西サハラの木材市場の現況(2019)

西サハラはアフリカ大陸の北西部に位置し、国土のほとんどが砂漠であるため、1部の地域を除いてはほとんどの作業が行えない状態となっていますが、その中でも1部の山間部と海に面した部分では農業や漁業が行われている地域となっています。基本的には周辺の諸国からの様々な物資の輸入に頼っている面が多く、国内で自給できる産業が非常に少ない点も特徴となっていますが、国土のほとんどがサハラ砂漠と呼ばれる砂漠地帯になっているため、その砂漠の観光収入の1部国の重要な財源となっている面があるのです。
西サハラの木材市場の現況は国土が1部を除いては産業に適さない砂漠地帯となっているため、産業として成り立つような生産量を生み出すことができない状況となっており、住居やその他の建築物のための木材はその大半が輸入に頼っているのが実態です。この地域ではその他の産業も輸入に頼っている面が非常に強く、周辺の諸国との連携が非常に重要な活動となっているのです。
その他の産業では天然資源が豊富な面があり、鉄鉱石などの産地として山岳部はよく知られています。これらの鉄鉱石は様々な国に輸出されており、国の重要な財源となっているほか、サハラ砂漠の観光収入が国の重要な財源となっている側面もあります。山間部では木材を生産している部分もありますが、そのほとんどは国の中で使用する分にも満たず、1部が自ら住居を作る場合などに利用されているほかは木材資源では使用されないものとなっているのが実態です。そのため西サハラの木材市場の現況は国の経済を支えるものとして成り立つほどのものではなく、あくまでも自然発生的なものを利用している様子が非常に強いため世界的な市場から見るとあまりの関連性のないものとなる状況です。
西サハラでは様々な隣国と接しているため、これらの隣国からの様々な食料や資源の輸入が非常に大きな資源となっており、また鉄鉱石やその他の天然資源を輸出することでその関係を成り立たせている側面が非常に強い国で知られています。