セント・マーチン島の木材市場の現況(2019)

セント・マーチン島は、カリブ海のリーワード諸島にある島で、面積は88平方キロメートルの非常に小さな島国となっています。北側はフランス領、南側はオランダ領に分割されると言う非常に特殊な統治関係にあり、島の中央にフランスとオランダの国境線が存在していることも特徴で、その国境を中心に政治圏もフランスとオランダに分割されているのが特徴です。
双方の政治は完全に独立しており、それぞれの政治的な面は全く異なるものとなっていますが、文化的な交流は非常に深く、様々な独自の文化を生み出しているのが特徴で、島の主要産業である観光においてもこの地域ならではの様々な配慮がなされているのがポイントです。島全体の観光依存度が非常に高く、住民の8割以上が観光産業に従事していますが、世界中から多くの観光客が訪れる関係で住民の平均所得は非常に高くなっています。
そのため食料を含めた様々な物資はそのほとんどが輸入に頼っており、住宅などを建築する木材に関してもほぼ100%海外からの輸入に頼っているのが実態です。日本を含めてこの地域に木材を輸出している国が多く、木材市場の現況はその購入中が非常に高くなっている実態があります。フランスとオランダの統治下にあるため文化水準も非常に高く、木造の高級住宅が数多く存在しているのも特徴的な部分となっているのです。
最近ではリゾート地としても注目されており、フランスやオランダだけでなく多くの他国からの移住者も増えているのが実態です。周辺の海に囲まれ非常に温暖な気候であることから世界中で高級リゾート地として注目されており、高級住宅が立ち並ぶ一角もあり、観光産業やリゾート地として非常に著名な地域となっているため、様々な文化が発展している地域となっており、これに合わせて今後も木材の需要が非常に増えると考えられ世界中の木材を輸出する国々から重要な市場として注目されている地域となっているのがこの時期の特徴となっています。