千葉県の木材市場の現況(2018)

千葉県は、東京都や埼玉県などのような人口が増加している地域と隣接しています。日本全体を見ていくと、人口は年々減少傾向になっているのが国内の現況です。人口が減少していくと住宅などの需要は下がっていきますが、千葉県は東京都などと同様に増加している地域が多いことが特徴になっています。東京都に近い千葉県中央や南部などを中心に、住宅などの建築数が増えている地域を中心に整備されているのが交通アクセスです。交通アクセスの良さは、人が住みやすいと感じる要因の一つになります。仕事をしている場所へのアクセスのよいことは、住みやすい環境を作るために欠かすことができません。住宅の建築件数は、東京都に近い地域からその周辺へと拡大傾向にあります。木造一戸だけの建築数が増えているため、千葉県の木材市場は安定した需要を確保することができているのも特徴の一つです。交通網の整備とともにに、マンションなどのような大型の建物も増え続けています。マンションやビルなどは鉄筋コンクリートなどで建築されていますが、内装に関して使われている材料で増えているのは木材などの製品です。コンクリートなどでは感じにくい、自然の温かさなどが感じられるのが木で作る内装などの魅力になります。鉄筋コンクリートのマンションの増加も、木材市場の現況を向上させることになっている特徴の一つです。千葉県の木材市場を好調にさせているのは、都市部の建築数が増えているためだけではありません。海に近い地域でも、別荘などを建築するため木材を使用しています。日常ではマンションなどのコンクリートの住宅に住んでいても、癒しなどを求めるために選んでいるのは木材で建築された別荘などの住宅です。古くから別荘などの数が多い地域のため、リフォームなどにより気を使う機会が増えています。千葉県の木材市場は、都市部での住宅建築の増加や別荘やリフォームなどの需要により2018年も増加傾向になってるのが特徴です。