ペルーの木材市場の現況(2019)

南米の国ペルーは世界的に見ても広大な森林面積を有する国の一つです。ペルーの森林面積はアマゾン盆地では第2 位、世界的にみても第4位というの熱帯林面積をもち、国土面積の過半数以上のが森林で占められているという特徴的な国になります。その大部分がアマゾン川流域の熱帯湿潤林に分布しています。
ペールーの木材市場はこうした熱帯雨林に支えられているという現況となっています。このようなペールの木材はアメリカや中国などにも輸出されています。
ペルーの熱帯雨林は約5700万haで、太平洋沿岸部には約1100万ha の乾燥林や半乾燥林が生育し、エクアドル国境付近である北部沿岸にはマングローブ林が生育しているという現況があります。こうしたペルーの豊かな木材は熱帯木材サプライチェーンなどを活用して様々な地域に流通しています。
昨今、世界的な森林の環境保全の活動等もあり、ペールーでも国際的な熱帯木材貿易を持続可能な資源から供給することを目指した活動が行われています。例えば、木材製品を供給する中国メーカーはこうした熱帯雨林のサプライチェーンで生産から加工、国際展示場などでの完成品マーケティングなどまで一貫して関わってきますが、グリーンサプライチェーンを通じ持続可能な森林経営を推進できる取組なども同時に行われているのです。こうした活動において、中国やその他諸外国から輸入される熱帯木材製品などはペルーなどの熱帯林の犠牲の上で供給されたものではないということを明確に証明するといった取り組みなどにも注目しています。こうした木材マーケットでの木材の流通は合法性と持続可能性が必要といった流れがあり、それを文書で証明することが求められているということなのです。こうした活動を勾留する会も各国で開催されており、ペルーからも後援者などが招かれてプレゼンテーションが行われるといった活動も行われており、今後もペルーの熱帯木材資源の現状と動向には国際社会の注目が集まっているのです。