セイシェルの木材市場の現況(2019)

セイシェルの木材市場は、国内における主要な産業というわけではありません。現在のセイシェルでは、観光業を主要の産業にして取り扱っているということが現況です。このことの背景には、美しい海に囲まれた立地環境が関係していると考えられています。観光業以外で国を支えている収入源として知られているものが、ココナッツやコプラなどといった石けんを作るために用いられる原料となるものです。その他には漁業も活発に行われており、マグロや海老といった海産物が世界中に輸出されています。その結果アフリカの中でみると国民所得は高くなっており、高水準の生活をしており人間の豊かさの数値も高い水準にあるとされています。
このような国柄となっているセイシェルでは、周囲の環境もあって木材市場は栄えていないということが現況です。しかし今まで全く木材がとれなかったというわけではありません。17世紀頃にはセイシェルで木材やカメなどをとろうとして船が派遣されていたという歴史があります。探検は国内全土に広がっていきました。しかしセイシェルは乱獲を防ぐために木材やカメを保護する活動をして、規則をつくることによって守っていったのです。このことが将来のセイシェルを助けることになります。農業技術や資源といったものをしっかりと外部から守って、後の健全なセイシェルの発展に役立ったとされています。
セイシェルに木製の梱包材を輸出したいという場合は、規制がされている場合もあるので注意が必要です。証明方式は国際基準のスタンプであり、消毒をする方法は国際基準として定められているNo15を満たしていなければいけません。要望がある場合は、スタンプを使うということを条件にして全植検という消毒に関する証明書を発給することが可能です。加工された木製梱包材や木屑、鋸屑、6mm以下である材を除いた木材の場合は、物によって熱処理を30分間材芯温度を56℃として行ったり、国際基準を満たした臭化メチルのくん蒸を行っていきます。