林業で一攫千金の可能性はあるのか?!

林業は儲かるような商売ではありませんから、それだけで一攫千金を狙うというのは簡単なものではありません。
更にどちらかというと斜陽産業であることから、一攫千金の可能性となると尚更厳しいものがあります。
どのような業種にも旬の時期があり、それをすぎると業界全体が縮小していくことになりますから、ピークの時期を過ぎている林業は一攫千金を狙うには厳しい業種だと言えます。
ただし、一攫千金を狙おうとするのはすべての業種で簡単なものではないだけに、林業が極めて難しいという話でもありません。

 

確かに業界的には先細っている面がありますが、それだけに新しいアイデア一つで覇権を握ることは決して不可能な話ではありませんから、チャンスは全く無いと言うわけでもないことを覚えておきましょう。
業界全体としては縮小傾向にあり、新規で参入をしてくる相手がいないということはそれだけライバルが少ないということになります。
ライバルが少ないから生き残りやすいといったことや競争に勝ちやすいわけではないにしても、多くの敵を相手にしなければならないよりはずっと楽なものです。
ライバルとなる相手にしても切磋琢磨しあって残ったのではなく、周りが撤退をしていったからたまたま残ったといった形の企業が多いだけに、それらに勝つのは他の業種よりも難しくはないといえます。
簡単なことではありませんが、激しい競争が繰り広げられている世界よりは勝てる可能性が高く、上手く勝ち上がることができれば一攫千金も夢ではなくなるといえるでしょう。
しかし、そのために会えて林業を選ぶ必要があるのかはまた別問題であり、厳しい状況の業種であることは間違いありませんから、新規参入を考えるのであれば慎重にならなければなりません。
需要は縮小傾向にありますが、木材の需要はなくなってしまうことはないだけに需要がなくなってしまうリスクは少ないというメリットはあるので、それを踏まえた上で参入をすれば林業での一攫千金の可能性は見えてくると言えるでしょう。