コンゴ共和国の木材市場の現況(2019)

コンゴ共和国の特徴は、国土に広大な森林が広がっていることです。豊富な森林資源を生かすため、保護するための森林や産業用の資源に活用するなど目的を決めて整備をしています。豊富な森林資源を破壊されないようにするため、森林経済環境省と呼ばれている国の機関が設置されているのもコンゴ共和国の特徴です。この省庁の特徴は、森林資源だけではなく野生動物なども同時に保護している点などになります。多くの野生動物が快適に生活を送るためには、森林保護を推進しなければいけません。野生動物の保護育成と同時に、産業用の木材なども森林経済環境省の管理下にあります。木材市場を経営している業者などを管理し、無計画に森林が伐採されることを防いでいるのも特徴の一つです。コンゴ共和国における木材市場の現況は、2000年代に入ってからのEU諸国への輸出により高くなっています。EU諸国とは別に、中国への木材輸出量が拡大中です。近隣諸国の中では木材輸出を禁止していることもあるため、コンゴ共和国内の木材市場は好調を維持しやすい環境にあります。大統領の管理下に豊富な森林資源の伐採権などが統括されていることも、コンゴ共和国の木材輸出量が増え続けている理由の一つです。コンゴ共和国から海外に輸出されている木材の多くは、輸入国に入ってから利用されやすいように加工などが施されているのも特徴になります。原木のままの状態で海外へ輸出するよりも、加工をしてからの方が製品としての価値が高まるのがメリットです。製品として高価格での取引が可能になっていることも、コンゴ共和国の木材市場が有望視されている理由になります。森林資源の輸出量は年々高くなっていますが、国によって適切に管理がされているため乱開発などの心配がほとんどありません。コンゴ共和国における2019年の木材市場の現況は、国による自然環境の保護などにより好調な数値が継続されると考えられています。