モザンビークの木材市場の現況(2019)

2019年はモザンビークの木材に注目が集まり、輸出数が増えることが予想されます。大自然の手付かずの木材がたくさんあるので、今後は外資系企業が進出して輸出のための準備が進んでいくことでしょう。木材市場の現況としてはまだまだで、2020年以降は市場拡大していくことが予想されています。モザンビークは日本人には馴染みがない国で、日本からの観光客も少ないですが、綺麗なビーチや自然があることで有名です。アフリカの中でも最も魅力的な海があると言うことで最近は世界中から注目を集めてます。特にマリンスポーツは大人気で、海外のセレブなどはお忍びで利用している地域です。ポルトガル領だった過去があり、使用する言語はポルトガル語です。昔のままの姿で残る価値の高い歴史的文化的遺産をはじめ、沖縄のような綺麗で広大なサンゴ礁もあります。アフリカとヨーロッパが融合した魅力的な建物は芸術的です。長い海岸線をもつモザンビークは、アフリカ屈指の熱帯のビーチとサンゴ礁があり、スキューバーダイビングやサーフィンを始めとするマリンスポーツが人気です。以前は危険な地域で観光地とは程遠い場所でしたが、現在は美しい自然があふれる楽園に姿を変えています。日本では見ることができない貴重な生物が観察できますし、水族館でしか見ることができないような珍しい生物も見ることができます。特にエイや熱帯魚はこの地域にしか生息していない種類もあるので貴重です。気になる治安ですが、アフリカは意外と治安が悪いので注意が必要です。日本と同じ感覚で旅行をすると危険なので、気を引き締めていった方が良いです。夜は一人で出歩くことはNGなので、ホテルや旅館で静かに過ごしましょう。外国人に免疫がない孤立した部族なども残っているので、そういった部族に気軽に話しかけるのは止めたほうが良いです。できれば現地の環境に詳しいコーディネーターをつけて旅行するのがおすすめです。