タークス・カイコス諸島の木材市場の現況(2019)

タークス・カイコス諸島は西インド諸島に属する諸島で、スキューバダイビングやその他のマリンスポーツの盛んな地域としても知られており、主な産業はこれらの観光産業となっている点が特徴の島国です。政治的な管轄はイギリスの配下となっており、従来は漁業などを中心として様々な産業が行われてきましたが、現在では観光産業を中心に成り立っている国であり、その他の産業は衰退している実態があるのです。また近年の傾向ではオフショア金融に力を入れており、海外からの預金やビジネスの金融拠点として非常に広く利用されています。
古くは先住民が居住していた地域となっていますが、スペインがこの諸島を発見した時点では既に無人島となっており、スペイン人がこの地域の開拓を始めた後様々な形の末に最終的にイギリスの配下に収まったと言う経緯があります。しかし島国であることや周囲を海に囲まれているためにその産業が発達しにくく、また当時は人の行き来も非常に難しかったことから1部の入植者を除いてはイギリス時代との交流も非常に少なく、漁業を中心に独自の文化が成長したと言う経緯があるのです。
現在はイギリス本国との交流も非常に密になり、イギリス人も多くこの島に居住しています。そのため木材の需要もイギリス本国と同等に頻繁になっていますが、党内で木材を栽培することはほとんどできないためその需要の大部分はイギリス国内からの輸入に頼っており、木材市場の現況はほぼ100%輸入になっている実態があります。木材はイギリスの他にも様々な国から輸入をしていますが、イギリスの事実上の統治下にあることからもっとも密接な関係にあり、その他の食料や産業などもこれに従って運営されているのが実態です。
非常に産業に乏しく食糧自給率の低い地域となっていますが、近年ではスキューバダイビングなどの観光客と、国際的な金融の重要な拠点となるオフショア金融によりその財源を確保しているのが実態で、典型的な観光立国となっている点が特徴です。