茨城県の木材市場の現況(2018)

茨城県の木材市場の現況は、隣接する千葉県や埼玉県などの人口増加で安定傾向を示しています。森林の茨城県に占める広さは、県全体の全体の約30%ほどです。日本国内の平均値を下回っていますが、国有林だけではなく民有林でもヒノキやスギなどの植林が進められてきました。第二次大戦後の日本では、木材需要の高まりに対応してスギなどの植林が進められたのが大きな特徴です。茨城県内に占める割合は高くはありませんが、木材としての需要が高いヒノキやスギなどの人の手で植林された林は50%を超える数値にまで伸びています。人工的に植林されたヒノキなどは、自然林と比較して行き届いているのが木材市場関係者の手により適切な管理です。伐採や選定などの作業を適切に行っているので。良質なヒノキなどを成長せることを可能にしています。定期的に管理をされてきた質の高い木なので、高級木材として認識されているのも茨城県の木材市場の業績を向上させている理由です。高級木材として認識されているため、県内だけ絵はなく日本各地からの需要が高くなっています。茨城県の木材市場の現況が好調になっているのは、質の良い木々を育てていることと交通網の整備も関係しているのが特徴です。海に面している面積が広く、海上輸送は古くから盛んにおこなわれてきました。地上の交通網も高速道路網が整備され、東京都などの都市部へのアクセスが便利になっています。木材市場関係者の手により丁寧に育てられた木々は、県内の製材所だけではなく各地にある大型の工場などへの輸送を可能にしました。東京都や千葉県や埼玉県の都市部は、人口増加により住宅などの建築数が増加しています。木造住宅を新築したりリフォームなどで生まれてくる需要増にも、交通網の整備などにより茨城県の木材市場は対応が可能になりました。質の優れたヒノキなどの生産と交通アクセスなどの充実などで、茨城県の木材市場の現況は安定した数値を示しています。