山形県の木材市場の現況(2018)

今まで電話、東北地方にある都道府県の一つになりますが、平地は山形市や米沢市など限られたところしかありませんのでその多くは森林になっています。かなり広い面積を持っていますが人口密度はそれほど高くなくやはり自然が多い場所として知られているのが特徴です。その中で、山形県の木材市場の現況を見ると、様々なことが理解できるでしょう。まず、森林の面積で67000ヘクタールとなっています。全国的にみると総面積は広いことがわかりますが県内のおよそ72パーセントが森林になっているのが特徴といえるでしょう。
かつては伐採が続いていたため、天然林はそれほど多くなく全体の70パーセントほどになっています。残りは、伐採をしてから植えた人工林になります。人工林の割合はおよそ30パーセントほどになっており、新たな林業の流れができてきているといえるかもしれません。
樹木に関しては、ブナやスギなどの数が多いのはかつて多くの杉が伐採されたからと言えるでしょう。杉などは、住宅の素材などになることが多くフローリングなどにもよく使われているのがポイントです。なぜかといえば、住宅に使う木材はまっすぐのびていなければ使いにくいからです。また頑丈さも非常に大事なりますがその両方が備わっているのが杉の木になります。そのため、人工林の多くが杉の木になっているのが特徴ですが、最近の日本の住宅ではどちらかといえば輸入木材などが使われている傾向があります。しかしながら、山形県の木材などは高級木材として知られており質の高い住宅を建築したい場合にはやはりでの需要が見込めるでしょう。
心理の蓄積量に関しては年々増加しており、天然林と人工林が半分ずつになっているのがポイントになります。樹木の中でどれぐらいの年数が経過したものが多いかといえば、10年から12年ほどになります。ちょうど10年前から12年前にたくさんの樹木が植えられたことが理解できるはずです。