ピトケアン諸島の木材市場の現況(2019)

ピトケアン諸島は南太平洋に存在する島々で、1767年にイギリスの軍艦によって発見されています。
現在もこの島々はイギリスの領土で、現状において同国で唯一の海上領土でもあります。
このピトケアン諸島は無人島が多く、人が住んでいる島でも数えるほどの人口しかないのが特徴です。
周りは海でほぼ浜で構成されていますし、岩が多く木はそれほど多くない点も挙げられます。
年間を通して比較的暖かい気候なので、植物にとって魅力的な環境なのは確かです。
経済的には物々交換が中心で、農業の他に農作物を作って生活しています。
植物はオレンジやバナナが多いですから、木材よりも日々の食物を育ててている傾向が強いです。
外貨獲得は観光客向けのグッズ販売がほとんどなので、現況からは木材を輸出様子は窺えないです。
その為、木材市場は決して活況とはいえませんし、今も日本との間で輸出入に期待するのも難しいでしょう。
ピトケアン諸島はゴツゴツとした岩肌で、表面全体を植物が覆ってはいますが、木が生い茂っているのとは違います。
木の数自体も多くはなく、仮に輸出を行えば瞬く間に枯渇してしまうはずです。
ピトケアン諸島は名前の通り島ですし、地表は岩なので木々の発育に生育に必ずしも最適とはいえないです。
それに、地下に眠る鉱物資源の方が期待されているので、木を育て木材を輸出しようという動きも見られない状況です。
現況だと、木材の需要は低く輸入を必要とする感じもありませんから、日本が輸出してビジネスを始めるのも困難です。
木材市場の規模はとても小さく、将来的に拡大する様子も見受けられないので、ピトケアン諸島に対する期待感は消極的だと結論づけられます。
今後人口が増えれば状況も変わってくるでしょうが、ピトケアン諸島の面積からするとそれも期待が薄いです。
現地の木材市場に加えて、輸出産業も輸入の需要も殆ど存在感がないですから、木材についてピトケアン諸島の名前が挙がらないのは当然です。