秋田県の木材市場の現況(2018)

秋田県の木材市場の現況を見ると、実に様々なことが見えてきます。最近の傾向としては、昔に比べて伐採される量は減少してきました。林業を営む人も小さな面積の場合はほとんどが個人で行っている仕事になりますが、ある程度大きなところでも企業で行っているところは減少している傾向です。ただ、木材の内容やつかわれている利用方法も少しずつ変わってきていることにも目を向ける必要があるでしょう。基本的に秋田県の林業は、生産するとしては減少してきていますが、それでも県内の産業の6パーセントを占めているのがポイントになります。
樹木はすべて自然林ではなく人工林が4割ほど占めているのがポイントになるでしょう。それだけ過去には多くの樹木が伐採されたことを意味しています。人工林に関しては樹木の年齢が8歳から12歳ぐらいのものが多く、若くてみずみずしい樹木が積極的に使われる傾向です。残りの自然林に関しては、全体の50パーセントほどを占めていますが、どちらかといえば針葉樹の方が重要があるため杉などを中心に伐採されている傾向があります。杉の木などは、住宅の素材として有名になっており、国産のものを使うとそれなりに価値が高くなることから多くの家庭で使われているわけではありませんが、しっかりとした住宅建築をしている建築業者などは秋田県の耳目を使っている傾向があるわけです。
およそ、伐採した樹木も植えてから10年後にまたは主催することを繰り返しており、このように考えるとして自然林だけでなく人工林の方もかなり高い重要になってきているのがポイントです。
住宅以外では、バイオマスなどが注目されておりと人の住宅のエネルギーに再生される予定になります。現在様々な試みがされていますが、冬場の気候の寒さを感じる秋田県だからこそ賢い利用の仕方になっているでしょう。利用に関しては、徐々に減少しているものの新たにその良さが注目されてきていますのでこれからの秋田県の林業にも注目です。