ザンビアの木材市場の現況(2019)

ザンビアはアフリカ南部に位置する共和制国家で、イギリス連邦に所属している国です。主な産業は鉄鉱石などの天然資源を応用した産業であり、近年では農業も様々な作物を生産していることから食料自給率が高い国としても知られています。
文化的にはイギリス連邦の影響力が強く、発展途上国でありながら様々な文化的な活動を行っているのもこの国の大きな特徴です。そのため、比較的文化レベルも高く、様々な産業に関する方式の習得も早いため、その経済力も近年非常に高まる傾向にあります。
ザンビアでは木材資源はほとんどその集客をすることができないため、現在では木材資源に関してはその授業のほとんどが輸入に頼っている実態があります。近年の現況でも木材の需要は非常に少なく、工芸品などに利用されるほかはその需要もほとんどなかったことから木材市場は世界的に見ても非常に乏しい状況となっているのが現況です。しかし近年では周辺諸国の様々な文化の流入も多く、近代的な住宅なども建設される傾向が強まっていることから、欧米諸国のような木造住宅を建築する人も少しずつ増え始めており、またこれまで土地の個人所有を認めていなかったのですが近年ではリースの形で土地の個人所有が認められるようになってきたことからこの土地に住宅を建築すると言う人も少しずつ出ているため、今後木材の需要が促進される可能性があると考えられているのです。
ザンビアの現在の注力産業は鉄鉱石であり、農業も非常に成長していますが、あくまでも食料自給の要素が非常に強いものとなっています。しかし今後はこれらの産業がその活動方針を大きく転換することも考えられ、発展途上国から先進国への転換を図る時期ともなっているため、今後は木造住宅の建築が促進される動きもあり、木材市場が活性化されると予測されています。この際には国内での木材の生産も徐々に増えてくることが予測され、その状況が大きく変化することが考えられます。