スリランカの木材市場の現況(2019)

スリランカは国土の大半を森で覆われていることから、林業が盛んな国で知られています。近くにはインドという経済大国が有り、度々脅威に脅かされているものの、独自ルートの開発によって安定的に木材の供給を行うことに成功していると言われています。木材市場の現況では、安定的な供給を目指して複数の史上にアプローチを掛けるなどして積極的な販路の拡大を実施しているのです。最近では、中国がスリランカにアプローチを掛けており、経済的な結びつきが強まってきていまます。大きな港を持つスリランカはインド洋の拠点でも魅力的な国であることから、経済的な結び付きを強めてきています。そうした状況に警戒をしているのが日本であり、経済支援を行うことで中国のインド洋進出をなんとかして抑えようと早急に結びつきを強めようと努力の跡が見られているのです。こうした状況からスリランカは日本への木材輸出にも力を入れるようになり、多くの木材が日本へと輸出されるようになってきています。販路の拡大はインドの経済的な脅威に長年さらされてきた国としては大変ありがたいことであることから、今後共経済的な結びつきが強化されていくことが予想されています。
スリランカは経済規模がコンパクトであることから、インドより先に経済的な発展を遂げてきた国でありましたが、内線の影響から経済的な停滞が続き、とうとうインドに先越されるという事態を招いてしまいました。そうした焦りから販路の拡大に力を入れているようで、日本や中国といった東アジアの大国と経済的な結び付きを強め、国の発展につなげていこうという野心が見え隠れしています。ただ、国家的な規模がそれほど大きくなく、位置関係や国家規模から台湾と比較されることも多い国です。そうしたことから自国経済の保護を目的として外資規制を実施していることから、経済活動の難しさが度々指摘されています。自国経済の保護の観点からは、仕方のないことではあります。