プエルトリコの木材市場の現況(2019)

プエルトリコは、カリブ海の北東に位置しているアメリカ合衆国の自治領です。カリブ海に存在しているだけに、気候は熱帯気候区に属しているものの貿易風の影響で比較的快適に過ごせる地域となっています。温暖な気候であるため自治領内のあちこちに広大な森林が存在しており、自然豊かな地域となっているのです。そのため木材資源が豊富な地域であり、これまで何度も無計画な伐採が行われて来た現実があります。
というのもプエルトリコで生産される木材の多くは品質が高く評価されており、この地域で生育されている約500種類の樹木の内の約60種類が製材品として積極的に利用されているのです。しかも国内での利用だけでなく、海外への需要も高いために過去に大規模な伐採が行われたケースが少なくありません。その結果、木材市場の現況としては賑わいがあると言えますが将来性に関しては不安を抱く人は少なくないです。実際に現状で既に行き過ぎた伐採により、小径木化が進んでいたりします。
ですがそういった状況を受け入れ、プエルトリコでは現況で既に未利用材木の活用と共に小径材の活用を促す努力が始まっているのです。同時に自然環境を破壊しない程度の伐採量に抑える様にする努力すべきだという話は進んでいますが、まだ完全にその流れが出来ている訳ではありません。
もっともプエルトリコの木材は需要が高いので木材市場としては、現況はそれなりに活気がある事は事実です。特に他国の1部の様に、既に大国に囲い込まれて木材を独占的に流すといった市場形態に陥ってはいなかったりします。自由に様々な国がプエルトリコの木材市場に入り、取引が行われているので活気はあると言えるのです。
ただし過去の行き過ぎた伐採の影響により、森林資源が目減りし始めているのは事実だったりします。なので自然環境を守るために、政府が木材の伐採量を大きく制限する時期が来る事も予想されているのです。だからこそプエルトリコの木材市場は現況としては盛んですが、先行きを見ると縮小して行く流れも見えて来ています。