アメリカの林業の歴史

アメリカでの林業の歴史は、1800年代から始まります。日本の明治時代の時期におけるアメリカ国内の林業は、現在のような状況にはなっていませんでした。林業の形を整えるための模索する時期に当たり、日本と同様にドイツなどのヨーロッパより技術や知識などを導入し始めています。日本では木材の生産技術を導入するために海外がら多くのことを学んでましたが、アメリカでの目的はこれとは大きく異なるのが特徴です。アメリカがドイツを始めヨーロッパ諸国から技術などを導入した目的は国内における森林などの保護を目的としていました。国内の環境を守るための手段として、海外からの技術を導入したことが歴史の始まりです。最初の目的が異なるため、日本とは全く違う発展をしています。森林育成を木材産業の発展のために技術を導入していた日本でしたが、近年はこの様相が大きく変化してきました。アメリカ国内における森林保護を目的とした林業をモデルとし始め、同じような名称を多く取り入れているのが特徴です。環境保護をしていくためには、アメリカと同様な手法で林業を進めていかなければいけないと判断をした結果でした。アメリカ国内の林業や森林などの保護を目的とした教育は、1800年代の中盤から本格的にスタートしています。森林破壊を進めていくことで、人間へ大きな影響を与えてしまうことが危惧されてきた時期です。1898年には、ニューヨークに林業を目的とした州立大学が設置されました。それと同じ時期になる1891年に、国有林を管理するための法律が制定されています。この法律により、国有林の保護が公にスタートしました。ドイツ出身の学者を招いた大学の設立により、森林保護の重要性が大きく広まりを見せることになります。アメリカの特徴は、森林などの保護区を制定するだけはなく対象となった地域をしっかりと観測することです。林業の保護や育成のためには莫大な費用が必要になりますが、目的を達成するために負担をしていることも重要な歴史の一つになります。