ドラえもんから夢想する30世紀の木材市場(2018)

ドラえもんから夢想する30世紀の木材市場は木材を今以上に簡単に保管をすることが出来るようになる所です。ドラえもんが居るような30世紀の木材市場は輸送技術も大きく発展しており、保管技術に関しても大きく向上しているものと考えることが出来ます。今までに比べるとコストパフォーマンスも大きく向上しており、今まで木材市場に興味がなかった方も興味を持つことが出来る素晴らしいものになっている事を期待することが出来ます。売買に関してもオートマチック化されており、パソコンやスマートフォンなどを利用してインターネットで簡単に売買する事が出来るようになっているはずです。
木材市場は大都市にしかなく、今まで木材を購入する為には木材市場まで売買をする為に行くしかありませんでした。しかし、ドラえもんが居る様な30世紀の未来では、自宅でも木材を手軽に購入することが出来るようになっており、業者だけではなく一般人も木材市場を気軽に利用することが出来るオープンマーケットになっている事を期待することが出来ます。この為、30世紀になると購入することができる木材に関しても品質を簡単に知ることが出来るようになっており、誰でも最高級品を手に入れることが出来るようになっています。木材を加工するための技術も今までとは異なり、格段に上がっているため、それに比例して品質の向上を見込むことが可能です。輸送技術に関しても発展しているため、多くの木材を一気に運ぶことが出来る方法が確立しており、木材市場も活性化にも期待することが出来ます。
ドラえもんが居るような30世紀の未来技術を利用することで、日本の木材だけではなく、世界中の木材を取り扱う事が出来る大きな市場に発展している可能性が非常に高いと言えます。
世界中から輸入する方法も今とは全く異なる輸送技術が出てきている事が考えられるので、費用をかける事無く、ローコストで世界中の木材を手に入れることが可能です。