戦前、戦後の林業の変化

戦前までの日本国内の林業は、住宅などを建築するため海外から木材を輸入することが多くなっていました。以前までは国内の木材を利用していた場所でも、製材所などを中心に産地の近くへと移動しています。大量の木材を海外から輸入していたため、国内の林業関係者からの反発が生まれたのも戦前の日本の特徴です。国内の林業を保護するために、輸入木材への関税率が高く設定されました。戦時中の林業は、国による経済搭載が本格的に開始されたのでそれに対応していくことになります。第二次世界大戦が終了すると、戦後復興を果たすために木材の需要が急増したことが戦前戦後を比較した大きな変化です。戦前までは海外の輸入が半分以上の割合を占めるまでになりましたが、経済的な混乱が続く戦後で俺を維持することはできませんでした。不足を補うためには、国内産が必要不可欠の状態です。戦争によ李日本国内は大きく乱れが続き、木材を算出する森林などは大きく荒れてしまった状態でした。自然災害も多発していたため、需要に供給が追い付かない状態が長く続くことになります。木材需要を打開するために国が行った政策は、住宅などの建築材料を生み出すための造林でした。自然環境が破壊された山間部に、スギやヒノキなどの成長が早い植物をたくさん植林していきます。元々ある広葉樹などの森林を伐採し、生産性の高い樹木を植えていったのもこの時期からです。スギやヒノキなどが植林されたのは、将来的にも木材の需要が高くなると判断されたからでした。この政策により生産性は急激に高まり、戦前戦後の林業を大きく変化させていきます。生産性の高いスギなどの植林により、戦後の林業は成長を続けていきました。国内需要はこれ以降の高くなりましたが、生産が追い付かない状況に陥ります。不足分を補うために、木材輸入の自由化が昭和39年より本格的にスタートしました。木材輸入の自由化により、海外からの材料が増え続け国内林業は次第に下降する状況になっています。