日本の祭りと林業の関係

日本の祭りと林業の関係は密接にあります。林業を知ってもらう為に林業を主役として祭りが行われている状態です。
林業の良さがわかるような祭りを日本では数多く開かれており、子どもでも日本の祭りに参加をすることで林業の良さや内容を知ることが出来ます。木を題材とした物を祭りに取り入れて遊ぶことが出来るようにしている所が多いので、遊びながら林業の事を知ることが出来るようになっています。
林業は主に肌に触れて実感する事が出来る物が多く、祭りを通して興味を持って頂くことが出来るように面白い催し物を開いている状態です。全国各地で祭りは開かれており、木工品を利用したフリーマーケットなども開催されています。
木くずで遊ぶことが出来るような物もあり、子どもから大人まで楽しむことが出来るものが多くなります。
これらの日本の祭りには林業の協同組合が先頭に立って企画をしており、盛り上げている状態です。
誰にでも簡単にわかるような内容で、面白さを感じる催し物が開かれている為、認知度を広めていくことが出来ています。夏だけではなく秋などにも企画をしており、ホームページなどでも告知をしています。
ポスター作り等の企画から参加をしているので、参加者の目線で催し物が進められている状態です。
実際に参加をしてみると密接な関係を理解することが出来ますし、詳しい内容を理解することが出来るので、子どもから大人まで多くの方に喜ばれています。可愛らしいマスコットキャラクターの作成などもされているので、子どもにも大変人気です。自分で実際に体験することが出来る企画ばかりになりますので、木とのふれあいを感じることが出来ます。
アンケートやスタンプラリーなども行われている為、アンケートやスタンプラリーに参加することで、より深い知識を得ることが可能です。子供はスタンプラリー等に参加をすることで、面白さを感じながら知識を深めていくことが出来るためおすすめです。