マレーシアの木材市場の現況(2019)

豊富な森林資源を有する東南アジアのマレーシアは、木材市場の現況も活発です。
近年の木材市場は上昇を続けており、その健康は現在も続いています。
マレーシア国内で伐採された木材は世界中に輸出され、日本にもマレーシア産の木材は輸入されています。
しかしマレーシアにあるサバ州では、一時的に一部原木の輸出禁止が打ち出されました。
サバ州政府が一部の原木輸出に禁止令を出したのは、サラワク州で木材の伐採許可量が削減されたためです。
近年マレーシアでは違法な森林伐採が進み、保護を求める声が高まっています。
また政治による影響も強いとされ、サラワク州では伐採許可量が削減されました。
その影響が南洋材合板に欠かせないサバ州にも飛び火し、輸出禁止の措置が執られることになりました。
南洋材にとってサバ州の原木は非常に重要なため、禁輸措置は木材市場の現況にも大きな影響を及ぼしています。
原木供給が減ったことから丸太の品薄感が強まり、南洋材合板の価格は上昇するとされています。
またサラワク州の合板メーカーも原木価格の値上がりを警戒しており、サバ州政府の輸出禁止措置は木材市場の現況に様々な影響を今後も残していきそうです。
マレーシア産の木材が市場で上昇しているのは、輸出禁止措置だけが原因ではありません。
伐採した木材を運搬する林道が整備されていないので、雨季に大量の雨が降ると道が悪くなり輸送も滞ります。
実際に2018年は雨季に大量の雨が降ったため、丸太の生産地にある道路はぬかるみ輸送に悪影響が出ました。
これもマレーシアの木材市場が高騰した原因の一つで、輸入している日本への価格も上昇しています。
世界でも主要なマレーシアの木材市場の現況がこのままだと、同国から多くの木材を輸入している日本も無関係ではありません。
同国の木材市場の現況が安定すれば影響は最小限に留まりますが、このまま原木の輸出禁止措置などが続けばさらに高騰することが予想されています。

 

 日本語版会社案内パンフレットpdf(花井倫大氏制作)
 中国語版会社案内パンフレットpdf
 英語版会社案内パンフレットpdf
※いずれも拡大縮小自在なpdfファイルです。
国旗画像をクリックしますと各国語版のファイルが開きます。
ファイル容量が大きいため、表示に時間がかかることがございます。