米領バージン諸島の木材市場の現況(2019)

米領バージン諸島は西インド洋のバージン諸島の西側をさし、非常に漁業やさとうきびなどの農業が盛んな地域となっています。東側はイギリス領となっており、その境界で様々な制度の違いからたびたびトラブルが発生することも少なくありませんが、その他の部分に関しては協力体制も充実しており、諸島と言う少ない様々な資源の中で人々が円満に生活をしている非常に珍しい地域となっています。観光名所としても世界的に有名な地域となっており、多くの観光客が訪れる場所となっているのも特徴です。そのため古くから様々な工業や農業はあまり発展していないと言う特性があります。
南国の諸島であるため内陸部のような木材は収穫できないことから木材資源に関しては非常に乏しい現況があり、木材の使用はイギリスやアメリカからの輸入に頼っている側面が少なくありません。また国内での木材の需要も決して多くはなく、様々な建築時代の中で木材は比較的その需要が促進されていないと言う実態があります。
木材市場の現況は必要に応じて米国から輸入すると言う形となっており、従来はその需要がほとんどないため輸入量も非常に少なかったのですが、近年では、米国本国からの移住者も増えており、これらの移住者が建築資材を米国から輸入し木造住宅を建築すると言うケースも少しずつですが発生しています。これにより諸島内部でも木造建築の需要が徐々に増えつつあり、その輸入量が増えつつあると言う実態があるのです。
諸島内部でも木材の生産を試みる動きが現れていますが、実際には木材の生育に適した環境ではないため効果的な生育を行う木材の種類を見つける事は非常に困難となっている実態があります。南国特有の中国では堅牢な住宅を建てるための強度が不足していると考えるため、現在では木造住宅を建てるための資材としての木材はほぼ米国本国からの輸入に頼っているほか、その他の木材を生産する国からの輸入を受け入れていると言う点が特徴となっているのです。