐採という行為そのものと毎年発生してしまっている森林火災が挙げられます。そもそも、イン...

インドの木材市場の現況は急激な経済の活性化によって木材の価格の高騰が発生しています。今後もインドの人口の増加に伴って建築素材やものづくりとしての木材の利用が多くなっていくことが予想されるので、価格の高騰が考えられるでしょう。更に最近では工場や一般乗用車の排気ガスや光化学スモッグ等による影響で地方で酸性雨が多発しています。その結果、山に自生している樹木が枯れてしまう被害が発生しています。インドの木材...

マン島は、複数の国で統治権が移動する歴史を持った国でイングランド・アイルランドと違う独自の文化を持っています。1765年にイギリス王室が支配権を購入しイギリスの君主がマン島領主を世襲することになりました。このためイギリス連邦の一部ではなく、王室領の自治国でありイギリスの法律や税制は適用されていません。地方政府があり経済面では独自の通貨を発行して流通しているがポンドが普通に通用しており、軍事・外交は...

イラクに限らず、中東諸国全般に言えることは森というものがほとんどない点です。これは文明と大きな関係があります。紀元前まで遡ると、人間は長い間自然の奴隷だったという物語の一文が登場し、森という森を伐採し、それを燃料に使ったことでエネルギーを巡る争いが勃発しました。現在は石油で大きな騒動になることがありますが、紀元前の時には木材がその対象となったわけです。残されたのは荒んだ大地のみとなり、その後森を大...

イランの主要産業は原油や天然ガス、それに液化プロパンといったエネルギー資源です。各種エネルギーの埋蔵量が際立っていますから、各国共に輸入を行っている状況です。木材市場の方に目を向けてみると、特にこれといったニュースはなく、現況はとても落ち着いているといえます。イランは砂漠と森林で構成されている土地なので、木材自体は充実していますが、積極的に輸出を行っているという話はないです。逆に、木製合板や家具な...

アイスランドは氷と火の国として知られています。1年を通して気温の変化は少なく、雨や曇りの日が多いです。風が強く、北部にいくとより厳しい気候になります。5月から9月くらいまでの平均気温が11度から12度程度で、天気がよい日でも20度くらいまでです。10月から4月までの平均気温は0度からマイナス5度と寒くなり防寒対策が必要になります。氷河と火山がアイスランドの大きな特徴で、何度も発生した火山活動によっ...

アンティークなど木材家具などで有名なイタリアは、森林資源の乏しい国です。そのためイタリア国内における木材市場の現況は、海外からの輸入に頼っています。イタリア国内で使われる木材は、ヨーロッパやアジアなど世界各地から輸入され、家具や住宅の建築など様々な用途で使われています。しかし現在のように森林資源が乏しいのは、昔からではありません。かつては森林が同国内には広がり、林業も隆盛を極めていました。現在のよ...

ジャージーは、イギリス海峡のチャンネル諸島に属するジャージー島やマンキエ島などで構成されているイギリス王室の属領です。イギリス議会の支配を受けず独自の議会と政府を持ち高度の自治領を保っています。イギリスの法律や税制no影響下になく、欧州連合にも加盟していないので独自の貿易を展開できる強みを持っています。木材市場においても現況は、欧州連合とは関係せず貿易にあたっては自由貿易の恩恵を受けています。ジャ...

ジャマイカでは森林破壊が進んでおり、木材市場や木材の輸出に影響を与えています。その為、現況ではジャマイカ産の木材の入手に制限が掛かり、ハードルが高くなっているといえるでしょう。ジャマイカは木材の種類が豊富で、希少なマホガニーなどでも有名ですが、現在の木材市場や現況を考慮すると入手は困難です。他の高級木材も同様ですから、希少な木が流通する市場ではあるものの、日本にまで流通してこないのが現況です。ジャ...

エメラルドの島と称されるアイルランドは、年間を通じて緑の美しい国です。この島は、南側の島の約6分の5がアイルランド共和国、そして残りが英国領北アイルランドとなっていて、温暖なメキシコ湾流と大西洋からの偏西風の影響で、安定型の西岸海洋性気候の特徴があります。夏は涼しく冬はそれほど寒くはならず、地域による気候の差もほとんどありません。アイルランドの森林は現在、およそ60万ヘクタールといわれ、アイルラン...

イスラエルは国土の約6割を砂漠が占めている国で、1年間に50日ほどしか降雨がないといった特徴がある国です。この国では国土のほとんどが砂漠や半砂漠となっており、降雨量も少ないという特徴があります。また、南部にあるネゲブ砂漠は国土のかなりの割合を占め、乾燥して切り立った山々が存在するという地理的な特徴もあります。しかし、この国は農業的には食糧のほとんどが自給されているということや農産物輸出なども行われ...

日本国内では、様々な場面で木材が利用されています。生活をするうえでは木材がなければ成り立たないといっても言い過ぎではりません。例えば、日本の住宅などは鉄筋コンクリートの場合を除きほぼ木材が利用されているといっても過言ではないでしょう。このような状況をかんがみると、日本全体でどのような木材市場になっているかその現況理解しておくことが必要なります。まず、日本の木材自給率ですが、世界的にも低いことで知ら...

近年では、世界中で木材の取引が活発に行われています。特にアジアでは、一面に広がる森林の樹木を大量に伐採することによって、国の大きな収入源となっているのです。さまざまな国々の中でも急速に発展しているのが、ヨルダンです。ヨルダンは、政治的に不安定な状態の地域に囲まれていますので、スムーズに財源を確保することができる手段として浸透しているといえます。ヨルダンの木材市場は年々高い評価を集めているのです。種...

ケニアは地平線まで見通す事が可能な広大な砂漠と突出した乾燥気候が特徴的ですが、そうしたケニアならではの土壌と気候が影響し世界的に見ても芳しくない現況になっているのが木材市場です。ケニアは国土の80%が乾燥地帯もしくは半乾燥地帯であり、国土自体は決して狭くないのにも関わらず森林が占める面積の割合はわずか1.7%しかありません。当然、あらゆる物事で木材を使用しなければならないのはケニアであっても例外で...

キルギス共和国は中央アジアにある共和制の国です。国土全体の4割が標高3000m以上の山で、中国との国境には天山山脈があります。キルギスには7つの州と特別市があり、州は複数の地方に分かれています。自治体は集落から構成されます。キルギスの産業は農業や牧畜、鉱業が中心です。農業では綿花とタバコが有名で、世界屈指の金鉱山があるため金の採掘でも知られます。水銀も世界上位の産出量を誇ります。旧ソ連時代に非効率...

ペルシャ湾にあるアラブの国の中でも古代にまでさかのぼる文化遺産を有していることから、かつては観光客が非常に多かった中東国がクウェートです。現在ではテロを初めとした治安面での危険性があることから渡航には十分な注意が必要だと言われておりますが、東日本大震災の際には原油を大量に援助してくれるなど日本とクウェートとの関係は険悪というわけではありません。特別に強力な友好国というわけではない反面、必要なときに...

ヨーロッパのバルカン半島中部の内陸に位置するコソボは、長く続いた紛争などで旧ユーゴスラビア諸国の中でも最も開発が遅れた地域であり、未だ隣国セルビアなどからの援助に依存しているため自律的な経済構造を有していません。現在の主要産業は小規模農業と観光業ですが、今後の経済発展のポイントとなるのが木材と言われています。山岳地帯には多くの森林がありますが、現時点では交通機関が整備されておらず道路は舗装されてい...

レバノン共和国は、西アジアと中東に位置する共和国国家で、北から東にかけてシリアと南にはイスラエルと隣接し、西は地中海に面してます。レバノンは内戦が続くシリアと東岸に接しているだけあって、危険地帯として国連の治安維持軍が駐留していて、シリアから越境してきた難民が増加して難民キャンプが多数あります。現在は非常に治安の悪いレバノンですが、古くから立派な杉の大木が自生していて、杉の生産国として有名でした。...

オーストリアとスイスに囲まれたリヒテンシュタインは、日本の小豆島とほぼ同じ大きさの小国です。世界で6番目に小さいリヒテンシュタインは、非武装中立政策の国で、スイスが防衛を担当しています。公用語はドイツ語で、住民の大半はドイツ系です。リヒテンシュタインはタックスヘイブンで有名で、法人企業が多く法人税が税収の約4割を占めています。国民には所得税や相続税、贈与税などの直接税がかからず、平均年収が1000...

リベリアは豊富な森林資源があり、木材に関してもリベリアの産業を支える存在になる一方で、内戦が発生していることでこの資源に重大なダメージがかかっていることが指摘されています。リベリアの場合はそのほとんど自然林であり、国土のほとんどは森林というところです。ところが、確実に保護されているエリアはほんの一部とされており、その大部分は保護されておらず秘密裏に木材が輸出されているような状態にあります。木材市場...

アフリカ南部にあるレソト王国は、雄大な自然と美しい景観が非常に魅力的な国です。大量に生えている木々を伐採して他国に輸出を行うことによって、国際的な価値を急速に高めているのです。レソトが出荷している商品は、世界中の木材市場で大きな注目を集めています。その現況としては、年々品質の高い木材をレソトで伐採できますので非常に興味深い取引となっているのです。また、レソトの人々は勤勉で真面目ですので、森林での作...

ボネール島はオランダ領になる島で、美しい自然環境などで知られています。カリブ海にある島の中でも、周囲を取り囲むように群生しているサンゴ礁が有名です。サンゴ礁と美しい海があるため、スキューバダイビングなどを目的に多くの観光客が訪れる場所になります。島全体は比較的平坦で、多くのフラミンゴなどを見ることも可能です。美しい海にかもまれている島ですが、年間を通して降雨量が少ないのが現況になります。降雨量が少...

バハマはカリブ海にある島国で、美しい自然環境があることで知られています。美しい観光資源の多い国になるため、リゾート施設が整えられていることでも有名です。リゾート地では、この場所に魅力を感じた外国人の別荘なども多く建てられています。高級別荘地としても知られているため、豪華な住宅を建築するために多くの木材を使うのがバハマの現況です。別荘や住宅などの材料に使うことが多いため、木材市場の現況は好調だと言う...

国民の幸福度を示す数値では上位にあるブータンですが、世界幸福度ランキングでは異なります。従来はブータンの経済といえば農業や畜産、林業に特に依存していました。その点は劇的な変化はないものの、国民意識が幸せに感じるかどうかの主観ではなく世界幸福度にみるような経済や権利、文化などで測る国の発展へ移りつつあります。ブータンは国土に占める森林の割合が約70%あり世界の10位〜20位の範囲にあります。それだけ...

バミューダ諸島はおよそ53.2kuの国土面積を持つ小さな島が集まって形成される国です。イギリスの海外領土になっていますが、金融や観光が盛んな国で政治的にも経済的にも自立をした権利を有しています。一人あたりのGDPも高くタックス・ヘイヴン「租税回避地」が基本になってるセレブが訪れる観光地としても有名な国です。バミューダ諸島にはピンク色に輝く砂浜などがあり観光で訪れる人を魅了する雰囲気も持っています。...

西アフリカにあるベナンは、国旗が示しているように豊かな森林とサバンナのある国になります。日本の国土の約30%ほどの広さの国で。農業などが大変盛んです。ベナン湾は熱帯雨林気候に属するため、一年を通して高温多湿になります。ヤシの木などが生い茂るのが特徴で、ココナッツなどを輸出する国としても有名です。熱帯雨林気候のベナン湾とは違い、国土の北部の地域ではサバンナ気候に属しています。降雨量が少ないサバンナ気...

バルバドスとはカリブ海の西インド諸島内の小アンティル諸島東端に位置する島国で、英連邦王国の一国たる立憲君主制国家といった側面を持っていることで知られています。主要先進国や日本の近隣国に比べて特別に日本と物資や食料品の輸出入などの貿易が盛んなわけではありませんが、質の高い木材を海外に対して頻繁に輸出している国でもあるために日本もバルバドスからよく木材を仕入れております。またサトウキビの栽培も活発な国...

昨今は世界的に見ても、かつてのように著しい経済成長に伴い大規模な面積にわたって森林が伐採され続けるという事態が見られなくなっており、自然が守られるようになった反面国益が減少傾向にあるというジレンマに悩まされている国が多いです。一方、バングラデシュは木々を伐採し国外に輸出しているのにも関わらず、自然環境が守られ国益も確保されているという恩恵に授かれているのが現況です。その理由はバングラデシュで得る事...

西アフリカに位置するブルキナファソの国名は「高潔な人々の国」という意味を持っています。ブルキナファソはサハラ砂漠の南にあり6ヵ国の国と国境を接する国で内陸国でもあります。60以上の部族で構成されている国民の宗教も「伝統的宗教」「イスラム教」「キリスト教」と様々です。公用語はフランス語になりますが、モシ語やディウラ語、グルマンテェ語など多義にわたります。ブルキナファソは世界から見ても貧しい国の一つで...

EU加盟国の中でもとくに良質な木材が産出されていることで有名なのがブルガリアです。日本にもブルガリアからは頻繁に上質な木材が輸入されており、住宅用資材や家具の材料だけでなく弦楽器の製作にも活用されていることで知られています。ブルガリア自体が弦楽器製作の面で強い国になっているため、ヴァイオリンなどの素材として最適だと日本の職人も捉えているからです。木材以外で言えば紙や石炭、鉄製品などを日本に届け入れ...

ブルネイは東南アジアに位置する国で、豊かで美しい自然環境が国土に広がっています。国土の面積はそれほど広くはなく、日本国内で比較すると三重県と同じ位の大きさです。それほど広くない国土ですが、豊かな天然資源のある国としても有名な国になります。石油や天然ガスなどと共に、多くなっているのが木材など森林資源です。森林の占める面積はとても広く、国土全体の約50%以上も占めています。豊かな森林資源が国土全体に広...

森林の面積が広く自然が多いブラジルの木材市場は世界的に見ても安定的に推移しており、住宅などに用いる木材はもちろんパネルや紙製品を製造する際に使用する木材パレットといった加工品も順調な結果です。また、統計情報ではパルプにおける輸出量が半年間で12.8%分も増加し510万トンにのぼっていますし、同時期にはパネルの分野にて21.8%分の伸び率を見せています。さらに、紙についても1.9%分が増加し95万ト...

ブルンジは天然資源の乏しい国として知られており、内戦などのためさらに深いダメージになっています。独立戦争のために始まった内戦は、もともと資源が乏しく貧しかったブルンジの経済を押し下げてしまいました。深刻化した貧しい経済を支えるため、各国からの援助活動が行われているのがブルンジにおける2018年の現況です。労働人口の中の約90%ほどは農業に従事していましたが、長く続いた先頭により農地が破壊されてしま...

スペインとフランスに挟まれたピレネー山脈の山間に存在するアンドラ公国は、日本の金沢市ほどの国土面積を有する小さな国です。最近独立国として認められたこともあり、「アンドラ公国」の名を知る人は多くはないでしょう。スペインとフランスの国境という立地から長い間二つの大国の間で揺れ動いていた経緯もあり、公国として認められた後も両国の領有権争いは続いていたのです。1993年に両国の承認を得て正式な国に成立し国...

木材は家の建築や燃やすことによるエネルギー源など様々な用途に使われるため、石油が中心となっている今日においても重要な資源であることに変わりないです。そんな木材ですが、大切な資源と分かっていても世界各国の木材市場の現状はあまり芳しくはない状態になっています。その理由は様々な要因があるのですが、その中でもアフガニスタンに限っては人間による影響が大きいといえるのです。アフガニスタンは中央アジアに位置する...

アングィラは「アンギラ」とも呼ばれ、あまり日本では馴染みのない地域です。位置しているのはアメリカ南部、カリブ海であり、「アンギラ=うなぎ」という名前の通り細長くウナギのような形をした島に存在します。正式な国ではなくイギリス領であり、公用語は英語となっている地域です。そんなアングィラの産業の柱は観光業であり、美しいカリブ海の景色を見たがる欧米の観光客を中心に人気となっています。また、金融業も盛んであ...

アンティグア・バーブーダはカリブ海浮かぶ英国領の島国で、美しい海とカラフルな屋根の街並みが特徴的なリゾートアイランドです。そのためアンティグア・バーブーダの主要な産業は国際空港や港から来る欧米各国の観光客によるリゾート産業で、林業どころか農業もあまり発達してないです。それでも少数ですが林業従事者がいて、国土の大半を占める南国の熱帯雨林を伐採して、リゾートコテージやバーベキューで使用する木炭の製造が...

アルバニア共和国、通称アルバニアは東ヨーロッパのバルカン半島の南西部にある人口2857万人余の共和制国家です。宗教の信者数はイスラム教徒が多い国になります。国土は、最大で南北が約340q・東西が約150qという海岸部の平野を除いて山間地が多く国土の約40%が森林でブナや松などの木材が豊富にあります。隣国のモンテネグロとの国境に地帯にアルプス山系の2000m級の山脈が連なっていることから建築資材の輸...

アルメニアは世界最古と言われている文明が発祥した場所として有名で、人々から信仰を集めている教会などは木材を使用して建築されています。教会以外にも多くの建物は木造建築のため、人々は古くから木材に慣れ親しんでいるのがアルメニアの特徴です。旧ソ連から独立した国の一つで、国土は日本の13分の1ほどの広さに約300万人が生活しています。国土の大部分は山岳地帯となるため、木材を生活に利用することが多いのがアル...

アメリカ領サモアは南太平洋のポリネシア地方にあるアメリカ合衆国の自治領で、アメリカ合衆国の準州になっています。このエリアはサモア独立国の南東に位置し、アメリカンサモアや東サモアとも呼ばれています。アメリカ領サモアは主都のパゴ・パゴが位置するトゥトゥイラ島と他の六つの小島からなり、淡路島の約3分の1ほどの面積をもっています。そして、どの島も中央部には高い山があり、平地の部分は少ない問う特徴があります...

アルゼンチン共和国の首都ブエノスアイレス州の行政機関を中心にして、毎年大規模な植林適地調査を行って、近年では植林事業や木材市場などの林業部門に対して外国企業の積極的な投資を国をあげてPRしてます。この背景には南米の経済圏の確立と発展のために積極的な貿易を必要としている時代の潮流があるからです。日本との関係では1998年に修好100周年を迎えており、日本の林産物の輸出の大半が南米の別の国に偏っている...

オーストラリアは自然が溢れているというイメージが強く持たれているため、森林の敷地面積が広く必然的に木々の本数も多くて伐採される数や出荷量も多いと考えられる機会が多いのですが、現状は大きく異なります。その理由はオーストラリアにおける森林の面積が影響しており、広大な森林に恵まれていると思い込まれている面積は5%しかないのが現状です。しかも、5%しか存在していないのにも関わらず、その大半が亜熱帯や熱帯と...

中央ヨーロッパの南部にあるオーストリアは国土の5割弱が森林です。森林の面積が広く木材以外の燃料資源がないことと高い技術力を持っていることは日本と共通しています。オーストリアは森林全体の約6割が針葉樹で生産性が高いです。木材の生産に利用できる森林が8割以上あります。オーストリアの森林関連法では1975年に森林の保護などを軸とした森林法が制定されています。2002年に改正が行われ森林の多面的機能に注目...

ベルギーの国土に対する森林面積は、全体の約23%ほどの広さになります。全体的に平坦な地形で、開発が進んでいるのがベルギーの現況です。開発が進み人口が増加している都市部でも、近くに公園などがあるため緑は比較的多くなります。都市部には公園などがあるため緑はありますが、人口が増加している地域と隣接している場所は森林などがほとんどない状態です。開発が進み緑が少なくなった都市部とは違い、山岳地帯には森林資源...

木材は住宅の建設材料になるだけでなく、いざという時の可燃材料にも使用できるので石油主流になっている今日においても世界各国にとって大切な資源です。ただそんな大切な資源である木材市場も閑散とする事態になっており、特に原因として多いのが人災による被害になります。その代表例の国として挙げられるのが中央ヨーロッパの一国であるボスニア・ヘルツェゴビナの現況です。ボスニア・ヘルツェゴビナは中央ヨーロッパにある国...

アルバは、西インド諸島の南端部、南米ベネズエラの北西沖に浮かんでいる面積193キロ平方メートルの島です。2世紀近くオランダの植民地支配下にあり第2次世界大戦後オランダ領の自治区として分離し統治下におかれています。島の大半は砂漠化しており、降水量が少なくサボテンが生えているのです。所得税が最大58.9%というインフラ整備と高い教育水準で世界でも裕福な国として知られています。観光や石油精製や木材市場の...

オーランド諸島は、バルト海の入り口に位置するいくつかの島からなる領域です。フィンランドとロシアの間で何度か奪い合いがあったエリアであり、現在ではフィンランド自治領となっています。そんなオーランド諸島ですが、北緯が高い割には温暖湿潤な気候であり、樹木の栽培には適しているため、山林には多くの木が自生しているところです。ところが冬になると、本国フィンランドやスウェーデンと同じくらい寒冷な気候になりますの...

旧ソ連から独立したアゼルバイジャンは、カスピ海に面している国の一つです。国土の大きさは、日本の北海道と同程度の広さになります。石油などの自然資源や農業が盛んな国で、アゼルバイジャンの国旗はカフカス山脈などにある森林を表現しているのが特徴です。カフカス山脈を中心として森林が広まり、林業などの木材市場が盛んになっている国になります。コーカサス山脈や中央平原をなどから国土が形成されており、半分以上を山岳...

アルジェリアと言えばアフリカにあることは想像できますが、アフリカ大陸のどの位置でしょうか。それは、大陸の北西部に位置しています。それではどのような国家かと言うと、アフリカ大陸で最大の面積を誇りその大きさは日本の6.4倍で、人口は4000万人と日本の1/3で人口密度は実に1/20となります。しかし、国土の8割以上がサハラ砂漠で、現在の技術では人が居住し、作物を栽培することができない場所が多く広がって...

日本から遙か遠く離れた地球の裏側に位置するボリビアは、他の南米の国々と同様にスペインの植民地だった過去を持つ国です。公用語はスペイン語ですが、インカ帝国から伝わる少数言語であるケチュア語やアイマラ語、グアラニー語を話す人など様々です。日本から遠く離れていることもあり日本とは馴染みのない国と思われますが、南米のボリビアには日本とゆかりが深い場所があり日本語しか話せない人も実は多いのです。ボリビアには...

南アフリカとナミビア、ジンバブエなどに囲まれたボツワナは人口200万人の小さな国です。国民の9割はツワナ人で、ボツワナは「ツワナ人の国」という意味を持っています。ジンバブエなどに観光で訪れる人は、ボツワナのチョベ国立公園にも足を運んでいます。小さな国「ボツワナ」に、多くの観光客が訪れるのには理由があるのです。出入国が混んでいなければジンバブエから一時間ほどの距離にあるチョベ国立公園は、国境を越える...

バーレーンは約30ほどの島から形成されており、ペルシャ湾にある国です。石油産油国として有名な国で、多くの国々に原油を輸出しています。国土のほとんどが砂漠地帯となっているため、森林資源は他の国々と比較して小さくなっていいるのが現況です、砂漠地帯以外の国土も、石灰岩などに覆われている面積が多くなります。森林資源に乏しいため、木材市場の現況は2018年においても輸入が中心です。家などの骨格は木材を利用す...

アメリカでの林業の歴史は、1800年代から始まります。日本の明治時代の時期におけるアメリカ国内の林業は、現在のような状況にはなっていませんでした。林業の形を整えるための模索する時期に当たり、日本と同様にドイツなどのヨーロッパより技術や知識などを導入し始めています。日本では木材の生産技術を導入するために海外がら多くのことを学んでましたが、アメリカでの目的はこれとは大きく異なるのが特徴です。アメリカが...

みなさんは中国の建物をイメージするときコンクリート製のレンガ造りのものをイメージするのではないでしょうか。そのイメージ通り日本の主流である「木造建築」は中国にはあまりなく、コンクリート製のものが現在でも主流です。その最大の理由は、中国の空気の悪さが原因と言われています。空気が悪く自然環境の状態が決して良くない中国では大量の木材の入手が困難だったためです。更に、人口が密集しているため、防火性の高いコ...

林業は森林を育成し維持しながら、木材を切り出し、これを経済的に利用する産業を意味しています。狭義では、木の育成から立ち木の販売までを林業とする場合と製材業や木材を原材料とする様々な諸工業を含めて林業とする場合もあります。森林面積では国土が広い国が上位になりますが、国土が狭い我が国日本は森林率では世界第2位になっています。国土の森林面積が広い国として上げられるのは、ロシア、ブラジル、カナダ、アメリカ...

韓国では1960年代ごろまでは木造の住宅生産が主流でしたが、1970年代以降は都市地域の地価の高騰による住宅難を解消するために、高層のマンションやアパートなどの集合住宅が広く供給されるようになります。元々韓国は住宅用木材の国内自給率が低く、その大部分を海外からの輸入に頼っている背景があるため、木材は住宅の内装材や家具に使用されるケースが高い傾向にありました。しかし、韓国も日本と同様に少子化・小世帯...

台湾の林業といえば、非常に日本とにている部分が多く国土の三分の二が山林で覆われています。しかし、台湾の林業はこうしてたくさんあるのにも関わらず国民の関心が低くあまり現状を知られていません。主に、台湾の林業ではパルプが使われており伐採制限はないものの他の樹種はあまり使用されていません。これは、さまざまな制限があることから木材の利用が少ないと言えるのです。また、台湾では建物自体に木材が使用されているこ...

韓国では高層住宅の建築ラッシュが続いているため、内装材としての木材の需要は上昇傾向にあります。木造建築物の着工数も2007年には年間6000棟程度であったものが、2017年には15000棟を超えるまで増加しており、木材市場は活性化の一途を辿っています。しかし、木材の需要が急激に増加しているものの自給率が低く、2017年においても20パーセント前後しかありません。このため、韓国の木材市場ではその大部...

日本からの外国向けの木材などの輸出量は、約100億円程度の幅で動いていました。約100億円で推移していた数値が増え始めたのは翌年の2013年からのことで、中国や韓国向けの輸出量が急激の増加したことが原因です。2014年以降も輸出量が増え続け、2015年には2012年の約1.3倍となる229億円以上の金額になったのが大きな特徴と言うことができます。数値が増えたのは中国や韓国だけではなく、台湾向けの木...

日本国内では木材価格の低迷が原因となり、木を切っても赤字になると言われ続けていたことから、国内の林業は厳しい状況が続いてきました。しかし、近年になって韓国内での日本の木材を使った伝統家屋の建設がピークになっていることから、日本国内の木材需要が高くなってきている特徴があります。日本国内での木材の生産量は、昭和30年代をピークにして約4分の1にまで生産量が低下していたのですが、近年では徐々に回復の兆し...

韓国の統計庁によれば、韓国内の林業人口の推移は、第二次大戦後の就業率は高く総就業者に占める割合の60%以上を維持してきましたが、次第に下落していき現在では5%程度に落ち着いているとみられています。統計庁では農林水産業で水産と農業林業を一緒にして統計推計を出します。現在働いている人の数は25000人前後であると推計がたてられています。日本の林業人口は総務省統計局によれば48000人前後とされています...

大きくて太い木々を得る事ができるのはアメリカですが、非常に繊細な木材が得られるのはアジア圏であり、中でも近年韓国で得られる木材は世界でも突出して高い品質だとして人気です。ただし、林業について精通している方こそ韓国と林業は最も結びつきが低く感じられてしまいますが、その理由はかねてより韓国はありとあらゆる山々の木々が伐採されてしまい、品質に関係なくそもそも木を得る事ができない状態が継続していたためです...

国内需要はもとより国外への輸出についても高かった台湾の好調な木材市場に陰りが見え始めたのは2015年の事で、翌年の2016年からは毎年過去最低を更新し続けており、現状も事態が好転するような兆しが見つけられていないのが実情です。このように台湾が過去に例を見ない程木材市場で苦戦を強いられている原因は主に3つあり、それは台湾国内にて低迷し続ける建築の現場と人口減少に伴う住宅の取引数の減少、政権交代による...

日本の林業にとって韓国との木材貿易は以前から重要な位置を占めていましたが、近年の韓国国内における木造住宅の需要の高まりからより質の高い建築資材を求めて日本産の木材に注目が集まり、日本からの輸出は今後ますます拡大する傾向にあります。2018年2月には韓国最大の住宅資材展示会であるKOREA BUILD 2018が開催されましたが、日本貿易振興機構ジェトロが取りまとめを担当していた日本企業のために用意...

台湾の林業人口は日本と同じように年々減少傾向で推移しているところが特徴的です。特に最近では、森林の減少が問題になっており、植林を中心に活動しているのです。また、若者の林業に関する関心も低下しているところも注意しなければなりません。台湾の若者のほとんどは、林業のようなブルーカラーの仕事を好まず、オフィスでデスクワークなどの事務作業を希望している傾向にあり、林業人口は減少しています。これらの問題を解決...

台湾との木材貿易は増加傾向にあり、日本からは材木が輸出されて台湾での木造建築に使用されるというような事も起きていますが、注意点としては今後の成長性という事を考えておくことと、中国との関係性も考えておく必要があるでしょう。台湾は日本に対して有効的なので貿易をする時にもある程度の信頼関係を築きやすいという事がありますが、人口が二千三百万人と日本と比較して規模が小さいという事があります。そして何よりも世...

日本は四季がはっきりとしている上に雨量も申し分ないという理由から世界的に見ても木材の品質が高いと評価されていますが、同様に木材市場において高い評価を得ているのが台湾が出荷する木材です。そうした台湾を取り巻く木材市場というのは昨今以前に比べて変化が起こっており、特に顕著なのは台湾の国内における取り扱われ方に関してです。台湾では以前から現在と変わらぬ良質な木材が出荷されていたのですが国内需要はあまり高...

韓国の木材市場の特徴は、経済状況が上昇してきた1990年代以降需要が高まり続けています。木材市場が上昇している理由は、木造住宅の建設が増えたことやリフォームなどで内装の材料に選ばれることが多くなっているためです。韓国国内の木材自給率は、戦争の影響のため大変低いことも大きな特徴になります。韓国政府は木材の自給率を上昇させるため、住宅などの材料に使うことを目標として取り組みを開始しています。戦争後にお...

日本から台湾向けの木材輸出量は、2013年頃まではあまり多いとは言えませんでした。木材輸出量が増え始めてきたのは2013年頃からで、中国や韓国と同様に前年度よりも増加しています。木材需要が台湾国内で急増した理由は、木造建築数が増えてきているためです。木材輸出量は2013年以降も増え続けていき、2015年には約21億円という数値まで達成することができています。2012年の木材輸出量は約10億円程度で...

日本人はもちろん、世界各国の人々がアメリカに対して抱いているのはダイナミックな機器や車両を使用し、ダイナミックに広範囲の森林を相手に多くの木々を採取していくという林業の方法ですが、そのような様相はアメリカが歩んできている時代により一貫しているわけではありません。まず、現状で言えば今日行われているアメリカの林業は本国が昔から得意としている方法に戻ってきているのですが、今の様子に戻ってからはまだ日が浅...

モルディブという国はインド洋に浮かぶ島国であり、スリランカやインドといった国が近いことで知られています。近年、観光に力を入れ観光立国でその長世界的に知られるようになりました。美しい海と豊かな自然で有名な国で、世界各国から美しいビーチを目当てに下行脚が訪れる国であります。農業の盛んな国であり、国土の役40%が農耕地になっていることから、農業が盛んであることが伺えるのです。モルディブの木材市場の現況で...

豊富な森林資源を有する東南アジアのマレーシアは、木材市場の現況も活発です。近年の木材市場は上昇を続けており、その健康は現在も続いています。マレーシア国内で伐採された木材は世界中に輸出され、日本にもマレーシア産の木材は輸入されています。しかしマレーシアにあるサバ州では、一時的に一部原木の輸出禁止が打ち出されました。サバ州政府が一部の原木輸出に禁止令を出したのは、サラワク州で木材の伐採許可量が削減され...

オランダは各家庭の窓枠などが木製だったり、建築や様々なところで木材を使う国です。木材市場も活発な印象を持っている方も少なくありませんが、今後は縮小していく可能性も考えられます。というのも、オランダは非常に環境問題に敏感な国で、他国に対しても自然保護について訴えているほどです。森を伐採するということは、自然保護に相反することもあり力を入れていくとは考えにくいです。例えば、オランダ領であるキャラソー島...

「ニュージーランド」の木材市場の現況に目を向けてみるとその長年にわたって維持を続けている高い安定性に驚きを覚える方も多いことでしょう。特に「ニュージーランド」は、アジア向けの主要丸太輸出国としての存在感の高さもみなさんもご存知のところだと思います。一方で当然ながら国内製造業におけるその需要も他国に比べると高いものである傾向にあります。そして輸出そして国内消費はそれぞれ需要状況や相場に連動してその価...

日本の住宅産業は、今や全盛期と言っても過言ではなく驚異的なスピードで新しい建築物が日々作られてます。しかし建物を作るためには、大元ともなる木材が必要不可欠となり、現在ではフィリピンから木材を輸入している会社も世界には多数見受けられているのです。日本のある工務店では、フィリピンからの輸入にみでまかなっているような会社もある程なのです。そこでフィリピンの木材市場の現況を見ていきたいと思います。まず結論...

スリランカは国土の大半を森で覆われていることから、林業が盛んな国で知られています。近くにはインドという経済大国が有り、度々脅威に脅かされているものの、独自ルートの開発によって安定的に木材の供給を行うことに成功していると言われています。木材市場の現況では、安定的な供給を目指して複数の史上にアプローチを掛けるなどして積極的な販路の拡大を実施しているのです。最近では、中国がスリランカにアプローチを掛けて...

スウェーデンは、日本と同じく国土の3分の2が森林の国です。古くから木材市場が同国の経済を支えており、現在も重要な資源として位置づけられています。しかしスウェーデンの森林面積は、一時期大幅に落ち込みました。ですが1本切ったら2本植える考え方を徹底し、また積極的な植林を続けたことから現在では、1920年代半ばから森林面積は75%も増加しています。現在の森林面積は約32億立方メートルとされ、北欧なので8...

台湾ではスギ、ヒノキといった樹種が主力となっていますが、1990年代から天然林の伐採が禁止されていることもあって、木材市場とも密接なつながりを有する木材加工などの関連産業が衰退しつつある様相を呈しています。台湾の木材市場は内需よりも外需に多くを依存する状況で、安価な合板などの生産で知られますが、国内の製材業者で実際に操業しているのは400社ないし500社程度の水準にとどまります。しかもそのほとんど...

アメリカの木材市場の現況は2018年と大きく変わることはないでしょう。アメリカは広大な土地をいかしてたくさんの木材を確保していますが、輸入に頼る一面もあります。アメリカが生み出したツーバイフォーによって安くて使い勝手が良い木材は増えましたが、その分たくさん木を植えています。その木が育って木材として使うことが出来るのは20年以上先のことです。アメリカも木材市場も新たな国からの輸入も考えているのが事実...

ウルグアイの輸出品目の特徴は、毎年少しずつ木材の数量が増えていることです。農産物などの数量に大きな変化が見られない分、輸出量が増えている木材市場の動きはウルグアイの経済状況にも大きな影響を与えています。ウルグアイの経済に大きな影響を持ち始めている木材市場の現況は、数値の伸びと同様に好調ということができる状態です。木材の輸出量を増やしていくためには、国による適切な自然環境の保護などが必要不可欠になり...

米領バージン諸島は西インド洋のバージン諸島の西側をさし、非常に漁業やさとうきびなどの農業が盛んな地域となっています。東側はイギリス領となっており、その境界で様々な制度の違いからたびたびトラブルが発生することも少なくありませんが、その他の部分に関しては協力体制も充実しており、諸島と言う少ない様々な資源の中で人々が円満に生活をしている非常に珍しい地域となっています。観光名所としても世界的に有名な地域と...

バチカン市はイタリアの中にある世界最小の国です。イタリアのローマ市内にある世界最小の主権国家として知られており、人口は800人もいません。面積はわずか0.44?しかなく、東京ドームが数個入るくらいの面積であり皇居の半分以下の面積となります。ただ、そこは国がまるごと世界遺産となっているところでもあります。数々の芸術作品がバチカン博物館で展示されており、様々な名画を眺めることができることから観光客には...

西サハラはアフリカ大陸の北西部に位置し、国土のほとんどが砂漠であるため、1部の地域を除いてはほとんどの作業が行えない状態となっていますが、その中でも1部の山間部と海に面した部分では農業や漁業が行われている地域となっています。基本的には周辺の諸国からの様々な物資の輸入に頼っている面が多く、国内で自給できる産業が非常に少ない点も特徴となっていますが、国土のほとんどがサハラ砂漠と呼ばれる砂漠地帯になって...

モーリシャスはアフリカにある国であり、イギリス連邦の加盟国となっています。首都はポートルイスです。インド洋のマスカレン諸島に位置しており、インド系の住民などの方が多く住んでおられます。モーリシャスの国土面積は2,040平方キロメートルとなっており、島国としてはそこまで小さくありません。ただし、複数の島々で構成されているので木材を輸送する際には船などを使用するケースが多いです。気候は熱帯となっていて...

マラウイ共和国はアフリカ大陸南東部にあります。かつてはイギリス保護領ニヤサランドと呼ばれておりましたが、1964年にイギリス連邦内の英連邦王国の形で独立を果たしました、そして国際連合にも加盟したのです。マラウイ湖の西に位置する内陸国であって、南北に細長く伸びた形状の国となっています。国土の大半は高原上にあって、その中でもマラウイ湖の占める面積が非常に大きいのです。マラウイの歴史を語るときに忘れては...

メキシコは古くから世界的に見ても珍しい住民林業という形態で林業が行われてきている歴史があり、現況でも形態に大きな変化はなく変わらぬ形態で世界の木材市場をリードしています。住民林業という形態の特性上、メキシコ国内に存在している国有林は5割を超える割合で地域住民により管理が続けられており、常に300もしくは500程度の団体によって自身の森林の木々の伐採が合法的に進められています。つまり、現況においても...

2019年はモザンビークの木材に注目が集まり、輸出数が増えることが予想されます。大自然の手付かずの木材がたくさんあるので、今後は外資系企業が進出して輸出のための準備が進んでいくことでしょう。木材市場の現況としてはまだまだで、2020年以降は市場拡大していくことが予想されています。モザンビークは日本人には馴染みがない国で、日本からの観光客も少ないですが、綺麗なビーチや自然があることで有名です。アフリ...

北マリアナ諸島はミクロネシアのマリアナ諸島に属する島々です。北マリアナ諸島はアメリカ合衆国の自治領となっています。この島々は1919年から1945年において日本が委任統治していたという背景があります。第二次世界大戦後はアメリカの信託統治を経て、現在ではコモンウェルスという政治的地位に落ち着いています。アメリカの経済状態に少なからず影響を受けているのが北マリアナ諸島の大きな特徴です。現況ではアメリカ...

ニューカレドニアといえば、「天国にいちばん近い島」のフレーズを連想する人が少なくありません。あくまでも白い砂浜と透明度の高い青い海の楽園は、リラクゼーションのための旅行には最適の地として多くの人に選ばれているところです。ニューカレドニアは正式には「フランス領ニューカレドニア」と称します。オーストラリアの東方に位置しており、幾つかの島から構成されているのです。1年を通して平均気温24度の温暖な気候が...

ニジェール共和国は、通称ニジェールと呼ばれている西アフリカのサハラ砂漠南縁のサヘル地帯に位置しているニアメを首都とする内陸国です。この国名は、遊牧民トゥアレグ族がかつてニジェール川をニエジーレン(n'egiren)やエジーレン(egiren)と呼んでいて、それがフランス人に伝わりラテン語で「黒」を意味するニジェールとなったのが由来といわれています。この国の国土の5分の4をサハラ砂漠が占め、気候は北...

ノーフォーク島は、太平洋に浮かぶオーストラリア領の島です。オーストラリアの東部、ニュージーランドとニューカレドニアの間に位置し面積は34.6キロ平方メートル、人口は2014年現在2,210人とされています。最初の住民とされるのは、12世紀に住み着いたとされる東ポリネシア系の人々です。東ポリネシア系の人々は石器とともに、バナナの木も持ち込んだとされます。1774年にはジェームズ・クックにより発見され...

ナイジェリアの木材市場の現況については次の通りです。まず、ナイジェリアにはおおよそ411万ヘクタールもの森林があると推定されており、その広さは総国土面積の5%程度であると考えられています。そしてこれらの森林伐採においては政府に自由な決定の権限があるのですが、一貫した政策がなされていないのが現状です。そのため森林の違法伐採・採集が非常に多く、結果として森林をうまく継続していくことが困難となっており、...

ノルウェーでは現況、建築物への木の利用がますます進みつつあり、今後も木材市場は活況を呈するものと考えられます。ノルウェーでは海辺や街角などの公共エリアでの大掛かりな木のデッキもよく見られるようになっていますし、ベンチも木製で、中層建築も木造であることが多いです。内装にだけ木を使うのではなく、構造体に木を用い、外装にも木を使うというまさに木造建築の中層建築物がよく見られ、好まれています。この傾向は更...

ネパールは周囲を山に囲まれた国であり、インドという超大国と国境を接しています。経済的にインドへの依存が強く、また、中国がこの国に対する影響力を強めていることから、経済的な依存度も高まっています。国内は国土の殆どが山林に覆われていることから、農林業が国の主な産業であり、木材の輸出業が盛んに行われているのです。その主な輸出先となっているのが、隣国の超大国であるインドです。インドは現在好景気に恵まれてお...

前提として、ナウルの経済は破綻しているといって過言ではありません。ナウルという国は、小さな孤島でありながらもその島の大部分が鳥のフンをはじめとしたリン鉱石の原料の鉱床によって形成されており、外国人労働者を雇ってそれを採掘させて先進国を中心としたリンを必要とする産業社会に売り込むことで成り立っていました。そのため国民の過半数は労働をせずとも高い生活水準を維持することができ、その結果として労働がないに...

ニウエはニュージーランドの北東にある島です。ニュージーランドとの自由連合関係と取っているという特徴があります。面積は259平方キロメートルとなかなか広いものの、人口は徐々に減少している傾向があります。人口が減少している理由の1つが経済の停滞です。これによって、木材需要は低下しているといえるでしょう。ニウエの主産業となっているのは農業です。パッションフルーツやライム、バナナなどは様々な地域へと輸出さ...

パナマの国土面積はだいたい北海道と同じくらいとされており、森林の面積はそのうちの4割程度です。降水量が多く、場所によっては年間で3000ミリを超えるなど木材が育つ環境は整っています。人工林は非常に少なく、森林のほとんどは公的機関が管理するなど、それなりにコントロールされていることは明らかです。1998年に天然資源などを守るための規則が作られ、森林の持続的な利用が定められてはいますが、あまり熱心に行...

南米の国ペルーは世界的に見ても広大な森林面積を有する国の一つです。ペルーの森林面積はアマゾン盆地では第2 位、世界的にみても第4位というの熱帯林面積をもち、国土面積の過半数以上のが森林で占められているという特徴的な国になります。その大部分がアマゾン川流域の熱帯湿潤林に分布しています。ペールーの木材市場はこうした熱帯雨林に支えられているという現況となっています。このようなペールの木材はアメリカや中国...

東南アジアのパプアニューギニアは、世界でも第3位の森林面積を持つ国です。世界の木材市場でも注目されている国で、2014年には熱帯材の輸出国として第1位になりました。しかしパプアニューギニアの木材市場の現況は、健全なものではありません。NGO団体の現地調査によれば、パプアニューギニアを原産地とする木材の多くが土地の強制収奪、熱帯雨林原生林の違法伐採など何らかの問題があると指摘しました。違法性のある木...

パキスタンの木材市場の現況は、中古車産業と密接な関係があると言われています。木材の輸出が盛んなパキスタンにあって、日本や中等、そしてロシアなどの港に木材を運んだ後に中古車を同じ船に積んで本国に輸入するという産業形態がすでに成り立っています。日本でも中古車産業に従事している中東出身者は多く、様々な形態で多くの人が関わっていることが調査によりわかってきているのです。通常、木材をおろした後は荷物は空っぽ...

ポーランドの森林率はだいたい3割程度とされています。OECD諸国でチェックをしていくと下から数えた方が早く、木材市場に色々と流出していますが、最近ではこの動きが止まりつつあります。ポーランドにはビャウォヴィエジャの森と呼ばれるヨーロッパ最大の原生林があります。虫に食われる被害が広まり、これを守るために伐採を行うというのが本来の計画でしたが、世界遺産委員会で審議が行われ、かなりの議論が交わされるなど...

ピトケアン諸島は南太平洋に存在する島々で、1767年にイギリスの軍艦によって発見されています。現在もこの島々はイギリスの領土で、現状において同国で唯一の海上領土でもあります。このピトケアン諸島は無人島が多く、人が住んでいる島でも数えるほどの人口しかないのが特徴です。周りは海でほぼ浜で構成されていますし、岩が多く木はそれほど多くない点も挙げられます。年間を通して比較的暖かい気候なので、植物にとって魅...

プエルトリコは、カリブ海の北東に位置しているアメリカ合衆国の自治領です。カリブ海に存在しているだけに、気候は熱帯気候区に属しているものの貿易風の影響で比較的快適に過ごせる地域となっています。温暖な気候であるため自治領内のあちこちに広大な森林が存在しており、自然豊かな地域となっているのです。そのため木材資源が豊富な地域であり、これまで何度も無計画な伐採が行われて来た現実があります。というのもプエルト...

パレスチナは地中海東岸のシリア南部の地域的名称となっています。中でもパレスチナ自治区の人口は約330万人となっており、これはパレスチナ人の全人口の3分の1にあたります。この地域で木材を販売することは容易ではありません。そもそも、宗教的な観点で国や地域が分かれているので、異宗教の国ととの取引をどこまで進めるか読めないところもあります。パレスチナの暫定自治政府は憲法にあたる基本法に基づいて運営される仕...

ポルトガルはユーラシア大陸の最西端、イベリア半島に位置する国です。EU(ヨーロッパ連合)に加盟しています。ポルトガルは農業や水産業が盛んな国として知られ、近年は減少が見られるものの、他のEU加盟国と比べると第一次産業に就業する人口の割合が多くなっています。同様に、林業も盛んです。ポルトガルの林業は、世界の木材市場において強い存在感を放っています。それは、コルクの輸出大国であることが主たる要因です。...

パラオは日本と非常になじみの深い国であり、その面積は非常に狭く、屋久島とほとんど同じです。高温多湿で降水量が多く、森林環境としては抜群と言えます。パラオの国土の大多数は森林が覆っており、植林がなされたエリアも一部で存在します。ただこれだけ立派な環境がありながらも木材市場の現況をみると貿易額において各国に比べてかなり下回っているのが現実です。基本的にパラオではマグロの輸出がほぼすべてと言えるような状...

パラグアイの木材市場の現況は、周辺諸国に比べると遅れています。隣国のブラジル・アルゼンチン・ボリビアなど南米諸国は、積極的にリンゴ湯セクターに投資をしています。しかしパラグアイの林業投資は周辺諸国に比べると少なく、国土面積が小さいウルグアイが順調に森林を増やしているのに対しても植林のスピードは遅いです。元々同国の東部地域は、原生林が豊富で木材市場を支えていました。しかし急速な開発とともに原生林は失...

カタールの国土面積は約1万平方キロメートルであり、日本では秋田県とほぼ同じかやや狭い面積です。産油国として知られ、多大な影響力を与えていることは明らかですが、森林に関しては森林が全くなく、森林率は0%とほとんど森林がない状況であることがわかります。高温になりやすいことや降水量がほとんどなく、飲み水は海水を淡水化したものを利用するなど非常に大変な環境下にあるため、森林が育つような環境にないことは間違...

コンゴ共和国の特徴は、国土に広大な森林が広がっていることです。豊富な森林資源を生かすため、保護するための森林や産業用の資源に活用するなど目的を決めて整備をしています。豊富な森林資源を破壊されないようにするため、森林経済環境省と呼ばれている国の機関が設置されているのもコンゴ共和国の特徴です。この省庁の特徴は、森林資源だけではなく野生動物なども同時に保護している点などになります。多くの野生動物が快適に...

レユニオンはフランスの海外県の一つで、インド洋の中央にある島です。レユニオンはマダガスカルからは東に約800キロの位置にある火山島で、面積が約2500キロメートルとなっています。この県都はサン・ドゥニで、この島はコーヒーの原種の一つとして有名なブルボン種の原産地でもあります。レユニオンは小さな島ですが高い山があるため、気候が二分され、島の南東部は南貿易風の影響で降雨が多い熱帯気候で、風下の北西側は...

ルーマニアの木材市場は活性化している現況にありますが、違法伐採に関しては非常に厳格な取り締まりをしているという傾向もありますので注意をしなくてはいけません。ルーマニアの中には、欧州圏で最大とも言われている広大な原生林が存在しています。この原生林を活かそうという動きが非常に強くなっていますので、非常に大きな市場に成長する可能性は十分にあります。実際にルーマニアに存在している原生林は、ヨーロッパ全土の...

ロシアは2012年の8月に正式にWTOのメンバーになりましたが、これに伴って、欧州委員会により承認されることになったロシアの製品に対し新たな関税が課せられることになりました。関税を段階的に削減するのに伴って、木材にまつわるロシア連邦の大きな関税政策の変化は、木材市場の中でも針葉樹丸太を輸出する取引に大きな影響を与えているのが現況となります。ロシアが輸出している丸太のほとんどが針葉樹の丸太であること...

ルワンダではコーヒーの木が国章に描かれているほどで、木が人々の暮らしに密着した存在となっています。現況、ルワンダでは木材は煮炊きに使われることが多く、木材市場を見る上でもそれは無視できないものとなっています。アフリカ大陸での電力普及率は42%と決して高くはなく、ルワンダの2014年時点での電力普及率はそれよりもさらに低く、22%でした。そのため、日常生活でのさまざまな場面で木が燃料として使われるこ...

スイスと言うと、自然が豊かで森林が多くあるイメージを抱く人は少なくありません。ですが実際は国土に占める森林の割合は約30パーセント程であり、特別に森林が多い地域ではないです。もっともスイス林業はかつて、世界一と言われる時代はありました。ですがそれは戦前のかなり古い話で、現況は大きく違って来ているのです。というのもスイスは給料水準の比較的高い国であると共に急峻な山岳林や小規模な私有林が多いために、木...

スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置する人口4千6百万人の国です。西をポルトガルと接し、南にイギリス領ジブラルタルと接し、北東にフランスとアンドラと接しています。ローマ帝国の支配を受けた後、ゲルマン系のいくつかの国が建てられました。8世紀にはイスラム勢力が侵入し統治下に置かれましたが、キリスト教勢力がこの地域を取り戻します。20世紀前半に起こった内戦では、左派で共和派の人民戦線と右派でナシ...

サウスジョージア島は、南大西洋上にある島です。南米大陸の南にあるフォークランド諸島から、東へさらに1,000kmの地点にあるイギリスの海外領土です。全長は167.4kmあり、幅は1.4kmから37kmと細長い島になっています。サウスジョージア島は、1675年にロンドンの商人が発見したとされ、古い地図では発見者にちなみロシェ島と書かれています。クックの発見以後はサウスジョージア島には捕鯨者が集まり、...

セントクリストファー・ネイビスは、大西洋に浮かぶ西インド諸島のセントクリストファー島とネイビス島の2島から構成されるイギリス連邦王国の国です。面積は260平方キロメートルで人口は5万5千人で、1983年にイギリスから独立しました。面積と人口は共に南北中アメリカの中で最も小さくて、独立した年も最も新しい国として知られています。公用語は英語で、宗教は聖公会とローマカトリックです。アメリカ大陸に渡ったク...

セントルシアは西インド諸島のウィンドワード諸島の中央部にあるイギリス連邦加盟の君主制国家で、首都はカストリーズです。島しょ国であるセントルシアは、海を隔ててフランス領マルチニークやセントビンセント・グレナディーン、バルバドスなどがあります。この国は面積が訳620平方キロメートルで、日本の淡路島と同じ位の広さの国土をもっています。この国ではログウッドやホースフレッシュ、コッコスリナックス・ドゥッシア...

セント・マーチン島は、カリブに浮かぶコスモポリタン共同体でオランダ及びフランス領で島の真ん中で2つの国に分断されています。オランダ語とフランス語を母国語とする複雑な政治体制になっており、各々独立した国を形成しています。通貨は、ユーロが使われており貿易活動は両国独自の体制で行われているのです。とはいっても、簡単に両国を行き来できるので実質は1国と言ってもおかしくありません。木材市場も現況は2分されて...

サンピエール・ミクロンはサンピエール島とミクロン島の2つからなる地域で、カナダのセントローレンス湾に位置する小さな島となっています。産業は漁業が中心であり、鱈などの産地として知られていますが、島の中で積極的に農業や林業などを行っている事はなく、食料のほとんどは輸入に頼っているのが実態の国です。政治的にはフランスの配下にあり、国内の自治は行っているもののその主導はフランスの配下にあるのが実態です。住...

セルビアは、木材の輸出国の一つになりますが、日本でもそれなりの貿易があります。経済はそこまで進んでいませんが、国としての基盤が少しずつ出てきているセルビアですがかつてはハイパーインフレなどが起こりさっぱりお金が使いものにならない状態でした。しかしながら、2000年を超えてからコソボ紛争時代の大統領が退任すると新たに革命を起こすべく民主化の動きが進んできたわけです。GDPに関しては、1年間で3パーセ...

サウジアラビアは中東にある国家でその首都はリヤドです。サウジアラビアはアラビア半島の大部分を占めており、紅海やペルシア湾に面し、中東エリアで国土面積が最大級の国家になります。この国の面積は約215万キロ平方メートルといわれており、日本の約5.7倍の国土面積となっています。しかし、国土の大部分は砂漠となっており、北部にネフド砂漠があり、南部にはルブアルハリ砂漠があり、その間には長さ1500キロのアッ...

ソロモン諸島はニューギニア島の東部に位置する、パプアニューギニアと国境を接する南太平洋の島嶼群で、その数は大小およそ1000の島々から成り立っており、地形が険しい火山島が多いものの高温多湿で森林が多いことが特徴です。資本主義経済の浸透が未だ浅く、自給自足で生活する国民が全体の80パーセント近くにも達していますが、国家財政を維持していくために世界各国からのODA(政府開発援助)を受けながら、豊かな自...

セイシェルの木材市場は、国内における主要な産業というわけではありません。現在のセイシェルでは、観光業を主要の産業にして取り扱っているということが現況です。このことの背景には、美しい海に囲まれた立地環境が関係していると考えられています。観光業以外で国を支えている収入源として知られているものが、ココナッツやコプラなどといった石けんを作るために用いられる原料となるものです。その他には漁業も活発に行われて...

スーダンは北東アフリカに位置していて、首都はハルツームで面積は185万平方キロメートルで人口は3千4百万人で、公用語はアラビア語と英語です。1956年にイギリスとエジプトから独立を果たしました。2011年には南スーダン共和国が分離独立し、それまでの間はアフリカで最も面積の大きな国でした。古代エジプト王朝の影響を受けた地域でしたが、紀元前23世紀にクシュ王国を建国しました。その後エジプト王朝に制圧さ...

セントヘレナは南大西洋に浮かんでいるイギリス領の火山島となっています。アフリカ大陸は2,800キロメートルも離れているのでここで使用する木材は基本的に現地での生産されたものということになります。そのため、木材市場は現地の人口に左右されることになっていきます。スエズ運河の完成までにはインド洋に向かう航路の要衝として活用されていました。しかし、スエズ運河の完成以降はそういった用途で使用されることがなく...

スロバキアでは現況、共有林経営がおこなわれており、その特徴も踏まえて木材市場を見て行くことになります。共有林経営の場合は、政府や地方自治体および企業が所有する森林の場合と意思決定への過程が異なることも多いので、そのことを念頭に置くことが必要でしょう。この国の森林は59%が天然更新したものであり、人工林が多い日本とは事情が異なります。とは言えヨーロッパにおいて、この割合は決して多い方ではありません。...

シエラレオネにおける木材市場は、活発に行われているわけではないということが現況です。木材が行われ始めたのが15世紀頃と考えられています。シエラレオネでは18世紀になるとこれまで貿易の主要となっていた奴隷と代わって、木材の輸出が活発に行われるようになりました。このときの主な輸出先はヨーロッパです。しかし時代の流れが変化していくとともに、シエラレオネにおける木材市場は徐々に衰退していくことになりました...

サンマリノはイタリア半島の中部に位置する国でイタリアに周囲を囲まれた国です。この国の首都はサンマリノで、この国は世界で5番目に小さな国といわれています。サンマリノにはイタリアアカマツやイングリッシュオーク、オイレフやモンタナマツや欧州アカマツといった木々が見られ、他にもマロニエやハナミズキ、ベンガルボダイジュやシベリアカラマツ等も生育しています。この国の首都サンマリノは標高約740メートルのティタ...

セネガルはアフリア西岸のカリブ海に面する共和制の国です。建国は紀元9世紀にさかのぼりますが、フランス革命後には同国の植民地になり、アフリカの年といわれた1960年に独立を果たすことになります。初代のサンゴール大統領は新フランス路線の元穏健左派の政治的信条で国家建設を推し進め、1976年には複数政党制を導入するなど民主的な現在の政治の礎を築きました。2000年には建国以来40年にわたり長期政権をにな...

ソマリアは、海賊などで有名になっていますが実は日本と貿易で関わりのある国の1つになります。この国の特徴は、ダイヤモンドなどの資源がある他に木材などの資源があることです。木材市場の現況を見てみると、多くは無いものの輸出がされていることがわかります。国の中で資源と言えるものが木材で輸出に頼っている部分が大きいと言えるでしょう。もともとは、15世紀ぐらいから別の地域に輸出をしていきましたが現在のように盛...

スリナムは、南アメリカの北東部に位置する共和制国家で、東は仏領ギアナ・南はブラジル・西にガイアナと国境を接しており北はカリブ海という位置関係にあります。人口は56.3万人でオランダ王国の植民地であった経緯でオランダにはスリナムの血を引き継ぐ人が多いです。母国語はオランダ語であった関係で移民でオランダに渡る人が多いのが特色です。現在のスリナムは、奴隷として連れてこられたアフリカ系・インド人の契約労働...

南スーダンはアフリカ北東部に位置する国で、分離独立するまではアフリカ最大の面積を持ち、独立後も第3位の面積を有します。したがって森林面積もアフリカ有数で、木材の輸出が盛んな国です。スーダンといえば家具や建築材などに適しているチーク材のプランテーションでよく知られていますが、チーク材は年々天然のものが減少し人工へと移り変わっているのが現状です。スーダンも例外ではなく安価な労働力を利用した大規模農場に...

サントメ・プリンシペは島嶼国家で、西アフリカのギニア湾に浮かぶ火山島のサントメ島とプリンシペ島、そしてその周辺の島々から形成されている共和制の国家です。サントメ・プリンシペの首都はサントメで、この国の面積は約960平方キロメートルとなっており、これは東京都の広さの半分くらいになります。サントメ・プリンシペにはバンノキやマンゴー、パイナップルやカカオの木、アラビアコーヒー等の樹木が見られ、浜辺にはヤ...

セント・マーチン島は、カリブ海のリーワード諸島にある島で、面積は88平方キロメートルの非常に小さな島国となっています。北側はフランス領、南側はオランダ領に分割されると言う非常に特殊な統治関係にあり、島の中央にフランスとオランダの国境線が存在していることも特徴で、その国境を中心に政治圏もフランスとオランダに分割されているのが特徴です。双方の政治は完全に独立しており、それぞれの政治的な面は全く異なるも...

中東の国シリアといえば、様々な歴史や国に囲まれた紛争地帯としてもよく知られています。近年ではイスラミックステート、ISの勢力の拡大などによってさらに激しい戦渦に巻き込まれており、国の大部分がその被害を受けているのです。この地方では乾燥が強いため住居は木材よりも石材などを使うのが主流ではありますが、そうは言っても戦争の影響で多くの建物や家財、建築などが失われているためその補修のため膨大な木材が必要と...

サモアは西側のサモア独立国と、東側の南太平洋のポリネシア地方にあるアメリカ合衆国の自治領があります。このエリアは独立国の南東にあり、アメリカ自治国となっている関係でアメリカンサモアとも呼ばれることがあります。言語として公用語はサモア語と英語で、家庭内ではサモア語が主ですが、公文書などは併記されることもありますので英語が通用する地域と言っていいところです。その主な都市バゴ・バゴがあるトゥトゥイラ島は...

南アフリカの木材は、古くは薪・炭としてや生薬などに用いるタンニンの抽出材料に利用されていました。現在の輸出用木材は、その多くが植林で賄われています。南アフリカで植林が開始されたのは、17世紀後半のことです。ヨーロッパ人たちが母国から持ち込んだ松(針葉樹)が、南アフリカの広大な土地に植林したことが始まりとされています。19世紀中頃になるとユーカリの木が持ち込まれたり、自国のサバンナ地帯で群生するアカ...

タークス・カイコス諸島は西インド諸島に属する諸島で、スキューバダイビングやその他のマリンスポーツの盛んな地域としても知られており、主な産業はこれらの観光産業となっている点が特徴の島国です。政治的な管轄はイギリスの配下となっており、従来は漁業などを中心として様々な産業が行われてきましたが、現在では観光産業を中心に成り立っている国であり、その他の産業は衰退している実態があるのです。また近年の傾向ではオ...

タイは、Kingdom of Thailandというタイ王国と呼ばれている国で、バンコクを首都に日本の国土の1.4倍の国土面積を持っています。主要言語は公用語のタイ語をはじめ、ラオ語・カンボジア語・マレー語・中国語が使われていて、国全体の93%以上が仏教徒なのが特徴です。タイでは、米や天然ゴムの農業と観光業が主要産業となっていて、日本においては主に電気機器などの機器を輸入しています。タイには森林も...

タジキスタンは中央アジアにある共和国です。人口は800万人ほどのであり、総面積は14万平方キロメートルとなっています。人口密度は1平方キロメートル当たり45人であり人口密度のかなり小さな国となっています。旧ソビエト連邦から独立した国で、キルギス、アフガニスタン、中華人民共和国、ウズベキスタンに接し海に面していません。国内には標高3000m以上の地域が半分をしめるなど山岳地帯が多く、東にはパミール高...

トケラウ諸島はニュージーランドの島で、その海抜は5mほどですから、現況は地球温暖化による影響が懸念されています。トケラウ諸島は3の環礁から成り、島には椰子の木が生えてはいますが、木材市場において輸出できるというような状況にはありません。日本政府によって無償提供されたフェリーが月に1度運行しており、木材輸出よりも観光のほうに将来性がありそうではあります。観光地としてブレイクすれば、木材需要は増えそう...

トルコの木材市場では、輸入量が増加しています。特に2003年から2004年はほぼ倍増しており、丸太の需要も他の中東諸国より増加しました。そのためトルコの木材市場の現況は、基本的には輸入に偏っています。伸び続ける同国内での木材需要を満たすため、世界各国から輸入をしているのが現況です。トルコの木材市場では輸入に頼るだけではなく、同国の林業を支えるための計画も作られました。健全な森林経営のための計画を作...

ツバルは南太平洋の赤道すぐ南に位置する全面積約26平方キロメートルの小さな国で、本島のフナフチ島と8つの離島からなる島嶼国です。この国の国家歳入は入漁料やアメリカのインターネット関連会社への貸与ドメインコード、tvの使用料といった限られた収入源に依存しているといわれています。この国は昨今の気候変動の影響で海面が上昇しており、あと50年間で高波などの被害を加えるとツバルの大部分が水没する可能性も指摘...

タンザニアの正式名称はタンザニア共和国であり、東アフリカに位置する共和国でイギリス連邦の一員でます。ケニア、ルワンダ、ザンビア、モザンビークなどの多くの国と接し、またインド洋に面します。総面積が95万平方キロメートルある中において人口は4600万人であり、人口密度は1平方キロメートル当たり39人とかなり小さくなっています。IMF統計によると、2018年の名目GDPは126,821.19(10億タン...

アラブ首長国連邦はオイルマネーで潤っている国の一つで、木材市場にはそこまで力を入れていないのが現況です。潤沢な資金を使って木材を輸入しているので、自分たちで木を育てて木材を確保しようという動きはほとんどないです。2019年も輸入に頼っていくようです。アラブ首長国連邦は原油がたくさんある恵まれた地域なので、これを高く売ることに力を入れています。私たちの身の回りにあるもので、原油が関わっているものは非...

世界的に見ると少子高齢化に伴う新築物件の減少や社会の情報化に伴うペーパーレス化により各国で木材の需要が減少傾向にありますが、今日においても高い需要を保持し木材市場が安定的に推移しているのが英国です。英国は自然豊かな環境により国内にて様々な木材を伐採する事ができますが、古くから英国ならではの木材として高い人気を誇り続けているのがオーク材であり、現況でも英国から世界各国に向けて輸出される木材の多くがオ...

ウガンダ共和国は、東アフリカにある共和制国家です。かつてはイギリスの植民地であり、現在もイギリス連邦加盟国の位置づけにあります。ウガンダは東アフリカ高原に位置していて、ヴィクトリア湖を国土に有しております。その関係で陸地面積は約20万平方qとなっています。平均標高は1,100mとなっております。全体がナイル盆地の中にあって、ナイル川が流れており、それはコンゴ民主共和国との国境まで注いでいるのです。...

複数の島で成り立っている米領オセアニア諸島は、周りを海が囲んでいる観光地として有名です。ここでは木が充実していることで有名で、現地の木材市場を中心に流通しているのが特徴です。代表的な木材の種類としては、チークや花梨といった名前を挙げることができます。また、広葉樹を中心に広葉樹というような幅広い種類が流通する形です。豊かな自然で構成されている米領オセアニア諸島だけあって、現地では林業を扱う省庁や木に...

ウズベキスタンの森林面積は約8%、森林蓄積約2,600万?で1ha当たり約8?、人工林面積約63万5千haで森林面積に対する割合は約19%となっています。森林所有者はすべて公的機関が保有しています。ウズベキスタンの森林行政は農業・水資源省の中の林業局とウズベキスタン自然保護員会が責任を有しています。ウズベキスタンの国土面積は日本の国土の約1.2倍ですが、国土の5分の4は砂漠で森林面積8%と少ない状...

ベネズエラとして知られるベネズエラ・ボリバル共和国は、ブラジルやコロンビアと国境を接する南アメリカ大陸の国です。ベネズエラの主な産業は、石油・鉱石・ボーキサイトなどの鉱業や石油化学などで、石油によって潤ってきた国です。それでも、ベネズエラは広大な森林資源を持っており、それでいて森林の伐採許可や伐採権はさほど認めてきませんでした。さらに、森林の伐採を認めるよりも、プランテーションによる植林が進められ...

バヌアツの木材市場は年々需要が増加してきており、その現況は世界単位で広がっています。原木の生産量の推移としては、薪炭用の木材の需要が一番伸びており、その次に製材用と単板用と続きます。またバヌアツの丸太の全体生産量の60%は、製材用の木材のメイン品種のホワイトウッドになっています。またこの国では、エンジン式移動製材機のビジネスが年々増えてきている現状です。バヌアツにおける国の森林産業の目標は、森の資...

ワリス・フテュナ諸島とはフランスに従属するタイプの地域(海外準県)であり、その社会のシステムはほぼフランスのものを適用しています。大航海時代、とりわけ1616年のオランダ人による発見により属国への道を辿ることとなったが、約2000年前ごろから先住民が住み着いていたと伝わっており、そのためか木材を用いた建造物は比較的多く、木材を必要としている国であることは恐らく正しいでしょう。次に木材の供給元である...

イエメンの国土面積は日本の約1.4倍とされ、人口が日本の4分の1程度ということもあって広大な土地が広がっている印象です。しかし、森林は非常に少なく、国土のわずか1%しか存在しません。国土の4割が牧場や牧草地になっており、森林面積は低いところで横ばいになっているのがイエメンの森林事情です。こうした状況なので砂漠化が深刻化しており、砂漠化を防ぐために森林を増やそうとするプロジェクトが行われています。元...

ザンビアはアフリカ南部に位置する共和制国家で、イギリス連邦に所属している国です。主な産業は鉄鉱石などの天然資源を応用した産業であり、近年では農業も様々な作物を生産していることから食料自給率が高い国としても知られています。文化的にはイギリス連邦の影響力が強く、発展途上国でありながら様々な文化的な活動を行っているのもこの国の大きな特徴です。そのため、比較的文化レベルも高く、様々な産業に関する方式の習得...

アフリカにあるジンバブエは、決して豊かな国ではありませんが日本との交易も行われています。木材市場の現況をみるとジンバブエから輸出されている木材は多く逆に日本から輸出している木材はほぼありません。決して豊かな国ではありませんが、その国でとれるダイヤモンドや木材などを輸出しながらやりくりしているのが特徴です。2019年に関しては、従来通りの関係が続く模様です。しかし、日本で円高が続くようになると日本製...

マイヨット島はアフリカ大陸の南東にある小さな島であり、マヨット島とも呼ばれることがあります。農業を中心として漁業や畜産が行われているので、木材市場も活発であるかと思われるかも知れませんが、木材市場の現況に関してはそれほど芳しいものではありません。理由としては至ってシンプルなもので、それほど大きな島ではありませんから木材を大量に確保をすることができないためです。木材は育つのに時間がかかりますから、同...

スワジランドは現在はエスワティニ王国という名前に変わった国であり、アフリカ南部に位置しています。日本と関わりの薄い国であるだけに情報があまり入ってくることがなく、はっきりとした実情がわかりにくい国ですが、情勢はあまり良いとは言えません。国民の生活水準は低くエイズが蔓延するなど健康面での問題もあり、国王の散財癖によって国家予算も著しく圧迫されているという面もあります。このような国であるだけに木材市場...

アフリカにあるトーゴは面積が568万ヘクタールで九州よりやや大きい程度、人口は600万人程度となっており、人口密度は多少低い状況です。農業がメインとなっており、カカオや綿花が主力の産業となっていることから耕地が国土の4割程度を占めており、森林は6%程度しかありません。深刻なのはここ最近で森林の面積を大きく減らしている部分です。以前は国土の2割弱を森林が占めていたトーゴでしたが、農業がメインとなる中...

ナミビアことナミビア共和国は、1990年に南アフリカ共和国から独立して民主的な政権運営をしている国です。主要産業はダイヤモンド・ウラン・銅などの鉱業です。さらに、世界有数の漁場があることにより、あじ・えび・かになどが取れますし、牧畜を行える温暖な気候が産業を後押ししています。アンゴラ・ザンビア・ボツワナ・南アフリカと国境を接していて、南部アフリカの玄関口として、地理的にも他国との貿易に有利な場所に...

ニカラグア共和国の国土に占める森林面積の割合は、かつては60%を占めていて優良な天然林が広がっていて隣国に出荷されていて木材市場は活発でした。近代化によって農牧地への開墾や、良く育った優良な天然木を外貨獲得のため伐採され続けた結果、森林資源が減少して度重なる内戦も影響して1990年代には森林面積が国土の25%まで減少しました。ニカラグア政府も幾度も植林事業を試み、森林減少を止めようとしましたが中々...

現在の木材市場の輸出の主要国としては南米と東南アジアですが、今後20年先の世界では全く別の可能性が生まれつつあります。その可能性の正体というのが、サウジアラビアやオマーンといった中東の国々です。現在のオマーンなどの木材市場の現況は芳しくなく、それは中東の国々は砂漠に覆われているのが理由になります。中東の国々では赤道に近いこともあり、南からの暑い空気が断続的に入りやすい地形になっているのです。さらに...

サン・バルテルミー島は日本人にとってはあまりなじみがないかもしれません。カリブ海に浮かぶ数々の島々のうちリーワード諸島・セント・マーチン島から南の方に浮かぶフランス領の小さな島です。元々はフランス領グアドループ県に属していましたが、独自のフランス海外準県に現在は昇格しました。保養目的で訪れる人が多く、世界中からセレブが集う小さな島として知られています。人口は1万人を切る程度の規模で21?の面積を持...

シンガポールは赤道から近くにある国のため、1年中最高気温が30度を超えて最低気温も20度以上あります。湿度も80パーセント以上は常にあるため、日本に比べると蒸し暑い国と感じられます。11月から1月は雨季の影響で降水量が増えます。そのためにはほかの月よりも比較的涼しい時期になります。そんなシンガポールの木材市場の現況は、シンガポールの国内には森林がないのにも関わらず木材産業が盛んです。それは隣接する...

スロベニアは中央ヨーロッパに位置する国で、アルプス山脈の麓に位置する山岳国になります。スロベニアの首都はリュブリャナで、ヨーロッパの文化や交易の交差路あります。この国には登山や山岳スキーに世界中から観光客がやってくるという観光地ともなっておりアルプスとアドリア海の両方を持つ風光明媚な国として知られています。スロベニアは全土がケッペンの気候区分の温暖湿潤気候と西岸海洋性気候となっており、気候は農業に...

スバールバル諸島は北極圏に位置するノルウェー領の群島で、総面積は約6万平方キロメートルになります。スバールバル諸島は北極海のヨーロッパに近い場所にあり、バレンツ海やフラム海峡、グリーンランド海やノルウェー海に囲まれています。スバールバル諸島は、唯一の有人島といわれるスピッツベルゲン島などの島々から成っています。北極圏にあるスバールバル諸島は法律的にはノルウェー領の一部になりますが、スヴァールバル条...

トルクメニスタンは国土が日本の1.3倍でありながら人口は500万人程度と人口密度が非常に低い国であり、原油や天然ガスなどの鉱業がメインです。一見すると森林が多そうに感じますが、大部分を占めるのは牧場や牧草地となっており、森林の面積は国土の1割弱と少ないです。トルクメニスタンでは森林はすべて国の物であり、国がすべてを管理しています。そして、森林の伐採を禁止していることも大きなポイントです。しかし、環...

トリニダード・トバゴ共和国はカリブ海の小アンティル諸島南部にあるトリニダード島とトバゴ島という2つの島とその属領となっている土地から成立した共和制国家です。首都はポートオブスペインで、全体的な人口は130万人と言われています。面積は千葉県よりも少し大きな5128平方キロメートル、海によって隔たれているものの、グレナダやベネズエラなど合計4か国と接している島国です。付け加えるなら用いられている言語は...

ウクライナは、ロシアから独立した国です。ウクライナの国土は16世紀からヨーロッパの穀倉地帯として広く知られており、19世紀以後は産業の中心地帯としても大きく発展していますがその一方で自然豊かな国でもあります。ウクライナの国土のほとんどが肥沃な平原・草原・高原で占められており森林面積も豊富です。実に日本の1.6倍にも及ぶ面積を有しています。国土面積6,037万ヘクタールのうち976万ヘクタールが森林...

ベトナムの木材市場の現況は、木工製品の輸出が年々増加しているため、活況と言えます。木工製品の輸出額は、農・林・水産物の輸出額全体の3割近くを占めており、アメリカや中国、韓国、日本などへの市場向けの木工製品の輸出は増加しているため、今年度もさらに増加することが予想されます。EU=欧州連合向けの輸出額も年々増加していますので、今年度も増加が期待出来ます。木材加工業が発展している理由は、ベトナムの国内で...