韓国の木材市場の特徴(2018)

韓国の木材市場の特徴は、経済状況が上昇してきた1990年代以降需要が高まり続けています。木材市場が上昇している理由は、木造住宅の建設が増えたことやリフォームなどで内装の材料に選ばれることが多くなっているためです。韓国国内の木材自給率は、戦争の影響のため大変低いことも大きな特徴になります。韓国政府は木材の自給率を上昇させるため、住宅などの材料に使うことを目標として取り組みを開始しています。戦争後における韓国の木材自給率は、大変低い数値を推移していました。一戸建て住宅やアパートなどの建設材料として木材を使うことを進めてきましたが、1990年代から2003年代にかけての自給率は約4%から7%程の数値にとどまります。自給率の目標で韓国政府からの数値は約10%という数値のため、国内だけで全ての木材の需要には足りないことも大きな特徴の一つです。自給率が低いからと言って、木材市場が狭いというわけではありません。韓国国内の住宅需要は、景気の上昇と共に大きく増加いることも特徴です。住宅需要の多くは、木造ではなく鉄筋コンクリートなどが主な材料の高層住宅が主でした。高層住宅が主でしたが、部屋などの内装の材料として木材を使用することが増え続けています。古くなった高層住宅のリフォーム材料に木材が選ばれることも多いため。木材市場は大きく上昇していることも特徴です。木造建築の一戸建て住宅も増えてきているため、木材の需要は年々増加しています。木材市場の需要の動きに対して、国内自給率が低く多くは輸入に頼っているのが現状です。2018年に入ってからは上昇してきているとは言え、まだまだ低いのが韓国の木材市場の特徴といえます。2018年以降も、韓国での木材市場は重要の高まりに国内だけでは応えることができません。2018年以降の木材市場も増え続けている需要に応えるために、住宅建設などに使う多くの割合を海外からの輸入に頼っているのが大きな特徴です。