アラブ首長国連邦の木材市場の現況(2019)

アラブ首長国連邦はオイルマネーで潤っている国の一つで、木材市場にはそこまで力を入れていないのが現況です。潤沢な資金を使って木材を輸入しているので、自分たちで木を育てて木材を確保しようという動きはほとんどないです。2019年も輸入に頼っていくようです。アラブ首長国連邦は原油がたくさんある恵まれた地域なので、これを高く売ることに力を入れています。私たちの身の回りにあるもので、原油が関わっているものは非常にたくさんあります。自動車に使うガソリンや衣類、石油ストーブなども原油からエネルギーを作り出しています。これは日本では作り出すことが出来ない自然のものなので、輸入に頼ることになります。アラブ首長国連邦は原油の輸出ではトップクラスで、日本にも輸出をしています。私達日本人が使っているガソリンや灯油はアラブ首長国連邦のものかもしれません。数あるエネルギー源の中でもコストが安く、使い勝手が良いのが原油なので、ここまで必要不可欠な存在になっているのです。アラブ首長国連邦はこのオイルマネーを使って様々なものに投資をしています。特に有名なのはサッカーで、自国のサッカーリーグには才能豊かな選手がたくさんいます。その選手はどのようにして手に入れたのかというと、潤沢な資金を使って世界中から引き抜いてきているのです。日本のJリーグで活躍した選手も多く獲得していて、最近では元鹿島アントラーズのカイオ、元サンフレッチェ広島の塩谷などがアラブ首長国連邦のクラブチームでプレーしています。成績も良くなってきていて、アジアの中では強豪になりつつあります。選手のクラブハウスや練習場にも投資をしていて、気持ちよく生活して、練習する環境が整っています。優勝報酬として車が買い与えられたり、住まいがもらえたりするので選手としては最高です。アラブ首長国連邦というと砂漠のようなイメージがありますが、都会的で洗練された地域もたくさんあります。