埼玉県の木材市場の現況(2018)

人口が減少し住宅の需要が減少している日本ですが、埼玉県は東京都のベッドタウンとして増加傾向にあります。以前から交通アクセスのよい県内の南部を中心に、新築住宅などが増加しているのが大きな特徴です。バブル経済の最盛期の頃では県内の土地価格が上昇していきましたが、住宅の建築ラッシュはそれと足並みをそろえる形で件数を伸ばしていました。外国の大手株式会社が破綻した時は件数は少なくなりましたが、日本国内の他の地域と比較すると高い水準を保っていたのが大きな特徴です。経済の安定加とともに次第に発注件数は増加傾向を示し始め、木材市場は次第に業績を向上していきます。経済の安定とともに木材市場の業績を向上させた要因が、現況のように整備されている鉄道や道路網などの整備です。以前から都内を中心に、関東地方の主要都市とのアクセスが非常によいことが埼玉県の魅力になっていました。2000年以降の鉄道アクセスの整備状況は大変よく、東京都内だけではなく神奈川県にある有名な都市へも乗り換えることなく訪れることが可能です。有名な観光地などへのアクセスが非常によいため、テレビのニュースや様々な番組などで取り上げられる回数が増えていきました。これらの情報は埼玉県の魅力を高めることに貢献し、住んでみたいと考える人を増加させていきます。大型商業施設なども埼玉県の中心地だけではなく、郊外などへも数多く出店していきました。大型商業施設の出店は、その周辺地域への定住を促進させる働きを期待することが可能です。木造住宅の新築一戸建てだけではなく、アパートやマンションなども数多く建設されていきました。木造住宅の発注数だけでも、埼玉県の2018年における木材市場の業績を押し上げています。アパートやマンションなどは鉄骨系の建物が多くなりますが、内装には自然の温もりを求め木材を使うことが増えているのが木材市場を押し上げている要因の一つです。人口増加とともに埼玉県の木材市場の現況は、増加傾向を示しています。