シンガポールの木材市場の現況(2019)

シンガポールは赤道から近くにある国のため、1年中最高気温が30度を超えて最低気温も20度以上あります。湿度も80パーセント以上は常にあるため、日本に比べると蒸し暑い国と感じられます。11月から1月は雨季の影響で降水量が増えます。そのためにはほかの月よりも比較的涼しい時期になります。そんなシンガポールの木材市場の現況は、シンガポールの国内には森林がないのにも関わらず木材産業が盛んです。それは隣接する国からの木材がシンガポールを経由して東アジアやヨーロッパ、アメリカなどの巨大な市場に向けられているからです。シンガポール国内の市場は自由な競争が進んでいます。国内市場参入するにあたって、他国に見られるような現地法人の設立義務は無く、また外資参入に対する法的規制は存在していません。このようにして海外から優良な企業を誘致して国内市場に積極的に参加させる事で、高度でかつ経済的にインフラ整備を進めてます。他国に比べて極めて珍しい方法で進めているシンガポールですが、その方法によって現地企業以外に日本をはじめ、中国や韓国、オーストラリアやヨーロッパ諸国などさまざまな国々の企業が参入し良質なインフラ整備を担っています。多くの企業が参入しているため、木材市場だけではなく様々なビジネスが展開されています。ビジネスが盛んな国では流動性が高く、しっかりとした基盤があれば成功させる事は可能です。そのためには基礎を築き上げる事や様々な企業との交流、情報交換などの要素も多く含まれる為、コミュニケーション能力も問われることになります。自身で築き上げた人脈を元に大きなビジネス展開を産むことになり、可能性が更に広がる国です。シンガポールは貿易や交通、金融の中心地の一つであり、世界第4位の金融センター、外国為替市場及び世界の港湾取扱貨物量で上位2港のうちの1港です。9年連続でビジネス展開に有利な国とされるぐらい世界の人々の注目が集まっています。