モルディブの木材市場の現況(2019)

モルディブという国はインド洋に浮かぶ島国であり、スリランカやインドといった国が近いことで知られています。近年、観光に力を入れ観光立国でその長世界的に知られるようになりました。美しい海と豊かな自然で有名な国で、世界各国から美しいビーチを目当てに下行脚が訪れる国であります。農業の盛んな国であり、国土の役40%が農耕地になっていることから、農業が盛んであることが伺えるのです。
モルディブの木材市場の現況では、木材の輸出が盛んに行われており、近隣の経済大国であるインドを始め、中等にも積極的に輸出が行われるようになりました。特に、インドでは近年の経済成長からマンションを始め住居環境の新たな建設が活発化していることから、国内では木材の調達が積極的に行われています。インド洋に浮かぶモルディブはインドにとって貴重な木材の調達国となっており、そのような経済的な背景から木材市場は生協と言われる状況を招いているのです。ただ、国内では海に浮かぶ島国であることの影響もあり、余り積極的に木材の伐採を行うとすぐに資源が枯渇してしまうというジレンマにさらされています。そのために、政府は規制をかけることで森林の保護にも力を入れている状況であります。木材の保護の観点から、規制を強化することでモルディブの豊かな自然や景観を守ることに役立っています。観光産業が盛んな国であることから、豊かな自然や風景も貴重な観光資源の一つであります。世界各国から美しい自然を求めてこの国を訪れる人が増えていることから、政府は規制を強化してまでも豊かな自然を守ることに力を入れているのです。こうした状況からわかるように、林業はこの国の重要な産業でありながらも、観光資源で重要な資源であることから、ある程度規制を強化して保護する必要があるのです。そうすることでモルディブの美しい自然を保護することに繋がり、観光産業を守ることにつながるのであります。