ブラック企業的な木材市場とはなんぞや?

木材市場の多くは古くから伝わる様々な伝統と、職人の経験と勘による木材の見分け方などが非常に重要な仕事となっています。品質を見分けるためには熟練した能力や目利きが非常に重要な要素となり、これらの能力を得るためには単に知識だけではなく様々な経験が非常に重要な要素となっている傾向があります。そのため古くは多くの職人がその知識を得るために先輩の仕事ぶりを見習って仕事を覚えていくと言う傾向があり、これが現代の一般の感覚からするとブラック企業的な要素を持っていると考えられてしまう面があるのです。
木材市場は様々なところから仕入れられる木材の品質を見分けて、これに適正な価格をつけて販売する貴重な役割を担っているものです。その品質を見分けるためには様々な要素を見極め、その品質を正確に見抜いて判断する必要があり、多くの経験と熟練した能力を持っていないとなかなかできることではありません。近年では科学的な理論に基づき木材の強度や耐久性を論理的に分析する方法も存在していますが、古くからの職人に言わせればこれらは単に理論的なものであり実際に住宅やその他の建造物に利用しようとすると様々な要素を考慮しなければならないと考えられています。これらの理由により木材を見分けるためには間に理論だけではなく、先輩にならって多くの木材の判断を実際に自分の体で覚えていくことが非常に重要となるとされており、その知識と経験を得るために自分の時間を犠牲にしたり、ときには厳しい仕事の仕方をして習得していくことが重要と考えられていることからブラック企業的であると評価されることが多いのです。
一般的に部落企業は過剰な労働をさせたり、様々な政治的な理由の中で不条理な仕事を命ぜられたりといったトラブルが多く、木材市場も一見するとこのような不条理な仕事の仕方をしていると考えられてしまう側面も少なくありません。しかし近年のブラック企業と大きく異なるのは最終的に本人にとって貴重な知識と能力を得るためのものにつながることが多いと言うものであり、単にいじめやその他の高圧的なものとは異なる側面も持っているのが特徴です。