日本全国の林業関係の求人状況(2018)

日本全国には森林などが多く点在しているため、定期的な手入れ作業などが必要となります。国土全体の約70%以上もの広大な広さがあるため、林業関係では人材を広く募集しているのが特徴です。林業関係に就職を希望している場合は、大きく分けると3つの方法から選ぶことができます。日本全国には森林組合というものがあり、山間部を始め多くの現場で働くのが仕事の中心です。二つ目の方法が、国や地方自治体や民間企業などが共同で出資している第3セクターで働くものになります。もう一つの方法が、民間企業が設立している林業関係の会社に就職するものです。この中で一番規模が大きくなるのが森林組合になり、日本全国に約640ほどの組合が林業関係の仕事をしています。民間が保有している山なども、約60%ほどは森林組合により定期的に手入れなどをしているのが特徴です。日本全国にある林業関係の仕事の中心は、環境を整えるための維持管理などが主になります。山間部の木を間引きしたり苗木などを植林するなどを行い、木が成長しやすい環境を作り木材資源などに加工することが仕事です。林業関係の仕事に従事している年齢層は、近年は高年齢化が進んでいるのが大きな特徴になります。山中で働くことが多くなるため、他の業種よりもきつい仕事だと考えられていることが少なくありません。そのため、求人状況は良好だと言うことはできず、20歳代や30歳代の若い労働力が毎年不足気味になっているのが実情です。山間部は平地とは違い、足場の悪い場所ばかりになってしまいます。足場が不安定な場所での作業も多くなるので、他の仕事よりも危険度が高い仕事だと言うことが可能です。危険度の高い仕事になるため、ケガなどの恐れが高くなってきます。安全に配慮をして作業に取り組むことになりますが、このようなことも求人状況を向上させにくい理由です。日本全国の森林組合などでは、2018年も若い人を中心に働く人を募集しています。体力に自信がなく道具を使う知識や資格などがなくても、丁寧に指導してくれるの安心です。