米領オセアニア諸島の木材市場の現況(2019)

複数の島で成り立っている米領オセアニア諸島は、周りを海が囲んでいる観光地として有名です。
ここでは木が充実していることで有名で、現地の木材市場を中心に流通しているのが特徴です。
代表的な木材の種類としては、チークや花梨といった名前を挙げることができます。
また、広葉樹を中心に広葉樹というような幅広い種類が流通する形です。
豊かな自然で構成されている米領オセアニア諸島だけあって、現地では林業を扱う省庁や木に関するイベントに、研究所といった組織や催し物が数多くあります。
つまり、常に木と密接にある地域で、木と人の距離感がとても近いと考えることが可能です。
肝心の木材市場については、米領オセアニア諸島の島が多く範囲が広いこともあり、詳細な現況を把握するのは難しいです。
しかし日本にも木材は入ってきていることから、米領オセアニア諸島の木材市場は活況で、世界的に輸出されていると見ることができるでしょう。
日本では希少な、木も米領オセアニア諸島にはあるので、どういった種類が流通するのか注目が集まります。
ただ、米領オセアニア諸島の木は違法に流通しているものも多く、中国などでは数億ドルという規模に達しています。
日本の米領オセアニア諸島からの主要な輸入品は、鉱物性の燃料を始めとして、原料品や食料品というような内訳です。
加工用の木材はこの原料品に含まれるもので、輸入量全体の約2割弱を占めている計算です。
金額にすると約90億円ですから、この数字の内どれだけが木材か詳細は不明でも、かなりの数字にのぼっていることが窺えます。
日本における米領オセアニア諸島からの木材は、原料品に他の原料が含まれているといっても、現況においてとても輸入が活発に行われていると考えられます。
現地の木材市場もまた、自然環境の豊かさや木の充実からすれば、非常に活況にあると見られるでしょう。
現地でも決して主力商品というわけではなく、違法に流通してしまっているものもありますが、それでも現地を含めた木材市場に要注目です。