静岡県の木材市場の現況(2018)

静岡県は全体の約65%が森林が占めているため、木材市場の数が大変多くなっています。非常に広い面積に木々があるため、手入れなどの作業は欠かすことができません。手入れを怠ってしまった場合、森や林などが健全に成長していくことが難しくなってしまいます。静岡県内にある森林資源の多くは、先人たちの手により丁寧に植林された木々です。植林された木々はそのままの状態で放っておくと、良質な木材をしての成長が難しくなってしまいます。定期的に伐採や剪定などの作業をしていかなければ、成長途中で枯れてしまうことも珍しいことではありません。枝などを剪定しなければ、十分い日の光を浴びることができない場合も出てきます。日光に十分当たらなければ、低下してしまうのが木材としての成長や価値です。静岡県の木材市場では、先人の植林したヒノキなどの木々を丁寧に手入れをしています。適切に管理されているため、木々の成長を促進させることが可能です。十分に日の光を浴びて成長しているため、良質な天然木材の提供を続けることができます。質の良い天然木材が供給できるため、住宅の建築件数が減少している現在でも安定した需要があるのが現況です。交通アクセスなども整えられているため、木造住宅の新築件数が2018年に入ってから増加傾向を示しています。木造の新築住宅では、多くの木材を材料として必要です。多くの需要が見込めるため、静岡県の木材市場の現況は増加傾向になっています。都市部で増えているのは、木造一戸建てだけではありません。マンションなどの建築数も増えているため、骨組みではなく室内などの内装の材料として使われることが増加中です。静岡県内だけではなく、交通アクセスの良さを生かし他の地域にある工場などへの出荷も増えています。静岡県にある木材市場の森林管理は、世界水準に達していると言われているほど良好です。質の良い木材を安定して供給できるため、木材市場の現況は向上し製材所なども増加傾向を示しています。