植樹のメリット・デメリットの話

自然環境なども目的として、各地で植樹作業を据え埋めていることが大きな特徴です。第二次正解大戦後に日本国内は、たいへんな木材不足に悩まされていました。住宅などを建築する時に木材は必要な材料で、植樹によって不足している材料を補うことができるようになったこともメリットです。大気汚染などにより地球温暖化なども大きな問題になっていますが、植樹作業を進めていくと森林を増やしていくことができます。緑の多い森林を増やしていくことは、増えすぎた二酸化炭素などを減らし地球温暖化を防ぐことを期待することが可能です。二酸化炭素を削減できることも、各地で植樹を進めていくことのメリットになります。森林などを伐採していくことは、自然環境を破壊することに繋がってしまうのが特徴です。自然環境は動物などが生活する大切な場所でもあるため、森林が減ってしまうことにより絶滅してしまうことが少なくありません。植林によって自然環境を保護し再生することは、動物などの生活の場所を守る活動に繋がるメリットがあります。自然環境を守ることは、人間の生活を維持していくためにも必要なことです。メリットの多い植樹ですが、デメリットも生じることがあるため慎重に進めていくことが必要になります。住宅などの材料確保のためだけに植樹を進めてしまうと、かえって自然環境を破壊してしまうことがあるのがデメリットの一つです。特定の樹木だけを植林してしまうことが多いため、元々の生態系のバランスを崩し環境を破壊してしまうことも少なくありません。食事をする場合は、将来を見越して計画的に進めていくことが重要です。植樹が成功したかどうかを判断するまでには、長い時間がかかってしまうこともデメリットになります。生産性だけを考えて植樹してしまうと、以前からの自然環境を再生することは難しくなってしまうこともデメリットです。生産性だけではなく、自然環境の保護や再生などを考えながら計画を進めていくことが大切になります。