木材市場求人の秘策について(2018)

日本の林業は昭和初期まではかなり盛んで世界的にも高度な技術があり盛んに行われていて、林業従事者人口も多く木材市場求人で就職する人もかなり多くいました。
太平洋戦争末期の日本本土への空爆により焼け野原になった木造家屋の復旧のために、植林活動よりも伐採が優先されて、木の需要過多によって出荷できる十分に育った杉やヒノキが枯渇してしまいました。
このため林業が盛んだった地域にある材木を販売する木材市場も、国内産の材木が枯渇してしまい北朝鮮や中国を中心とした外材の輸入が中心となり、輸入木の価格は安定しないため利益率が安定せずに衰退していき、新卒求人雇用も最近までどんどん減ってました。
昭和30年代の頃に盛んに植林した杉やヒノキが成長して平成元年頃には出荷できるようになりましたが、嘗て隆盛を極めていた時代に比べて林業人口も減ってしまい、高齢化も進んだ事で伐採する事も難しくなりました。
設備投資を怠ったため木材市場が林業者から買い上げた木材を製剤する機器もかなり古い機器を使い続けているため、地震などの自然災害の復興で新築木造住宅の需要が増えたにも関わらず、大手建設会社の要求加工精度に達しないため、折角いい木材を仕入れても安くしか売れませんでした。
そのため各地の木材市場は売り上げや経常利益を伸ばす事が出来ずに、新規雇用や木材加工のための設備投資も出来ませんでした。
そんな木材市場にもいい時代がやって来て、長期金利が下落した事や林業関係の補助金が出るようになって、近代的な木材の製材機を購入出来て、加工技術が飛躍的に向上して高く木材を販売できるようになって売り上げを伸ばしました。
それによって木材市場求人も2018年には活発になり林業従事者になる若年層も増加し始めました。
国や地方自治体でも秘策として林業や木材市場に従事したいUターン就職者の研修制度や職業紹介も始まり、都市部で働いていた労働者も積極的に受け入れるようになり林業全体の労働人口が増加してます。
また将来への秘策として2018年に林業に興味を持ってもらうために子供達に向けて、様々なイベントを行ってます。